インプレッサG4はなぜ安い?人気ないから?5つの理由と中古をさらに安く手に入れる方法

「インプレッサG4はなぜ安い?」

「インプレッサG4の中古をお得に買える方法は何かない?」

スバルの人気コンパクトセダン「インプレッサG4」
安全性と信頼性が高い、幅広いニーズに応えた4輪駆動セダンです。

そんなインプレッサG4について、「インプレッサG4が安い」との声も聞かれますがなぜでしょうか?

本記事では、インプレッサG4はなぜ安いのかの理由と中古をさらに安く手に入れる方法を詳しく解説していきます!

インプレッサG4の中古相場

インプレッサG4はなぜ安いのか?の疑問に触れる前に、インプレッサG4の中古相場を確認しておきます。

インプレッサG4の中古相場は「20.8万円~229.8万円」となっていて、年式別での相場は以下の通りです。

相場を見る限り、100万円を切るモデルが多いのがわかります。さらに、インプレッサG4の同セグメント(コンパクトセダン)における、他車の中古相場も確認しておきます。

コンパクトセダンの中古相場

  • カローラセダン:40万円~450万円
  • シビックセダン:105万円~267万円
  • ランサー:35万円~1016.9万円

上記の通り、インプレッサG4は他車と比較しても安いのがわかります。

つまり、インプレッサG4の中古はコンパクトセダンのセグメントで考えても比較的安い、お手頃な価格帯であることがうかがえますね。

今すぐインプレッサG4の中古をさらに安くお得に買える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探す手間も省けて、一般市場よりお得に購入できる方法があります。

インプレッサG4はなぜ安い?5つの理由

ではなぜ、インプレッサG4は安いのか?

今後、インプレッサG4の購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

具体的なインプレッサG4はなぜ安い?5つの理由について考察していきます。

【理由1】競争の激化による影響

まず1つ目に考えられる理由として「競争の激化による影響」

インプレッサG4の価格が比較的安い理由は、競争の激化によるものと考察できます。コンパクトセダン市場では、新規参入メーカーと技術革新が進んでおり、多様な選択肢が消費者に提供されています。例えば、トヨタの「カローラ」やホンダの「シビック」など、類似のセグメントで性能や価格において優れたモデルが登場していることが、インプレッサG4の販売価格に影響を与えました。

具体的には、2019年3月期の資料でトヨタ・カローラが年間100万台規模で生産・販売しており、その圧倒的な販売数が市場の価格競争を激化させています。

したがって、インプレッサG4の価格が低い主な理由は、激しい市場競争と新モデルの登場によるものです。これにより、消費者はより多くの選択肢から選ぶことができ、価格競争が促進されたといえるでしょう。

【理由2】乗り心地が悪いから

次に2つ目に考えられる理由として「乗り心地が悪いから」

インプレッサG4の価格が比較的安い理由の一つに、乗り心地の悪さが評価に影響していることが考察できます。インプレッサG4は、スポーティな走行性能を追求しつつも、そのサスペンション設計が硬めであるため、市街地での乗り心地が劣るとの指摘がありました。特に、日本のような道路状況が複雑な地域で運転する際には、この点が顕著に影響するとされています。

例えば、複数の自動車レビューサイトで、インプレッサG4のサスペンションが短距離の衝撃を吸収しきれず、小さな凹凸でも車内に振動が伝わると評価されています。これは、乗り心地を重視するユーザーにとっては大きなマイナスポイントとなりました。

その結果、インプレッサG4は市場での評価が分かれ、その人気が低迷し、結果的に価格にも影響を与えることとなりました。このように、インプレッサG4の乗り心地の問題は、販売価格に直接的な影響を与えているといえそうです。

【理由3】デザインが保守的だから

3つ目に考えられる理由として「デザインが保守的だから」

インプレッサG4は、革新性や斬新さを求める若年層のユーザーにとって魅力を感じにくい外観を持っていました。コンパクトセダン市場では、目を引くデザインが成功の鍵となる場合が多く、インプレッサG4のデザインが消費者の期待に応えるには至らなかったと言えます。

