ジープ(Jeep)コマンダーに乗ってる人のイメージは?車のかっこいい魅力や価格から調査

「ジープコマンダーに乗ってる人のイメージは?」

「ジープコマンダーの魅力は?購入するデメリットはあるのかな?」

ジープのフルサイズSUV「コマンダー」
冒険心を満たす、様々な性能・機能を有した人気の高級SUVです。

そんなジープコマンダーについて、「ジープコマンダーに乗ってる人のイメージ」は気になること!

どんな人が乗っているのか?気になりますよね。

そこで!ジープコマンダーに乗ってる人のイメージと車の魅力や買うデメリットについて詳しく解説していきます!

忙しい方に、中古車探しの悩みを解決する方法とは?

「できるだけ新しい中古車が欲しい。」

「でも欲しい車がなかなか見つからないし、時間もかかる。」

「見つかっても、中古車は新車と比べて保証が少なそうで不安。」

「そもそも中古車の状態が、良いのかどうか素人では判断できない。」

中古車が欲しい、でも探すにあたって必ず感じる悩み。

もし、悩みや不安をお持ちなら「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスの利用がおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を無料で提案してくれるサービスのこと。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける!
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる!
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなら、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心して車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
まずは欲しい車の条件を入力して情報をもらう
【公式サイト:https://www.zba.jp

ジープ(Jeep)コマンダーとはどんな車?

気になるジープコマンダーに乗ってる人のイメージを調査する前に。そもそもジープ(Jeep)コマンダーとはどんな車なのか?特徴やスペックについてご紹介します。

ジープコマンダーは、アメリカの自動車メーカー、Jeep(ジープ)が製造するフルサイズSUVです。この車は、オフロード性能とラグジュアリーを融合させた一台であり、多くの冒険好きなドライバーに支持されています。

ジープコマンダーのデザインは、力強さと堅牢さを感じさせる直線的なラインと大きなボディを特徴としています。フロントグリルには、ジープの象徴である7スロットグリルが施されており、ひと目でジープであることがわかります。また、高められた地上高と大径タイヤにより、オフロードでの走破性が向上しています。

内部のインテリアは、広々としたキャビンと高品質な素材が使用されており、快適性と豪華さを提供しています。特に3列シートのレイアウトは、7人乗りの広いスペースを確保しており、ファミリーにも適しています。シートは折りたたみ可能で、荷室のスペースを柔軟に調整することができます。

パワートレインには、強力なエンジンオプションが用意されています。例えば、3.6リッターV6エンジンや、よりパワフルな5.7リッターV8エンジンなどがあり、どちらも高いトルクとパワーを提供します。これにより、舗装道路からオフロードまで、あらゆる路面状況に対応できる走行性能を持っています。

最新のジープコマンダーには、多数の先進技術が搭載されています。インフォテインメントシステムは、大型タッチスクリーンディスプレイを備えており、ナビゲーションやスマートフォンとの連携機能を提供します。また、ドライバーアシスト機能も充実しており、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシスト、ブラインドスポットモニターなど、安全性と利便性を向上させる機能が満載です。

ジープコマンダーは、その優れたオフロード性能、高い快適性、そして最新の技術を兼ね備えたSUVとして、多くのドライバーに愛されています。これにより、冒険心を持つ人々にとって理想的な車となっています。

車両価格は「約600万円」

気になるジープコマンダーの車両価格についてです。

ジープコマンダーの車両価格は「約600万円」となっています。ジープコマンダーの車両価格が約600万円であることは、その高性能と多機能性を考慮すると非常にリーズナブルです。この価格帯は、豪華な内装、高度なオフロード能力、そして先進的な安全機能を備えたこのSUVの価値を反映しています。

また、3列シートの広々としたキャビンや、強力なエンジンオプションも含まれており、家族旅行やアウトドア活動に最適です。さらに、ジープブランドの信頼性と耐久性も加わり、長期間にわたって安心して利用できる点も大きな魅力です。

