車両保険はいらない?結論といらない理由を知恵袋から車種別(新車・中古車・軽自動車)に考察

「知恵袋をみると車両保険はいらない声が多い?」

「車両保険はいらない理由は?新車もつけなくていい?」

車を買うと入るか検討する「車両保険」
事故による修理費用、自然災害による損害、盗難補償など多岐にわたって保証を受けられます。

そんな車両保険について、「知恵袋をみると車両保険はいらない」との声が散見されますが、なぜでしょうか?

本記事では、車両保険はいらないのかの結論といらない理由を知恵袋から車種別に考察していきます!

【結論】車両保険はいらない?知恵袋で多い意見とは

車両保険はいらないのかどうか?

結論からいうと、車両保険はいらないかどうかについては、個々の状況に大きく依存します。しかし、多くの場合、車両保険は不要であると判断する人も知恵袋をみると散見されます。その理由として、以下のようなポイントが挙げられます。

まず、車両保険は自身の車両に対する補償を提供しますが、保険料が高額になることが多いです。特に、新車や高価な車を所有している場合は保険料もそれに比例して高くなります。そのため、経済的に余裕がない場合や、保険料に見合うほどの補償を受ける必要がないと感じる場合には、車両保険を見直すことを考えるべきです。

次に、車両保険が不要と感じるもう一つの理由は、自己資金で修理や買い替えを賄える場合です。貯蓄が十分にあり、万が一の事故や損傷の際に自分で対応できる場合は、保険に頼る必要がなくなるため、保険料を節約することができます。

また、車の使用頻度や使用状況も重要な要素です。例えば、車をあまり使用しない場合や、安全な地域で主に使用している場合、事故のリスクが低いため、車両保険を必要としないと判断することができます。さらに、年齢や運転経験によっても保険の必要性は変わります。長年無事故で運転しているベテランドライバーであれば、保険を使うリスクが低くなるため、保険のメリットが少ないと感じることがあるでしょう。

一方で、車両保険を持つことで安心感を得ることもでき、事故や損傷の際に予想外の出費を避けることができるため、一概に「車両保険はいらない」と結論づけるのは難しいです。結局のところ、車両保険の必要性は個々のライフスタイルや経済状況、車の使用状況に大きく依存するため、各自の状況をよく考えた上で判断することが重要です。

新車で車両保険がいらない理由(知恵袋の結果)

では、具体的に車両保険がいらない理由について深堀します。

まずは、新車で車両保険がいらない理由から考察していきます。

【理由1】保険料が高額だから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「保険料が高額だから」

新車の車両保険は中古車に比べて保険料が高額になります。例えば、新車の保険料は年間で10万円以上になることが一般的です。保険料が高額になる主な理由は、新車の価値が高いため、修理や買い替えにかかる費用が大きくなるからです。

実際、500万円の新車を購入した場合、年間保険料が15万円を超えることがあります。この保険料は、家計に大きな負担となります。特に、毎月のローン返済や他の生活費用も考慮すると、高額な保険料を支払う余裕がない場合も多いです。

以上の理由から、家計の負担を軽減するため、新車購入時には車両保険に入らないor見直すことがメリットとして大きいです。経済的な負担を減らし、他の必要な支出に資金を回すことができます。

【理由2】走行距離が少ないから

次に2つ目の理由として挙げられるのは「走行距離が少ないから」

新車なので走行距離は少ないです。走行距離が少ない場合、事故や損傷のリスクが低くなるため、保険の必要性が減少します。例えば、年間走行距離が5000キロ未満であれば、事故発生率は大幅に低くなります。

具体的には、一般的な自家用車の平均年間走行距離が1万キロであるのに対し、新車購入後の初年度はこれよりもかなり少ない場合が多いです。特に、週末のみの利用や短距離通勤に限られる場合、年間走行距離は数千キロにとどまります。このような低走行距離の車両は、事故のリスクが低いため、車両保険に加入するメリットが少なくなります。