例えば、同時期に発売されたホンダの「シビック」やマツダの「アクセラ」は、より先進的なデザイン言語を採用しており、特にフロントグリルやヘッドライトのデザインで差別化を図っています。これに対して、インプレッサG4はスバルの伝統的なデザインを踏襲し、特に若者にとっての訴求力が低かったとされています。

その結果、インプレッサG4はデザインの面で競合他車に比べて見劣りし、人気が低迷。中古市場でも価格が低下したと考察できそうです。

【理由4】燃費がイマイチ良くないから

4つ目に考えられる理由として「燃費がイマイチ良くないから」

インプレッサG4が市場で価格が安い理由の一つに、その燃費性能が他の競合車種に比べて劣っていることも考察できそうです。環境意識が高まる中、燃費の良い車が好まれる傾向にあり、燃費性能が低いと評価される車種は、消費者から敬遠されがちです。

具体的には、インプレッサG4のガソリンモデルは、WLTCモード13.0km/L~14.1km/Lと公表されていましたが、この数値は同時期に発売されたトヨタ「カローラ」やホンダ「シビック」のリッターあたり16キロメートル以上という燃費性能に比べると見劣りします。これにより、燃費を重視する消費者層の支持を得ることが困難になりました。

このため、インプレッサG4は価格を下げることで、燃費性能の不足を補う必要がありました。結果として、その燃費性能が市場価格に直接的な影響を与える要因となっているようです。このように、インプレッサG4の燃費性能が良くないことが、その価格設定に影響を与えているのです。

【理由5】エンジン性能に不満があるから

そして5つ目に考えられる理由として「エンジン性能に不満があるから」

インプレッサG4は、パワーとレスポンスの面で他の競合車種に比べて見劣りするとされ、特に走行性能を重視するユーザーからの評価が低かったです。

具体的には、インプレッサG4の標準モデルに搭載されているエンジンは、最大出力が154馬力で、これは同クラスのホンダ「シビック」が提供する180馬力以上と比較すると劣っています。これにより、加速性能や高速道路での追い越し性能が求められるシーンで不満が出ることが多かったとされています。

したがって、インプレッサG4のエンジン性能が市場での人気に影響を与え、価格が安くなったとも考察できそうです。

今すぐインプレッサG4の中古をさらに安くお得に買える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探す手間も省けて、一般市場よりお得に購入できる方法があります。

安い以上にインプレッサG4が持つ車の魅力

ここまで、インプレッサG4はなぜ安い?その理由について考察してきました。

安い理由はあっても、多くの運転するメリットを持つのもインプレッサG4の特長。

ここからは、具体的な安い以上にインプレッサG4が持つ車の魅力についてもご紹介します!

【魅力1】4輪駆動システムで安定感抜群!

特に魅力として感じるのが「4輪駆動システムで安定感抜群!」

インプレッサG4が持つ最大の魅力の一つは、4輪駆動システムによる安定感です。このシステムは、悪天候や悪路での走行時にも優れたトラクションと安定性を提供します。スバルのシンメトリカルAWDは、前後輪に均等にトルクを分配することで、車両のバランスを最適化し、コーナリング時の挙動の安定さを実現しています。

例えば、雪道や雨天時でも、インプレッサG4は滑りにくく、より安全に走行することが可能です。このような環境下でのテストドライブやユーザーレビューでも、その安定感が高く評価されています。さらに、急な坂道での発進時にも、滑りを抑えてスムーズな加速が行えるため、運転者にとっては信頼性の高いパートナーとなります。

その結果、インプレッサG4は特に冬季の多い地域や山岳部での使用に適しており、安定した走行性能を求めるドライバーから支持を受けています。4輪駆動システムが、インプレッサG4の大きな魅力として挙げられる理由です。

【魅力2】運転席からの視認性が非常に良好!

