足回りから異音がする!コトコトと低速時に音がなる原因とは?対処法と修理にかかる費用

「低速時に足回りからコトコト異音がする原因は?」

「どう対処すればいい?修理にはどれくらい費用がかかる?」

愛車から異音がすると焦りますよね。

しかも足回りからコトコト音がすれば、命の危険すら感じます。

足回りから異音がする原因は何なのか?どう対処すればいいのか?

本記事では、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因と対処法や修理費用について詳しく解説していきます!

足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因

早速、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因について、一般的な理由を解説していきます。

【原因1】スタビライザーの劣化

まず1つ目の原因として挙げられるのは「スタビライザーの劣化」

スタビライザーの劣化が原因で、足回りからコトコトと低速時に音がすることがあります。スタビライザーは車両の安定性を保つ重要な部品であり、劣化すると異音が発生する理由は、部品同士の接続が不適切になるためです。

具体的には、スタビライザーリンクのボールジョイントが摩耗すると、緩みが生じ、走行中の振動を吸収できなくなります。例えば、段差を越える際や不整地を走行する際に、金属同士が直接接触し、コトコトとした異音が発生します。また、スタビライザーのブッシュが劣化すると、ゴム部分が硬化し、振動を吸収しきれなくなるため異音が生じます。

スタビライザーの劣化は、車両の安定性や乗り心地に悪影響を及ぼすため、早急な点検と交換が必要です。異音が発生した場合は、整備工場でスタビライザーリンクやブッシュの状態を確認し、必要な修理を行うことで、快適で安全な走行を維持できます。

【原因2】ショックアブソーバーの劣化

次に2つ目の原因として挙げられるのは「ショックアブソーバーの劣化」

ショックアブソーバーの劣化が原因で、足回りからコトコトと低速時に異音が発生することがあります。ショックアブソーバーは車両の振動を吸収し、快適な乗り心地を提供する重要な部品です。しかし、長期間使用することで内部のオイルが漏れたり、シール部分が劣化したりすることがあります。こうした劣化により、衝撃を十分に吸収できず、異音が発生するのです。

具体的には、オイル漏れが原因でダンパー内の圧力が低下し、振動を適切に吸収できなくなります。例えば、段差を越える際や不整地を走行する際に、異常な振動や音が発生します。また、シール部分の劣化によって金属同士が直接接触し、低速時でもコトコトとした音が生じることがあります。

ショックアブソーバーの劣化は乗り心地の悪化だけでなく、車両の安定性や制動性能にも影響を及ぼします。異音が発生した場合は、早めに整備工場でショックアブソーバーの点検と交換を行うことが重要です。

【原因3】ホイールベアリングの異常

3つ目の原因として挙げられるのは「ホイールベアリングの異常」

ホイールベアリングの異常が原因で、足回りからコトコトと低速時に異音が発生することがあります。ホイールベアリングは車両の車輪をスムーズに回転させるための重要な部品で、ベアリングの劣化や損傷が異音の原因となります。異常が発生する理由は、長期間の使用や過度の荷重、適切なメンテナンスの欠如によるものです。

具体的には、ホイールベアリング内のグリースが劣化すると、潤滑性能が低下し、摩耗が進行します。例えば、車両が低速で走行しているときに、コトコトとした音が聞こえる場合、ホイールベアリングが摩耗している可能性があります。また、ベアリング内のボールやレースが損傷すると、金属同士が直接接触し、異音が発生します。

ホイールベアリングの異常は、放置すると車両の走行性能や安全性に重大な影響を及ぼします。異音が発生した場合は、早めに整備工場でホイールベアリングの点検と交換を行うことが重要です。