競合他社の同クラスのSUVと比較しても、ジープコマンダーはその価格に見合うだけの価値を提供しており、優れた投資となるでしょう。

月々の維持費は「約4万円~6万円程度」

そして、ジープコマンダーの月々の維持費は「約4万円~6万円程度」です。

ジープコマンダーの車両価格が約600万円であることを踏まえると、月々の維持費はおおよそ4万円から6万円程度になると考えられます。維持費の算出方法については以下の通りです。

まず、燃料費です。ジープコマンダーは大排気量のエンジンを搭載しているため、燃費は一般的な乗用車よりも低くなります。仮に月に1,000キロメートル走行するとして、燃費がリッターあたり8キロメートルとすると、燃料費は約15,000円程度になります(ガソリン価格を160円/リットルと仮定)。

次に、自動車保険料です。高級SUVのため、保険料は一般的な車両よりも高めに設定されます。年間保険料が約10万円から15万円程度と見積もると、月々の支払いは約1万円から1.25万円になります。

さらに、メンテナンス費用も考慮する必要があります。ジープコマンダーは高性能車であるため、定期的なオイル交換やタイヤ交換などの維持費がかかります。これらの費用を月割りにすると、約5,000円から1万円程度となります。

また、車検費用や税金も含めると、年間数十万円の費用がかかり、これを月々に分割して支払うと約1万円から1.5万円程度が追加されます。

以上を総合すると、ジープコマンダーの維持費は月々おおよそ4万円から6万円程度となり、この範囲内で収まることが一般的です。この費用は、車両の高性能と豪華さを維持するために必要なものであり、ジープコマンダーの価値を最大限に引き出すためには避けられない経費です。

ジープコマンダーに乗ってる人のイメージ調査

ジープコマンダーの特徴やスペックが分かったところで!早速、ジープコマンダーに乗ってる人のイメージ調査していきます!

【イメージ1】冒険心旺盛な人

まず1つ目のイメージとして「冒険心旺盛な人」

ジープコマンダーに乗っている人は、冒険心旺盛な傾向があります。この理由は、ジープコマンダーの高いオフロード性能と堅牢なデザインが、探検や冒険を楽しむライフスタイルに適しているためです。

例えば、ジープコマンダーは、最低地上高約20センチメートル、4輪駆動システム、そして高い牽引能力を誇ります。これらのスペックは、山道や川辺など、通常の車では進入困難な場所でも安定した走行を可能にします。

このように、ジープコマンダーに乗っている人は、日常生活の中で自然との触れ合いやアウトドアアクティビティを積極的に楽しむ冒険心を持っています。

【イメージ2】個性的で力強い人

次に2つ目のイメージとして「個性的で力強い人」

ジープコマンダーに乗っている人は、個性的で力強い印象を持つことが多いです。この理由は、ジープコマンダーの力強いデザインと存在感が、その持ち主の個性を際立たせるためです。

例えば、ジープコマンダーは全長4,770ミリメートル、全幅1,860ミリメートルの大きな車体を持ち、フロントには特徴的な7スロットグリルが配置されています(出典:Commander 主要諸元)。このデザインは、道路上で非常に目立ち、所有者の独自性を強調します。また、ジープコマンダーは、3.6リッターV6エンジンや5.7リッターV8エンジンを搭載し、力強い走行性能を誇ります。

このように、ジープコマンダーに乗っている人は、その力強さと個性を大切にし、自分自身のスタイルを明確に表現することを好む人々です。

【イメージ3】経済的に余裕がある人

3つ目のイメージとして「経済的に余裕がある人」

ジープコマンダーに乗っている人は、経済的に余裕があることが多いです。なぜなら、ジープコマンダーの高額な車両価格と維持費がかかるためです。

実際、ジープコマンダーの新車価格は約600万円であり、さらに月々の維持費は約4万円から6万円と見積もられます。これは、燃料費、保険料、メンテナンス費用などを含めたもので、高性能車ならではの費用がかかります。加えて、ジープコマンダーは高級感のある内装や最新の技術が搭載されているため、初期費用だけでなく、継続的な支出も必要です。

このように、高額な費用を支払える経済的余裕がある人々がジープコマンダーを選ぶ傾向があります。結果として、ジープコマンダーに乗っている人は、経済的に安定しており、質の高いライフスタイルを楽しんでいると言えます。