走行性能だけでなく「運転席からの視認性が非常に良好!」

インプレッサG4は運転席からの視認性の良さが際立つ特長です。このモデルは、運転者が周囲をしっかりと見渡せるように設計されており、安全運転に寄与しています。特に、フロントウィンドウの広さと、Aピラーの細さが視界を確保し、死角を最小限に抑えることに成功しています。

具体例として、インプレッサG4のフロントガラスは他の同クラス車種と比較しても特に広い面積を持ち、視界の開放感があります。また、サイドミラーの配置も最適化されているため、車両の横や後方の小さな動きも捉えやすくなっています。これにより、市街地での狭い道路や交差点での運転が格段に楽になります。

このように、インプレッサG4はドライバーが周囲の状況を一目で把握できる設計が施されており、特に視認性を重視するユーザーからの評価が高いです。運転席からの視認性の良さが、インプレッサG4の大きな魅力として挙げられる理由です。

【魅力3】高級感ある室内空間で快適に過ごせる!

3つ目の魅力として「高級感ある室内空間で快適に過ごせる!」

インプレッサG4は高級感ある室内空間で快適に過ごせる点が魅力です。このモデルは、質感の高い内装材料と精巧なデザインを採用しており、乗員にリラックスできる環境を提供しています。特に、ソフトタッチ素材と上質な革製シートが使用されている点が評価されています。

具体例として、インプレッサG4のダッシュボードやドアパネルには、触り心地が良く耐久性の高いソフトタッチ素材が採用されています。これにより、内装の全体的な質感が向上し、高級車にも引けを取らない印象を与えています。さらに、静音性にも優れており、エンジンや外部の騒音が室内にほとんど侵入しないため、長距離のドライブも快適です。

このように、インプレッサG4は快適で高級感あふれる内装が特徴であり、特に長時間の運転でも疲れにくい設計がされています。高級感ある室内空間で快適に過ごせる点が、インプレッサG4の大きな魅力の一つです。

【魅力4】堅牢な車体構造で万一の時も安全!

インプレッサG4ならではの魅力が「堅牢な車体構造で万一の時も安全!」

インプレッサG4は堅牢な車体構造により、万一の事故時にも乗員を守る能力が高いことが大きな魅力です。この車は、スバルの先進的な安全技術と強固なボディフレームを組み合わせて設計されており、高い安全性を実現しています。

具体的には、インプレッサG4は高張力鋼を多用したフレーム構造を採用しており、衝突エネルギーを効果的に吸収し分散させることができます。また、サイドインパクトバーの充実や、乗員を保護するための複数のエアバッグが装備されています。これにより、前面衝突や側面衝突テストで高い評価を得ており、安全性に対する信頼が厚いです。

結果として、インプレッサG4は、その堅牢な車体構造により、事故から乗員を保護する能力が高く、ファミリー層や安全性を重視するドライバーから高く評価されています。堅牢な車体構造で万一の時も安全を提供する点が、インプレッサG4の重要な魅力の一つです。

【魅力5】スバルの先進安全技術を装備し安心!

そして何より運転するメリットが「スバルの先進安全技術を装備し安心!」

インプレッサG4はスバルの先進安全技術「アイサイト」を装備しており、これが乗員の安全を大幅に向上させる重要な特徴です。このシステムは、車両の前方にカメラを設置し、周囲の状況を常に監視することで、衝突のリスクを低減します。

具体的には、「アイサイト」には自動ブレーキ機能が含まれており、前方の車両や障害物を検知した際には自動的に減速や停止を行うことが可能です。さらに、車線逸脱警告やアダプティブクルーズコントロールなど、運転支援機能も充実しています。これらの技術により、長距離の運転や渋滞時のストレスが軽減され、安全かつ快適なドライビングが実現されます。

このように、インプレッサG4はスバルの最先端安全技術を搭載しており、日常の運転から非常時に至るまでドライバーと乗員を守るための様々な措置が施されています。アイサイトを装備し安心できる運転環境を提供する点が、インプレッサG4の大きな魅力です。

今すぐインプレッサG4の中古をさらに安くお得に買える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探す手間も省けて、一般市場よりお得に購入できる方法があります。

インプレッサG4を買っても後悔しない人の特徴

ここまで、インプレッサG4の市場からの評価についてご紹介してきました。

では、どういった人にインプレッサG4購入は向いているのか?