したがって、年間走行距離が少ない場合、車両保険に加入しないことで保険料を節約し、家計に余裕を持たせることが可能です。走行距離が少ない車両は事故リスクが低いため、車両保険はいらない、保険料を他の必要な支出に回すことができます。

【理由3】メーカー保証が充実しているから

そして3つ目の理由として挙げられるのは「メーカー保証が充実しているから」

新車にはメーカーによる保証が標準で付いており、一定期間内の故障や不具合に対する修理費用がカバーされます。例えば、多くのメーカーは3年間または10万キロの保証を提供しており、その間に発生する故障や不具合については無料で修理が行われます。

具体的な例として、トヨタの保証があります。トヨタでは新車購入後3年間または6万キロの一般保証があり、エンジンやトランスミッションなどの主要部品に対する保証が含まれます。また、5年間または10万キロの特別保証も提供されており、より長期間にわたり安心して車を使用することができます。このため、新車購入後の初期トラブルに対する経済的なリスクが大幅に軽減されます。

ですので、メーカー保証が充実していることにより、新車購入後の一定期間は主要な故障や不具合に対する費用がカバーされるため、車両保険に加入しなくても安心して運転できる状況が生まれます。したがって、保険料を節約し、他の重要な支出に資金を充てることが可能です。

中古車で車両保険がいらない理由(知恵袋の結果)

次に、中古車で車両保険がいらない理由について考察していきます。

【理由1】車両の価値が低いから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「車両の価値が低いから」

車両の価値が低いと、修理費用が車の現在価値を上回る可能性が高くなります。例えば、10万円の中古車の場合、修理費用が10万円以上になることが多いです。そのため、高額な修理をするよりも、新しい車を購入する方が経済的です。

実際、保険料が車両の価値に対して過剰となることがあります。年齢が進んだ中古車の場合、車両保険の保険料が数万円かかることがありますが、これは車両の価値と比べると割高です。例えば、10万円の車に対して年間3万円の保険料を支払うのは、経済的に見合いませんね。

したがって、中古車の価値が低いために、車両保険をかけるメリットが少ないです。節約を考えると、車両保険を外す方が賢明な選択です。

【理由2】免責金額が設定されているから

次に2つ目の理由として挙げられるのは「免責金額が設定されているから」

免責金額とは、保険請求時に自己負担する金額のことです。例えば、免責金額が5万円に設定されている場合、修理費用が5万円以下であれば、全額自己負担となります。これにより、小規模な修理では保険を利用する意味がなくなります。

実際、中古車は新車に比べて価値が低いため、修理費用が免責金額を超えることが少ないです。例えば、10万円の中古車の場合、修理費用が5万円を超えることは稀です。このような状況では、車両保険をかけるメリットが薄れます。

したがって、免責金額が設定されているために、中古車に車両保険をかける意義が低いです。経済的な観点からも、中古車には車両保険を省く方が賢明な選択となります。

【理由3】経年劣化と修理回数も多いから

そして3つ目の理由として挙げられるのは「経年劣化と修理回数も多いから」

中古車は新車と比較して経年劣化が進んでおり、各部品が摩耗しています。このため、修理が頻繁に必要となることが多いです。例えば、10年落ちの車の場合、エンジンやブレーキなど主要部品の交換や修理が必要になる確率が高まります。

実際、修理回数が多い中古車に対して車両保険をかけると、保険料が割高になることがあります。保険会社はリスクを考慮して保険料を設定するため、修理頻度が高い車両は保険料が高くなる傾向があります。具体的には、年間修理費用が10万円を超える中古車に対して車両保険をかけると、保険料が年間で数万円になることがあります。

以上の理由から、経年劣化と修理回数が多いために、中古車に車両保険をかけるメリットが少ないです。経済的に見ても、車両保険を省く方が合理的な選択となります。

軽自動車で車両保険がいらない理由(知恵袋の結果)

そして、軽自動車で車両保険がいらない理由について考察していきます。

【理由1】修理費が比較的安いから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「修理費が比較的安いから」