【イメージ4】ラグジュアリー志向な人

4つ目のイメージとして「ラグジュアリー志向な人」

ジープコマンダーに乗っている人は、ラグジュアリー志向が強いです。なぜなら、ジープコマンダーの高級感あふれる内装と先進的な装備が魅力的だからです。

具体的には、ジープコマンダーはプレミアムレザーシート、デュアルゾーンオートマチッククライメートコントロール、パノラミックサンルーフなど、豪華な装備が充実しています(出典:COMMANDER 主要装備)。また、インフォテインメントシステムには大型タッチスクリーンディスプレイが搭載され、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応しており、快適なドライブをサポートします。さらに、アダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニターなどの先進安全機能も備えており、安全性と快適性の両方を提供します。

このように、ジープコマンダーに乗っている人は、ラグジュアリーで快適なドライブを求め、生活の質を重視する傾向があります。結果として、ジープコマンダーに乗ることは、ラグジュアリーなライフスタイルを象徴しています。

【イメージ5】車選びも家族最優先の人

5つ目のイメージとして「車選びも家族最優先の人」

ジープコマンダーに乗っている人は、車選びにおいて家族を最優先に考える傾向があります。なぜなら、ジープコマンダーがファミリー向けの機能を多く備えているためです。

例えば、ジープコマンダーは3列シートを装備しており、最大7人まで乗車可能です。広々とした室内空間は、家族全員が快適に過ごせる設計となっており、シートアレンジも柔軟に変更できます。また、リアシートエンターテインメントシステムやUSBポートの充実など、長時間のドライブでも子供たちが退屈しないような工夫がされています。さらに、安全面でもアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどの先進安全機能が標準装備されており、家族の安全を守ります。

このように、ジープコマンダーを選ぶことで、家族全員が快適で安全なドライブを楽しむことができ、結果として、家族を最優先に考える人々にとって理想的な選択となります。

【イメージ6】都市と自然の両方を楽しむ人

6つ目のイメージとして「都市と自然の両方を楽しむ人」

ジープコマンダーに乗っている人は、都市と自然の両方を楽しむライフスタイルを持つ傾向があります。この理由は、ジープコマンダーが都市部での快適な走行とオフロードでの優れた性能を兼ね備えているためです。

具体的には、ジープコマンダーは先進的なインフォテインメントシステムやアダプティブクルーズコントロールなどの機能を搭載し、都市部での運転を快適にします。また、4WDシステムや高い最低地上高により、週末のアウトドア活動や山道でのドライブも楽しめます。さらに、大容量の荷室はキャンプ用品やスポーツギアを楽々収納でき、都市から自然へとシームレスに移動できます。

以上の理由から、ジープコマンダーに乗っている人は、都会の利便性を享受しつつ、自然との触れ合いを大切にするライフスタイルを送っています。

【イメージ7】アクティブなライフスタイルを持つ人

7つ目のイメージとして「アクティブなライフスタイルを持つ人」

ジープコマンダーに乗っている人は、アクティブなライフスタイルを持つ傾向があります。なぜなら、ジープコマンダーが多様なアクティビティに対応できる性能を持っているためです。

実際、ジープコマンダーは強力なエンジンと4WDシステムを備え、険しい山道や砂利道でも安定した走行が可能です。さらに、広い荷室スペースはアウトドアギアやスポーツ用品を収納するのに最適で、キャンプやスキー、サーフィンなどの活動にも対応できます。ジープコマンダーの所有者も同様に、週末に家族や友人と共に自然を満喫することを好む傾向があります。

したがって、ジープコマンダーに乗っている人は、アクティブなライフスタイルを送り、様々な冒険を楽しむためのパートナーとしてこの車を選んでいます。

【イメージ8】ステータスシンボルとして車を選ぶ人

そして8つ目のイメージとして「ステータスシンボルとして車を選ぶ人」

ジープコマンダーに乗っている人は、車をステータスシンボルとして選ぶ傾向があります。この理由は、ジープコマンダーがその高級感と存在感で所有者の社会的地位を象徴するためです。