インプレッサG4を買っても後悔しない人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】全輪駆動を好む人

まず1つ目の特徴として「全輪駆動を好む人」

インプレッサG4は全輪駆動を好む方にとって最適な選択です。スバルのシンメトリカル4輪駆動システムは、すべての車輪に均等に力を分配することで、悪天候や難易度の高い路面でも優れたトラクションと安定性を提供する特長があります。

特に、雪や泥の多い地域に住む方、またはアウトドア活動でしばしば未舗装路を走行する方にとって、この4輪駆動システムは大きな利点となります。実際に、冬季に雪道を頻繁に走行する地域では、インプレッサG4の全輪駆動性能が安全運転に寄与しています。

したがって、全輪駆動の恩恵を最大限に享受したい方には、インプレッサG4が非常に適しています。全輪駆動を重視する方にとって、インプレッサG4は後悔のない選択肢と言えるでしょう。

【特徴2】快適な乗り心地を求める人

次に2つ目の特徴として「快適な乗り心地を求める人」

インプレッサG4は快適な乗り心地を求める方にとって理想的な車です。広々としたキャビンとソフトな乗り心地が特徴で、長時間のドライブも疲れにくい設計となっています。

例として、インプレッサG4のシートは体をしっかりと支えつつも、適度な柔らかさを持っており、長距離運転時の体への負担を軽減します。さらに、サスペンションは路面の凹凸を効果的に吸収し、内装の静音性も高いため、室内は静かで落ち着いた空間が保たれています。

したがって、長時間の快適なドライビングを重視する方に、インプレッサG4は最適な選択です。快適な乗り心地を求める方には、この車が後悔のない選択となるでしょう。

【特徴3】シンプルで機能的なデザインを好む人

そして3つ目の特徴として「シンプルで機能的なデザインを好む人」

インプレッサG4はシンプルで機能的なデザインを好む方に最適です。このモデルは、派手さを抑えたクリーンな外観と、使いやすさを追求した内装が特徴です。

例えば、インプレッサG4のダッシュボードは直感的な操作が可能なレイアウトで設計されており、日常の運転で必要となる機能がすぐ手の届く場所に配置されています。さらに、外観も過度な装飾を避け、流線型のボディと統一感のあるカラーリングでまとめられています。これにより、洗練された印象を与えながらも機能性を損なわないデザインとなっています。

このように、インプレッサG4は機能美を重視する方に適した車です。シンプルで機能的なデザインを好む方にとって、インプレッサG4は非常に魅力的な選択肢です。

今すぐインプレッサG4の中古をさらに安くお得に買える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探す手間も省けて、一般市場よりお得に購入できる方法があります。

【安心】インプレッサG4の中古をさらに安くお得に買える方法

ここまで、インプレッサG4はなぜ安いのか?理由と魅力をご紹介してきました。

すでにインプレッサG4の中古購入を決めている方も多いでしょう。
でも、買って後悔したくないし、中古車を選ぶにしても、どれが良い車なのか?状態もわからないし、そもそも調べ方もわからないですよね。

  • できるだけ新しい中古車が欲しい。
  • 新車と比べると保証が少なそうで不安。
  • 中古車の状態がいいのか判断できない。
  • 欲しい車がなかなか見つからないし、時間もかかる。

でも実は、上記のような悩みに応えるインプレッサG4の中古をさらに安くお得に買える方法があります!

その方法というのが、ネットに出ない非公開車両を提案してくれる「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスを利用すること。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスです。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける!
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる!
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなんて、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心してインプレッサG4の中古車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
『ズバット車販売』まずは欲しい車の条件を入力する
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】なぜ安いのか気になるインプレッサG4のよくある質問

最後になぜ安いのか気になるインプレッサG4のよくある質問をまとめます。

【質問1】インプレッサG4とはどんな車ですか?