【原因4】ブレーキパーツの摩耗や緩み

4つ目の原因として挙げられるのは「ブレーキパーツの摩耗や緩み」

ブレーキパーツの摩耗や緩みが原因で、足回りからコトコトと低速時に異音が発生することがあります。ブレーキパーツは車両の安全性を保つために重要な役割を果たしており、パーツが摩耗したり、取り付けが緩んだりすると異音が発生します。この現象の理由は、ブレーキパッドやディスクローターが摩耗することで隙間が生じ、振動が増加するためです。

具体的には、ブレーキパッドが摩耗すると、ディスクローターとの間に隙間ができ、ブレーキをかけるたびにパッドが動くことで異音が発生します。例えば、低速で走行中にブレーキを軽くかけると、コトコトとした音が聞こえる場合があります。また、ブレーキキャリパーの取り付けが緩んでいると、走行中にキャリパーが動いて異音を生じることがあります。

ブレーキパーツの摩耗や緩みは放置するとブレーキ性能に悪影響を与えるため、異音が発生した場合は早急に整備工場で点検と修理を行うことが重要です。

【原因5】タイロッドエンドの緩みや劣化

5つ目の原因として挙げられるのは「タイロッドエンドの緩みや劣化」

タイロッドエンドの緩みや劣化が原因で、足回りからコトコトと低速時に異音が発生することがあります。タイロッドエンドはステアリングシステムの一部で、車輪の方向を制御する重要な部品です。緩みや劣化が生じると、ステアリング操作が不安定になり、異音の原因となります。

具体的には、タイロッドエンドのボールジョイントが摩耗すると、接続部分が緩みます。この緩みが原因で、走行中に振動や衝撃が増加し、異音が発生します。例えば、低速でカーブを曲がる際や不整地を走行する際に、コトコトとした音が聞こえる場合、タイロッドエンドの劣化が疑われます。また、タイロッドエンドのゴムブーツが破れていると、内部に汚れや水分が入り、早期に劣化が進行します。

タイロッドエンドの緩みや劣化は放置すると、ステアリングの操作性や車両の安全性に大きな影響を及ぼします。異音が発生した場合は早急に整備工場で点検と修理を行うことが重要です。

【原因6】サスペンション部品の摩耗や劣化

そして6つ目の原因として挙げられるのは「サスペンション部品の摩耗や劣化」

サスペンション部品の摩耗や劣化が原因で、足回りからコトコトと低速時に異音が発生することがあります。サスペンションは車両の安定性と快適性を保つための重要な部品であり、長期間の使用や過酷な運転条件により摩耗や劣化が進行します。摩耗したサスペンション部品は振動を適切に吸収できず、異音の原因となります。

具体的には、ショックアブソーバーやストラットマウントの摩耗が典型的な例です。例えば、ショックアブソーバーの内部オイルが漏れたり、ストラットマウントのゴム部品が劣化すると、段差を越える際や低速での走行時にコトコトとした異音が発生します。また、サスペンションブッシュの劣化も異音の一因となり、走行中に部品が不安定になり異音が生じます。

サスペンション部品の摩耗や劣化は車両の操縦性や乗り心地に悪影響を及ぼすため、異音が発生した場合は早急に整備工場で点検と修理を行うことが重要です。

場所別で足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因

ここまで、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因について解説してきました。

異音がする場所が異なるケースもあり、「フロント」と「リア」から音がするようです。

これら場所別で足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因についてもまとめていきます。

【場所1】フロントからコトコト音がする原因

まず、「フロントからコトコト音がする原因」についてです。

フロントからコトコト音がする原因は、サスペンションやステアリング部品の摩耗や劣化が考えられます。フロント部分は車両の操作性や安定性に直結するため、異音が発生するとその影響は大きいです。具体的には、ショックアブソーバーやストラットマウントの摩耗、タイロッドエンドの緩みや劣化が主な原因です。

例えば、ショックアブソーバーの内部オイルが漏れたり、ストラットマウントのゴム部品が劣化すると、フロントサスペンションが振動を十分に吸収できず、低速走行時にコトコトとした音が発生します。また、タイロッドエンドのボールジョイントが摩耗すると、ステアリング操作時にフロント部分で異音が生じます。

