日産ノートe-POWERの評判は悪い?5つの理由と買って後悔しないための注意点

「日産ノートe-POWERの評判は悪いってホント?」

「後悔しないための注意点や方法は、何かないかな?」

日産の人気ハイブリッド車「ノートe-POWER」
高い燃費効率と快適な運転体験を提供する、e-POWERシステムを採用したコンパクトカーです。

なんですが、一部で「日産ノートe-POWERの評判は悪い」との声も挙がっていますが、なぜでしょうか?

今後、ノートe-POWERの購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事では日産ノートe-POWERの評判が悪い理由と買って後悔しないための注意点をまとめていきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

一部、評判について声が挙がっているのは事実。
なんですが、それ以上にノートe-POWERの魅力やメリットを評価する声は多いです。

特に、走行性能や静粛性の高さ、優れた収納能力については評価を得ています。

つまり、車に対する評価はユーザーによって異なるということ。
購入して後悔しないためにも、利用目的と予算を明確にしたうえで、購入を検討するのが良いといえます。

もし、日産ノートe-POWERの中古車を安心して購入したい方は「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスを利用することをおすすめします。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスのこと。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなら、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心して車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
『ズバット車販売』まずは欲しい車の条件を入力する
【公式サイト:https://www.zba.jp

日産ノートe-POWERの評判は悪い?5つの理由

なぜ、日産ノートe-POWERの評判は悪いのか?

日産ノートe-POWERの購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは具体的な日産ノートe-POWERの評判は悪い?5つの理由を解説していきます。

【理由1】内装の質感が低いから

まず1つ目の理由として多いのは「内装の質感が低いから」

ノートe-POWERの内装の質感が低いとの評判は、主に使用されている素材とその組み合わせに原因があります。

例えば、ダッシュボードやドアトリムにプラスチック素材が多用されており、その一部は硬質で安価な感触を与えるものです。具体的には、一部のレビューでは、ダッシュボードのプラスチックは触るとザラザラしており、見た目にも安っぽさを感じさせると指摘されています。また、シートの生地やステッチについても、同価格帯の競合他車種と比較して質感が劣るという意見があります。これらの素材選択は、コスト削減のために行われた可能性が高いですが、結果として内装の質感を下げ、消費者の評価を落とす一因となっています。したがって、ノートe-POWERの内装の質感が低いとの評判は、使用されている素材の質とその組み合わせによるものです。

【理由2】高速道路での実燃費が悪いから

次に2つ目の理由で多いのは「高速道路での実燃費が悪いから」

ノートe-POWERが高速道路での実燃費が悪いと評判である主な理由は、エンジンとモーターの駆動システムが高速域での効率性に最適化されていないことにあります。具体的には、この車両は市街地や一般道での低速走行時には非常に燃費が良いが、高速道路での速度域ではエンジンの負荷が増大し、それに伴い燃料消費率が上昇する傾向にあります。例えば、ノートe-POWERのカタログ燃費が23.4km/Lを超えるのに対して、市街地走行での実燃費がリッターあたり20km超えでも、高速道路走行ではリッターあたり15km程度まで低下するケースが報告されています。このような燃費の差は、同クラスの他車種と比較しても顕著であり、特に長距離を高速道路で移動するユーザーにとっては、運用コストの増加につながる要因となっています。したがって、高速道路での実燃費の悪さは、ノートe-POWERの評価を下げる一因であると言えます。

【理由3】足回りが硬めで乗り心地が悪いから

3つ目の理由が「足回りが硬めで乗り心地が悪いから」

ノートe-POWERの足回りが硬めであることが乗り心地の悪さを引き起こしています。この車種のサスペンションは、スポーティな走行感を提供するためにあえて硬めに設定されていますが、その結果、道路の凹凸がダイレクトに車内に伝わりやすくなっています。具体例として、市街地の石畳や未舗装路を走行する際、車内には小さな振動が頻竦に感じられ、長距離のドライブではこれが乗員の疲労につながることがあります。加えて、評価を行ったユーザーからは、特に後部座席において乗り心地の悪さが顕著であるとの声も上がっています。これらのフィードバックは、ノートe-POWERが家族利用や長距離移動には不向きであるという印象を与え、評判を悪化させる要因となっています。したがって、足回りの硬さは、乗り心地の悪さを生み出し、ノートe-POWERの全体的な評価に影響を与えているのです。

【理由4】一部でエアコンが効かないとの指摘があるから

4つ目の理由として「一部でエアコンが効かないとの指摘があるから」

【理由5】過去にリコール情報が報告された経緯があるから

そして5つ目の理由として「過去にリコール情報が報告された経緯があるから」

評判が悪いとは思わない?日産ノートe-POWERに乗るメリット

ここまで、日産ノートe-POWERの評判が悪い理由について触れてきました。

評判が悪い原因となる理由があるのは確か。
なんですが、日産ノートe-POWERに乗って感じたメリットがあるのも事実です。

どういった点にメリットを感じるのか?