「インプレッサG4とはどんな車ですか?」

インプレッサG4はスバルが製造販売していたコンパクトセダンです。4輪駆動システムを特徴とし、安全性と走行性能に優れています。

インプレッサG4は、特に悪天候や雪道でも安定した走行が可能なシンメトリカルAWDを標準装備しており、日本を含む多雪地域や山間部での使用に適しています。また、スバルの先進安全技術「アイサイト」を搭載することで、衝突回避支援や運転支援機能が充実しています。

このように、インプレッサG4は安全で安定した運転体験を提供する車です。そのため、家族用の車や初めての車としても非常に人気があります。

【質問2】インプレッサG4は生産終了ですか?

「インプレッサG4は生産終了ですか?」

インプレッサG4は2022年12月をもって生産終了することをスバル公式にて発表。その後、モデルチェンジにより生産が終了されました。

【質問3】スバルのG4とはどういう意味ですか?

「スバルのG4とはどういう意味ですか?」

スバルの「G4」は、インプレッサシリーズのセダンモデルを指す名称です。「G4」の「G」は「Genuine」、「4」は4ドアの略です。

【質問4】インプレッサG4は満タンで何キロ走ります?

「インプレッサG4は満タンで何キロ走ります?」

インプレッサG4は満タンで約650キロメートル走行可能です。この計算は、燃費性能と燃料タンクの容量に基づいています。

具体的には、インプレッサG4の平均燃費がリッター約13キロメートルとされており、燃料タンクの容量が50リットルです。このため、理論上の最大航続距離は、13キロメートル × 50リットルで計算される650キロメートルとなります。

したがって、インプレッサG4は満タンで約650キロメートル走行できると言えます。この航続距離は、長距離運転にも適しており、燃料補給の回数を減らすことができます。

【質問5】インプレッサG4は速い?馬力はいくつですか?

「インプレッサG4は速い?馬力はいくつですか?」

インプレッサG4のエンジンは、最大出力が約154馬力です。この馬力は、日常の運転や市街地での使用に十分な性能を提供します。

インプレッサG4は、1.6リットルから2.0リットルのエンジンオプションがあり、それぞれのエンジンで異なる馬力を提供しています。特に2.0リットルエンジンは、より強力で、速度や加速が求められる場面でのパフォーマンスが優れています。

したがって、インプレッサG4は日常使用においては十分な速さを提供し、150馬力のエンジンは多くのドライバーにとって適切な選択です。この馬力は、都市部や高速道路での運転においても快適な走りを実現します。

【質問6】インプレッサG4はおっさんのイメージですか?

「インプレッサG4はおっさんのイメージですか?」

インプレッサG4が特定の年齢層のイメージに関連付けられることはありません。この車は、その安全性、信頼性、および4輪駆動システムによって、幅広いドライバーに適しています。

インプレッサG4は、ファミリー層から若年層まで、多様なニーズを持つドライバーに支持されています。例えば、安全技術「アイサイト」を装備していることが、子供を持つ家庭には特に評価されています。また、スポーティなデザインは若年層にも好評です。

したがって、インプレッサG4は特定の年齢層に限定されるイメージではなく、多くの異なる層から支持を得ている車です。このモデルはその汎用性と性能により、広い層のドライバーに適しています。

まとめ:インプレッサG4はなぜ安いかの理由と中古をお得に買える方法

インプレッサG4はなぜ安いかの理由と中古をお得に買える方法をまとめてきました。

改めて、インプレッサG4はなぜ安い?その理由をまとめると、

インプレッサG4はなぜ安い?その理由

  • 競争の激化による影響
  • 乗り心地が悪いから
  • デザインが保守的だから
  • 燃費がイマイチ良くないから
  • エンジン性能に不満があるから

安い理由はあっても、多くの運転するメリットを持つのもインプレッサG4の特長です。

利用目的と購入予算を明確にしたうえで、インプレッサG4を買うかの判断を下すことをおすすめします。