軽自動車の修理費用は一般的に普通車よりも低い傾向があります。軽自動車は部品が小さく、修理にかかる時間も短いため、費用が抑えられます。例えば、バンパーの修理費用が普通車では3万円程度かかるところ、軽自動車では1万5千円程度で済むことが多いです。

実際、軽自動車の部品は入手しやすく、修理業者の間で競争が激しいため、修理費が抑えられる傾向があります。一般的な修理費用として、エンジンの修理が普通車で10万円以上かかる場合でも、軽自動車では5万円以下で修理できることがあります。このような状況では、修理費が安いために車両保険をかける必要性が低くなります。

したがって、修理費が比較的安いことから、軽自動車に車両保険をかけるメリットが少ないです。経済的な観点からも、軽自動車には車両保険を省く方が賢明な選択です。

【理由2】盗難リスクが低いから

次に2つ目の理由として挙げられるのは「盗難リスクが低いから」

軽自動車は高級車やスポーツカーに比べて盗難の対象になりにくいです。これは、軽自動車の市場価値が比較的低く、盗難後の転売利益が少ないためです。

実際、軽自動車は高級車に比べて盗難防止装置が標準装備されていることが多く、セキュリティ面でも優れています。例えば、イモビライザーやGPS追跡装置が装備されている軽自動車は、盗難リスクがさらに低くなります。このため、盗難による損害が発生する確率が非常に低いです。

以上の理由から、軽自動車は盗難リスクが低いために、車両保険をかける必要性が少ないです。経済的な観点からも、軽自動車には車両保険を省く方が合理的な選択です。

【理由3】普通車よりも車両価格が低いから

そして3つ目の理由として挙げられるのは「普通車よりも車両価格が低いから」

軽自動車の新車価格は一般的に普通車の半分程度です。例えば、軽自動車の平均的な新車価格は100万円から150万円程度ですが、普通車では200万円から300万円以上となります。このため、事故や損傷時の修理費用も相対的に低くなります。

軽自動車の車両価格が低いため、保険金額も低く設定されます。車両保険は車の市場価値に基づいて保険料が計算されるため、車両価格が低い軽自動車では保険料が高額になることは稀です。実際、軽自動車に対する年間の車両保険料が2万円程度であるのに対し、普通車では4万円以上かかることが一般的です。このように、車両価格の低さが保険料の節約につながります。

したがって、普通車よりも車両価格が低いことから、軽自動車に車両保険をかけるメリットが少ないです。経済的な観点からも、軽自動車には車両保険を省く方が合理的な選択です。

【Q&A】知恵袋でいらないと囁かれる車両保険のよくある質問

最後に知恵袋でいらないと囁かれる車両保険のよくある質問をまとめます。

【質問1】車両保険に入ってなかったらどうなる?

「車両保険に入ってなかったらどうなる?」

車両保険に入っていなかった場合、自己負担で修理費用を支払う必要があります。

まず、事故や自然災害で車が損傷した場合、修理費用が全額自己負担となります。例えば、車の修理費用が20万円かかった場合、その全額を自身で負担しなければなりません。

次に、事故の相手方に対する賠償は賠償責任保険がカバーしますが、自身の車両に対する補償は車両保険がないと受けられません。例えば、他車との事故で自身の車が大破した場合、修理や買い替えの費用は全て自己負担となります。

以上のことから、車両保険に入っていないと、事故や損傷時に多額の修理費用を自己負担するリスクがあります。経済的な安全を考慮すると、車両保険への加入は重要です。

【質問2】車両保険を外すタイミングはいつですか?