評判が悪いとは思わない?日産ノートe-POWERに乗るメリットをご紹介します!

【メリット1】高い走行性能と静粛性

特にメリットとして感じるのは「高い走行性能と静粛性」

ノートe-POWERの最大の魅力の一つは、高い走行性能と静粛性です。

この車の進化した第2世代e-POWERシステムは、よりパワフルで効率的なモーターとインバーターを採用しています。この改良により、ノートe-POWERは加速時のレスポンスが良く、走行時の静寂性も向上しました。具体的には、このモデルのWLTCモードにおける燃費性能は28.4km/Lに達し、エンジンの存在を感じさせないほど静かな走行が可能です。このような特徴は、ノートe-POWERをコンパクトカー市場において際立たせる要因となっており、ユーザーから高く評価されています。

【メリット2】優れた収納能力とシートアレンジ

ファミリー層に支持されるメリットが「優れた収納能力とシートアレンジ」

ノートe-POWERの大きな魅力の一つは、その優れた収納能力とシートのアレンジ可能性です。

この車は、コンパクトカーでありながら、広大な荷室を提供しています。特に注目すべきは、リアシートの6:4分割可倒式デザインです。この機能により、荷室の容量を柔軟に調整し、さまざまな荷物の収納ニーズに対応できます。たとえば、4台分のスーツケースを縦置きに収納しても余裕があるほどの広さを持っています。ただし、シートを完全に倒しても荷室はフルフラットにはならず、段差が生じますが、オプションで天板付きラゲッジアンダーボックスを追加することで、フラットな荷室スペースを確保することも可能です。この収納力とシートアレンジの柔軟性は、ノートe-POWERの利便性を高める重要な要素です。

【メリット3】改善された第2世代e-POWERシステム

そして何より「改善された第2世代e-POWERシステム」

日産ノートe-POWERの第2世代e-POWERシステムは、その走行性能と燃費効率の向上により、大きなメリットを提供しています。

第2世代のe-POWERシステムでは、モーターとインバーターの改良が行われており、これにより加速時のレスポンスが向上しました。具体的には、改善されたシステムによりWLTCモードでの燃費性能が28.4km/Lに達しています。また、このシステムにより静寂性も向上しており、エンジンの存在をほとんど感じさせないほどの静かな走行が可能となっています。これらの改良により、日産ノートe-POWERはコンパクトカーでありながら、優れた走行性能と燃費効率を実現しており、ユーザーにとって大きな魅力となっています。

日産ノートe-POWERの中古購入時に後悔しないための注意点

ここまで、日産ノートe-POWERの評判を詳しく解説してきました。

なかにはノートe-POWERを、中古で購入を検討している方も多いでしょう。

しかし、新車以上に中古購入時には注意したい点があります。

日産ノートe-POWERを買って後悔しないための購入前の注意点をまとめます。

【注意点1】走行距離を確認する

まず必ずチェックしたいのが「走行距離を確認する」

ノートe-POWERの購入を検討する際には、走行距離の確認が非常に重要です。

一般的に中古車の走行距離は1年に約10,000kmが標準的な目安とされています。走行距離がこの目安を大幅に超えている場合、車の劣化が進んでいる可能性が高く、メンテナンス費用が増加するリスクがあります。逆に走行距離が非常に少ない場合は、使用されていなさすぎて車が動きづらくなっている可能性もあります。したがって、走行距離は車の状態を判断する重要な指標です。購入前には走行距離を確認し、車の使用状況を適切に評価することが、後悔しない購入への鍵となります。

【注意点2】修理歴の有無をチェックする

購入前に確認必須なのが「修理歴の有無をチェックする」

ノートe-POWERを購入する際に、修理歴の有無をチェックすることは非常に重要です。

修理歴がある車は、過去に事故や故障があった可能性が高く、それが将来的なトラブルの原因になることがあります。例えば、駆動部にダメージがあった場合、後日不具合が発生するリスクが高まります。特にe-POWERシステムは複雑で修理費用が高額になる可能性があるため、修理歴がある車は慎重に検討する必要があります。中古車を購入する際には、修理歴の有無を確認し、その詳細を把握することで、安心して車を選ぶことができます。