例えば、ジープコマンダーの価格は約600万円と高額であり、他の一般的な車両と比べて高価です。さらに、プレミアムレザーシートや最新のインフォテインメントシステム、大型パノラミックサンルーフなどの豪華な装備が充実しており、所有者のこだわりと富を反映しています。統計データによると、高価格帯の車を所有することで、周囲からの信頼度や評価が向上することが示されています。ジープコマンダーのオーナーも、こうした特性を通じて自分のステータスを示し、社会的な評価を高めることを意識しています。

以上のことから、ジープコマンダーに乗っている人は、車を単なる移動手段ではなく、自分の社会的地位を表現する重要なアイテムと捉えています。

乗ってる人のイメージだけでなくジープコマンダーの魅力

ここまで、ジープコマンダーに乗ってる人のイメージを調査してきました。

乗ってる人のイメージだけでなくジープコマンダーの魅力についてもご紹介します!

【魅力1】卓越したオフロード性能が最高!

何より魅力に感じるのが「卓越したオフロード性能が最高!」

ジープコマンダーの魅力の一つは、卓越したオフロード性能です。なぜなら、ジープコマンダーが厳しい地形でも安定した走行を可能にする高度なシステムを搭載しているためです。

具体的には、ジープコマンダーはQuadra-Trac II 4WDシステムを採用し、路面状況に応じてトルクを最適に配分します。また、最低地上高は約22センチメートルあり、岩場やぬかるんだ道でも底を擦らずに走行できます。

このように、ジープコマンダーは過酷なオフロード条件でも優れたパフォーマンスを発揮し、冒険好きなドライバーにとって最適な選択となります。

【魅力2】強力なエンジンは走る楽しさを増幅!

オフロード性能だけでなく「強力なエンジンは走る楽しさを増幅!」

ジープコマンダーの魅力の一つは、強力なエンジンが走る楽しさを増幅する点です。これは、ジープコマンダーが高出力のエンジンを搭載し、優れた加速性能とパワーを提供するためです。

具体的には、ジープコマンダーは3.6リッターV6エンジンと5.7リッターV8エンジンのオプションがあります。3.6リッターV6エンジンは最高出力284馬力、5.7リッターV8エンジンは最高出力326馬力を誇り、どちらも力強い走行性能を発揮します。さらに、V8エンジン搭載モデルは0-100km/h加速をわずか7秒程度で達成し、スムーズで力強い加速感を楽しめます。

以上の理由から、ジープコマンダーの強力なエンジンは、ドライバーに走行の楽しさと満足感を提供し、日常の運転から冒険まで幅広いシーンで高いパフォーマンスを発揮します。

【魅力3】広々とした室内空間で快適に過ごせる!

そして「広々とした室内空間で快適に過ごせる!」

ジープコマンダーの魅力の一つは、広々とした室内空間で快適に過ごせる点です。なぜなら、ジープコマンダーが大人数でも快適に過ごせる広いキャビンを持っているためです。

例えば、ジープコマンダーは3列シートを装備しており、最大7人が乗車可能です。第2列シートと第3列シートは折りたたみ可能で、荷物の多い旅行やキャンプなどにも対応できます。室内の寸法として、後部座席のレッグルーム、第3列シートのヘッドルームともに広く、長時間のドライブでも乗員が快適に過ごせます。さらに、パノラミックサンルーフにより、開放感のある明るい室内環境が提供されます。

したがって、ジープコマンダーの広い室内空間は、家族旅行や友人とのアウトドア活動など、様々なシーンで快適な移動を可能にし、乗員全員がリラックスして過ごせる魅力を持っています。

乗ってる人のイメージからジープコマンダーを買うデメリット

乗ってる人のイメージからジープコマンダーを買うデメリットについてもまとめます。

【デメリット1】燃費が悪いから維持費も高い

まず1つ目のデメリットが「燃費が悪いから維持費も高い」

ジープコマンダーは燃費が悪いため、維持費も高くなります。なぜなら、大排気量エンジンの特性により燃料消費が多くなるからです。

例えば、ジープコマンダーの燃費は約14キロメートル/リッターです(出典:Commander 主要諸元)。これは、一般的な乗用車と比較して燃費が低く、燃料費がかさむことを意味します。年間1万2千キロメートル走行する場合、ガソリン価格を160円/リッターとすると、燃料費は約14万円になります。さらに、大排気量エンジンは保険料や税金も高額になる傾向があります。