フロントからの異音は操縦性や安全性に影響を及ぼすため、異音が発生した場合は早急に整備工場で点検と修理を行うことが重要です。

【場所2】リアからコトコト音がする原因

次に、「リアからコトコト音がする原因」についてです。

リアからコトコト音がする原因は、サスペンションやブッシュの摩耗や劣化が考えられます。リア部分は車両の安定性と快適性に直結しており、異音が発生すると乗り心地に影響します。具体的には、リアショックアブソーバーの劣化や、トレーリングアームブッシュの摩耗が主な原因です。

例えば、リアショックアブソーバーの内部オイルが漏れたり、トレーリングアームブッシュが劣化すると、リアサスペンションが適切に振動を吸収できず、低速走行時にコトコトとした音が発生します。また、リアサスペンションリンクの緩みも異音の原因となり、走行中に部品が動いて異音を生じることがあります。

リアからの異音は車両の安定性に影響を及ぼすため、異音が発生した場合は早急に整備工場で点検と修理を行うことが重要です。

足回りの異音でコトコトと低速時に音がする時の対処法

ここまで、足回りからする異音の原因と場所別での原因について解説してきました。

では、異音がしたらどうすればいいのか?

最も気になる足回りの異音でコトコトと低速時に音がする時の対処法についてまとめていきます。

【対処法1】整備工場で点検を受ける

まずは「整備工場で点検を受ける」

整備工場で点検を受けることが、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする際の最も効果的な対処法です。整備工場では専門知識と専用機器を持つ整備士が、車両の各部を詳細に点検します。異音の原因が分からない場合、自己診断だけでは適切な修理ができず、問題が悪化する可能性があります。

具体的には、整備工場ではショックアブソーバーやスタビライザーリンク、タイロッドエンド、ホイールベアリング、ブレーキパーツなど、足回りの主要部品を細かく点検します。例えば、ショックアブソーバーのオイル漏れやスタビライザーリンクの摩耗を確認し、必要な修理や交換を行います。また、整備士が車両を試乗して異音を確認し、問題箇所を特定します。

整備工場での点検を受けることで、足回りの異音の原因を正確に特定し、適切な修理を行うことができます。これにより、車両の安全性と快適性を維持し、さらなるトラブルを未然に防ぐことができます。

もし、車検を控えていて少しでも安く抑えたい方は「ニコニコ車検」の利用がお得です。

車検実施で必ずもらえるお得な8大特典あり!車検一筋30年間の豊富な実績(車検累計実施台数は18万台超え)があるから、安心ですね。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【対処法2】サスペンションの点検と交換

2つ目の対処法として「サスペンションの点検と交換」

サスペンションの点検と交換は、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする際の有効な対処法です。サスペンションは車両の振動を吸収し、乗り心地を向上させる重要な部品であり、摩耗や劣化が進むと異音の原因となります。

具体的には、ショックアブソーバーやストラットマウントの点検が必要です。例えば、ショックアブソーバーのオイル漏れが見られる場合、その部品が劣化している可能性があります。また、ストラットマウントのゴム部分がひび割れている場合も、振動を十分に吸収できず、異音が発生します。これらの部品は目視点検で劣化状態を確認できるため、定期的なチェックをおすすめします。

サスペンションの点検と交換を行うことで、異音の原因を取り除き、車両の安定性と快適性を回復することができます。これにより、安全な走行が確保され、乗り心地も大幅に向上します。異音が発生した際は、速やかにサスペンションの点検と必要な交換を行うことが重要です。

【対処法3】スタビライザーリンクのチェック

そして3つ目の対処法として「スタビライザーリンクのチェック」

スタビライザーリンクのチェックは、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする際の重要な対処法です。スタビライザーリンクは、車両の安定性を保つために重要な役割を果たしており、その劣化や破損が異音の原因となります。