【注意点3】新車価格と中古車価格を比較する

そして何より重要なのが「新車価格と中古車価格を比較する」

ノートe-POWERを購入する際、新車価格と中古車価格を比較することは重要な判断基準の一つです。

新車価格は、車の状態が新品であること、最新の技術や装備を備えていること、メーカー保証が付いていることなどから一般的に高めに設定されています。例えば、ノートe-POWERの新車価格は約229.9万円から269.1万円の範囲です。一方、中古車は新車に比べて価格が低くなることが多く、状態や年式、走行距離によって価格が大きく変動します。中古車の価格範囲は5.9万円から319.0万円程度と幅広いです。新車と中古車の価格を比較することで、予算に応じた最適な選択が可能になります。

評判が悪いと言われても日産ノートe-POWER購入に向いてる人

ではどういった人が、日産ノートe-POWERの購入には向いているのか?

評判が悪いと言われても日産ノートe-POWER購入に向いてる人をまとめます。

【特徴1】エコドライブを重視する人

まず1つ目の特徴が「エコドライブを重視する人」

日産ノートe-POWERはエコドライブを重視する人に最適な車です。

理由は、このモデルが持つ高い燃費効率にあります。具体的に、第2世代e-POWER搭載のノートe-POWERのWLTCモードにおける燃費は28.4km/Lと、一般的なガソリン車と比較して非常に優れています。これは、e-POWERシステムがエンジンで発電し、その電力でモーターを駆動することにより、燃料消費を抑えながら効率的な走行が可能であるためです。このようなシステムにより、日産ノートe-POWERは環境に優しい運転を実現し、燃費を気にするドライバーにとって魅力的な選択肢となっています。

【特徴2】静かな運転環境を好む人

次に2つ目の特徴が「静かな運転環境を好む人」

静かな運転環境を好む人には、日産ノートe-POWERが特に適しています。

この車のe-POWERシステムは、エンジンで発電してモーターを動かす仕組みにより、従来のガソリン車と比べて非常に静かな運転環境を提供します。特に、エンジン制御の最適化によって、エンジン騒音が大幅に抑えられています。また、新型ノートe-POWERでは、先代モデルと比較して最大トルクや最高出力が向上しながらも、エンジンの回転数を低く抑えることで静寂性が高められています。このため、都市部の運転や高速道路での長距離運転でも、静かで快適なドライビング体験が得られます。静かな車内環境を重視するドライバーにとって、日産ノートe-POWERは理想的な選択と言えるでしょう。

【特徴3】最新技術に興味がある人

そして3つ目の特徴が「最新技術に興味がある人」

最新技術に興味がある人にとって、日産ノートe-POWERは魅力的な選択肢です。

日産ノートe-POWERの特徴であるe-POWERシステムは、エンジンで発電して電気モーターで走行する独自のハイブリッドシステムです。このシステムは、従来のハイブリッド車とは異なり、エンジンは直接車輪を駆動せず、発電専用として機能します。この技術により、燃費の効率化と静かな運転環境が実現されています。また、日産ノートe-POWERは、運転支援システム「プロパイロット」を含む先進の安全技術も搭載しており、これらの最新技術に関心がある方には、非常に魅力的な車種と言えるでしょう。自動車技術の進化を実感しながら快適なドライビングを楽しむことができます。

【安心】日産ノートe-POWERの新車に賢く乗る後悔しない方法

ここまで、日産ノートe-POWERの評判と購入に向いてる人の特徴をまとめてきました。

日産ノートe-POWERも魅力的なメリットがある反面、デメリットに感じる機能や性能はあります。

ニーズに合致しない車を買ってしまえば、多くは「後悔」することになりかねません。
また、購入するにも「初期費用」と、その後の車の維持管理(車検・メンテナンスや保険など)として「維持費」がかかります。

購入するだけでもリスクなのに、買った後に「なんか違う。。」とニーズに合わない車なら後悔してもしきれませんよね。

でも実は、日産ノートe-POWERの新車に賢く乗る後悔しない方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「カーリース」

車のサブスクとも呼ばれる、定額で新車を持てるサービスのこと。
カーリースなら、車購入にかかる以下の費用がすべてコミコミで「月1万円台から」新車を持つことが可能です。

これら費用がぜんぶコミコミで新車を月1万円台から持てる!