このように、ジープコマンダーの燃費の悪さは、維持費の高さにつながり、経済的な負担が増える要因となります。結果として、ジープコマンダーを購入する際には、燃料費やその他の維持費を十分に考慮する必要があります。

【デメリット2】車体が大きいから運転しづらい

次に2つ目のデメリットとして「車体が大きいから運転しづらい」

ジープコマンダーは車体が大きいため、運転しづらいことがデメリットです。

実際、ジープコマンダーの全長は約4,870ミリメートル、全幅は約1,890ミリメートルで、一般的な日本の駐車場や狭い道路では苦労することがあります。例えば、狭い路地や縦列駐車では、他の車両や障害物との間隔を十分に確保するのが難しくなります。さらに、大きな車体は視覚的な死角も増え、安全確認が難しくなる場合があります。

以上の理由から、都市部での日常的な運転や駐車がストレスとなりやすいです。結果として、ジープコマンダーの購入を検討する際には、その大きな車体による運転の難しさを十分に考慮する必要があります。

【デメリット3】初期購入費用が高額なので手軽さはない

そして3つ目のデメリットが「初期購入費用が高額なので手軽さはない」

ジープコマンダーは初期購入費用が高額なため、手軽さはありません。

具体的には、ジープコマンダーの新車価格は約600万円であり、これは多くの人にとって大きな経済的負担となります。例えば、一般的なコンパクトカーの新車価格が約200万円とすると、ジープコマンダーの価格はその3倍に相当します。このため、購入時に大きな出費を覚悟しなければならず、ローンを組む場合でも毎月の返済額が高額になることが予想されます。さらに、購入後の維持費も考慮すると、総合的なコストはさらに増加します。

結果として、ジープコマンダーの高額な初期購入費用は、手軽に購入できる選択肢ではなく、経済的な準備が必要です。

【Q&A】乗ってる人が気になるジープコマンダーのよくある質問

最後に乗ってる人が気になるジープコマンダーのよくある質問をまとめます。

【質問1】ジープコマンダーの新型の評価は良い?

「ジープコマンダーの新型の評価は良い?」

結論、ジープコマンダーの新型の評価は良好です。

【質問2】ジープコマンダーの新型は故障が多いってホント?

「ジープコマンダーの新型は故障が多いってホント?」

結論、ジープコマンダーの新型は故障が多いというのは必ずしも正しくありません。ジープコマンダーの新型が特別に故障が多いということはなく、適切なケアとメンテナンスが重要です。

【質問3】ジープコマンダーのリセールバリューは良い?悪い?

「ジープコマンダーのリセールバリューは良い?悪い?」

結論、ジープコマンダーのリセールバリューは一般的にあまり良くありません。理由は、SUV市場の競争が激しく、ジープコマンダーのような大型SUVは燃費や維持費が高いため、需要が限定的であるためです。

実際、ガリバーが公表する「ジープ・コマンダー(クライスラー・ジープ)の年落ち別リセールバリュー」をみても、推移はほぼ横ばいとなっています。

ですので、ジープコマンダーのリセールバリューは一般的にあまり良くないということになります。

まとめ:Jeepコマンダーに乗ってる人のイメージと車の魅力

Jeepコマンダーに乗ってる人のイメージと車の魅力をまとめてきました。

改めて、ジープコマンダーに乗ってる人のイメージをまとめると、

ジープコマンダーに乗ってる人のイメージ

  • 冒険心旺盛な人
  • 個性的で力強い人
  • 経済的に余裕がある人
  • ラグジュアリー志向な人
  • 車選びも家族最優先の人
  • 都市と自然の両方を楽しむ人
  • アクティブなライフスタイルを持つ人
  • ステータスシンボルとして車を選ぶ人