「車両保険を外すタイミングはいつですか?」

車両保険を外すタイミングは、車両の価値が大幅に下がったときや修理費用が保険料を上回ると予測されるときが適しています。

まず、車両の価値が低下した場合、保険をかける意味が薄れます。例えば、10年落ちの車の市場価値が10万円以下になった場合、修理費用がその価値を上回ることが多いです。

次に、保険料と修理費用のバランスを考慮します。年間保険料が数万円かかる場合、軽微な損傷での修理費用を自己負担する方が経済的です。例えば、軽自動車の保険料が年間3万円である場合、小さな修理を数回する費用がその金額を上回らないなら、保険を外すことが合理的です。

したがって、車両の価値が低くなり、修理費用と保険料のバランスが取れなくなった時が車両保険を外す適切なタイミングです。経済的な観点から検討することが重要です。

【質問3】車両保険に入らない人はどんな人?

「車両保険に入らない人はどんな人?」

車両保険に入らない人は、経済的な理由や車両の価値を考慮して決定することが多いです。

まず、古い車や市場価値の低い車に乗っている人です。例えば、10年以上経過し、価値が10万円以下の車を所有している場合、修理費用が車の価値を超えることがあるため、保険の必要性が低くなります。

次に、自己負担で修理費用を支払う余裕がある人です。高収入や十分な貯蓄がある人は、車両保険に頼らずに修理費用を賄うことができます。例えば、年間修理費用が数万円程度であれば、保険料を節約して自己負担する方が経済的です。

さらに、事故のリスクが低いと感じている人です。運転経験が豊富で安全運転を心がける人や、通勤距離が短く、事故のリスクが低い人は、車両保険に入らないことを選ぶことがあります。

以上のように、車両の価値、経済状況、運転リスクを総合的に判断して、車両保険に入らない人がいます。

【質問4】車両保険を外すといくら安くなりますか?

「車両保険を外すといくら安くなりますか?」

車両保険を外すと、保険料が大幅に安くなる可能性があります。

まず、車両保険は全体の保険料の中でも高額な部分を占めます。例えば、年間保険料が10万円のうち、車両保険が5万円を占めることがあります。この場合、車両保険を外すと、年間保険料は5万円に減少します。

次に、保険料の節約額は車両の価値や保険会社の条件によります。一般的な軽自動車の場合、年間の車両保険料が2万円から3万円程度かかることが多いです。この保険を外すことで、その金額を節約できます。具体的な節約額は、保険プランや車両の状況により異なりますが、保険料の半分程度を削減できる場合があります。

ですので、車両保険を外すことで、年間で数万円の保険料を節約できる可能性があります。個々の状況に応じて、具体的な節約額を確認することが重要です。

【質問5】ベンツは車両保険いらない?入ったほうがいい?

「ベンツは車両保険いらない?入ったほうがいい?」

結論からいうと、ベンツに車両保険が必要かどうかは、個々の状況やリスク評価によります。

ベンツは高価な車であり、修理費用も高額になるため、車両保険に入ることで経済的なリスクを軽減できます。例えば、ベンツの修理費用が数十万円かかることがあり、保険に入っていないと全額自己負担になります。

実際、ベンツは盗難リスクが高いため、車両保険に入ることで安心感が得られます。日本国内でも高級車の盗難件数は増加傾向にあり、盗難対策として車両保険に入ることが推奨されます。例えば、車両保険がカバーする盗難補償により、万が一の盗難時に補償を受けられます。

したがって、ベンツのような高価な車には車両保険に入ることをお勧めします。高い修理費用や盗難リスクを考慮すると、保険に入ることで経済的なリスクを減らせるためです。個々の状況に応じて検討することが重要です。

まとめ:車両保険はいらないのかの結論といらない理由を知恵袋から考察

車両保険はいらないのかの結論といらない理由を知恵袋から考察してきました。

改めて、車両保険はいらない理由をまとめると、

新車で車両保険がいらない理由

  • 保険料が高額だから
  • 走行距離が少ないから
  • メーカー保証が充実しているから

中古車で車両保険がいらない理由

  • 車両の価値が低いから
  • 免責金額が設定されているから
  • 経年劣化と修理回数も多いから

軽自動車で車両保険がいらない理由

  • 修理費が比較的安いから
  • 盗難リスクが低いから
  • 普通車よりも車両価格が低いから