具体的には、スタビライザーリンクのボールジョイントやブッシュを点検することが必要です。例えば、ボールジョイントが摩耗していると、接続部分が緩み、走行中に異音が発生します。また、ブッシュが劣化すると、衝撃を十分に吸収できず、振動が直接伝わり異音が生じます。スタビライザーリンクの劣化は目視点検で確認でき、異常が見つかった場合は早急に交換することが望ましいです。

スタビライザーリンクのチェックを行うことで、異音の原因を特定し、必要な修理を実施できます。これにより、車両の安定性が向上し、安全な走行が確保されます。異音が発生した際は、速やかにスタビライザーリンクの点検を行うことが重要です。

足回りの異音でコトコトと低速時に音がする時の修理にかかる費用

ここまで、足回りからする異音の対処法について解説してきました。

では実際に、修理するとなるとどれくらいの費用がかかるのか?足回りの異音でコトコトと低速時に音がする時の修理にかかる費用についても、以下の通り目安をまとめておきます。

交換部品 費用目安
ショックアブソーバー ショックアブソーバーの交換費用は、部品代と工賃を合わせて約2万円から5万円程度です。高品質な部品や純正品を使用する場合、さらに高くなることがあります。
スタビライザーリンク スタビライザーリンクの交換費用は、部品代と工賃を合わせて約1万円から3万円程度です。左右両方を交換する場合は、費用が倍になります。
ホイールベアリング ホイールベアリングの交換費用は、部品代と工賃を合わせて約1.5万円から4万円程度です。車両の前後左右のどのベアリングを交換するかによって費用が変わります。
タイロッドエンド タイロッドエンドの交換費用は、部品代と工賃を合わせて約1万円から2.5万円程度です。部品の品質や車種によって費用が異なります。
ブレーキパーツ ブレーキパッドやディスクローターの交換費用は、部品代と工賃を合わせて約1.5万円から4万円程度です。ブレーキキャリパーの交換が必要な場合は、さらに費用がかかります。
サスペンションブッシュ サスペンションブッシュの交換費用は、部品代と工賃を合わせて約1万円から3万円程度です。交換が必要なブッシュの数や場所によって費用が変わります。

これらの費用は一般的な目安であり、実際の費用は車種や修理内容によって異なることがあります。修理を依頼する際は、複数の整備工場に見積もりを依頼し、比較検討することが重要です。

もし、車検を控えていて少しでも安く抑えたい方は「ニコニコ車検」の利用がお得です。

車検実施で必ずもらえるお得な8大特典あり!車検一筋30年間の豊富な実績(車検累計実施台数は18万台超え)があるから、安心ですね。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【Q&A】低速時にコトコト異音が足回りからする時のよくある質問

最後に低速時にコトコト異音が足回りからする時のよくある質問をまとめます。

【質問1】走行中に「ゴトゴト」や「ゴー」と音がするのはなぜ?

「走行中に「ゴトゴト」や「ゴー」と音がするのはなぜ?」

走行中に「ゴトゴト」や「ゴー」と音がする原因は、足回りの部品の摩耗や劣化が考えられます。これらの異音は車両の安定性や快適性に影響を及ぼし、放置するとさらなる損傷を引き起こす可能性があります。

具体的には、ショックアブソーバーやストラットマウント、スタビライザーリンク、タイロッドエンド、ホイールベアリングなどの部品が劣化すると、振動を吸収できず異音が発生します。例えば、ショックアブソーバーの内部オイルが漏れた場合、段差を越える際に「ゴトゴト」と音がします。また、ホイールベアリングが摩耗すると、回転時に「ゴー」という持続的な音が発生します。

走行中の異音は、車両の安全性や操縦性に大きな影響を与えるため、早急に整備工場で点検と修理を行うことが重要です。異音が発生した際は、具体的な部品の状態を確認し、適切な対処をすることで、車両の安定性と快適性を維持することができます。

【質問2】走行中に足回りからカタカタ音がするのはなぜ?

「走行中に足回りからカタカタ音がするのはなぜ?」

走行中に足回りからカタカタ音がする原因は、サスペンションやステアリング部品の劣化や緩みが考えられます。これらの異音は車両の安定性や安全性に影響を与えるため、早急な点検が必要です。

具体的には、サスペンションブッシュやショックアブソーバーの劣化が原因です。例えば、サスペンションブッシュが劣化すると、接続部分が緩み、走行中に振動が増加しカタカタ音が発生します。また、ショックアブソーバーの内部オイルが漏れた場合、段差を越える際に同様の異音がします。さらに、スタビライザーリンクのボールジョイントの摩耗もカタカタ音の原因となります。

これらの部品の劣化や緩みは、車両の走行性能に影響を与えるため、異音が発生した場合は整備工場での点検をおすすめします。定期的な点検と適切な修理を行うことで、車両の安全性と快適性を維持することができます。

【質問3】車高調の異音「コトコト音」の原因は?

「車高調の異音「コトコト音」の原因は?」

車高調の異音「コトコト音」の原因は、取り付け不良や部品の劣化が考えられます。車高調は車両の乗り心地や走行性能を向上させるために装着されますが、適切に取り付けられていない場合や部品が摩耗すると異音が発生します。

具体的には、車高調の取り付けボルトやナットが緩んでいる場合、走行中に振動が伝わり「コトコト」とした音が生じます。また、アッパーマウントのゴム部品が劣化すると、衝撃を吸収できず異音の原因となります。さらに、車高調の内部ダンパーが摩耗している場合も、異音が発生することがあります。

車高調の異音は、車両の安定性や快適性に影響を与えるため、異音が発生した場合は早急に整備工場で点検を受けることが重要です。定期的な点検と適切な整備を行うことで、車両の性能を維持し、安全な走行を確保できます。

【質問4】車のコトコト音は放置してもいいですか?

「車のコトコト音は放置してもいいですか?」

車のコトコト音を放置することはおすすめできません。異音は車両の部品に異常があるサインであり、放置すると安全性や走行性能に重大な影響を及ぼす可能性があります。

例えば、サスペンションやステアリング部品の摩耗や緩みが原因でコトコト音が発生することがあります。これらの部品は車両の安定性や操縦性に直結しており、異常が進行すると制動距離の延長や操縦性の低下を招く恐れがあります。また、ホイールベアリングの摩耗が原因で異音が発生する場合、走行中の安定性が失われるリスクがあります。

具体的な例として、ショックアブソーバーのオイル漏れやタイロッドエンドの緩みは、異音が初期段階での発見に繋がりますが、放置すると部品の完全な破損や事故の原因になることがあります。

異音が発生した場合は、早急に整備工場で点検を受け、必要な修理を行うことが重要です。異音を放置せず、適切な対処を行うことで、安全な走行と車両の長寿命を確保することができます。

まとめ:足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因と対処法

足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因と対処法をまとめてきました。

改めて、足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因をまとめると、

足回りの異音でコトコトと低速時に音がする原因

  • スタビライザーの劣化
  • ショックアブソーバーの劣化
  • ホイールベアリングの異常
  • ブレーキパーツの摩耗や緩み
  • タイロッドエンドの緩みや劣化
  • サスペンション部品の摩耗や劣化

上記の通り、原因は一つとは限りません。

そのため、異音がしたら放置せず、早々に専門の整備士に診てもらうことが大切です。

また、修理費用についても車種や修理内容によって異なることがあります。修理を依頼する際は、複数の整備工場に見積もりを依頼し、比較検討することが大切です。

もし、車検を控えていて少しでも安く抑えたい方は「ニコニコ車検」の利用がお得です。

車検実施で必ずもらえるお得な8大特典あり!車検一筋30年間の豊富な実績(車検累計実施台数は18万台超え)があるから、安心ですね。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com