  • 車両本体価格
  • 自賠責保険料
  • 自動車税(種別割)
  • 環境性能割
  • 重量税
  • 消費税
  • 車両登録費用
  • 納車費用
  • 車検・メンテ代
  • 各種手数料

気になる車を「お試しで」乗るのにも最適。
車購入のリスクを最大限回避して、新車が持てる後悔しない方法だといえます。

そして、カーリースの中でも特におすすめのサービスが「定額カルモくん

定額カルモくんは、国内No.1カーリース3冠を獲得。
頭金・ボーナス払い0円!車検・税金もコミでずっと定額で新車が持てるカーリースサービスです。

また、万一の故障にも、修理費上限なしで、365日24時間故障受付対応しているので、安心してカーライフを楽しむことができます。

「車を購入するリスクを最小限に抑えたい!」
「初期費用だけでなく維持費も抑えて、賢く欲しい車に乗りたい!」

上記のような、賢く合理的に車を運転したい方におすすめのサービスとなっています。

\最大3万円分のギフトカードが当たる!/
『定額カルモくん』まずはお試しで審査に申込む
【公式サイト:https://carmo-kun.jp

【Q&A】評判が悪いと囁かれる日産ノートe-POWERのよくある質問

最後に評判が悪いと囁かれる日産ノートe-POWERのよくある質問をまとめます。

【質問1】e-POWERの欠点は何ですか?

「e-POWERの欠点は何ですか?」

日産ノートe-POWERの欠点は、高速道路での実燃費が期待よりも悪いこと、内装の質感が低いことなどが挙げられます。

高速道路での燃費は、市街地走行時に比べて明らかに劣るとユーザーから指摘されており、リッターあたりの走行距離が減少します。内装に関しては、使用されている素材の質感が他の同クラス車種と比較して劣っているとの声が多く、特にダッシュボードやドアトリムのプラスチックが安価な印象を与えます。これらの点は、日産ノートe-POWERの使用経験を損なう主要な要因となっているのです。

【質問2】日産ノートe-POWERは何キロ走る?

「日産ノートe-POWERは何キロ走る?」

日産ノートe-POWERの総走行距離は、使用状況やメンテナンスの頻度に大きく依存しますが、適切な管理下では200,000キロメートルを超える長寿命が期待できます。

この車種は、独自の電動パワートレイン「e-POWER」システムを搭載しており、エンジンを発電用として使用し、実際の走行はモーターが行うため、従来の内燃機関車に比べて駆動系の摩耗が少ないという特徴があります。実際に、日産はe-POWER技術により、エンジンとモーターの負荷を最適化しており、これが長期的な耐久性に寄与しています。しかし、定期的なメンテナンスと適切な使用が前提であり、この条件を満たすことで長い走行距離を実現することができるのです。

【質問3】e-POWERとハイブリッドの燃費はどちらがいいですか?

「e-POWERとハイブリッドの燃費はどちらがいいですか?」

結論、e-POWERシステムと従来のハイブリッドシステムでは、燃費性能に違いがあります。

e-POWERは電動モーターのみで駆動し、エンジンは発電用として使用されるため、特に市街地走行や低速時において効率的です。一方、従来のハイブリッドシステムは、エンジンとモーターを状況に応じて切り替えて駆動するため、高速道路走行などではエンジンの効率が良くなります。具体的に、e-POWER搭載車は市街地でのリッターあたり25kmを超える燃費を実現することが報告されていますが、高速道路走行では20km前後に低下することがあります。従来のハイブリッド車は、これらの条件下でも比較的一定の燃費効率を維持します。したがって、走行環境によってe-POWERとハイブリッドの燃費の良さが異なり、市街地中心の運転ではe-POWER、高速道路が多い場合は従来のハイブリッドが有利と言えます。

【質問4】ノートe-powerのバッテリー劣化は早い?交換頻度はどれくらい?

「ノートe-powerのバッテリー劣化は早い?交換頻度はどれくらい?」

日産ノートe-POWERのバッテリー劣化は、一般的なハイブリッド車と比較して早いという印象はありません。

実際に、日産はe-POWERシステム用のバッテリーについて、長期間の使用を見越して耐久性の高い設計を採用しています。具体的な交換頻度に関しては、バッテリーの状態は使用状況や環境によって大きく異なりますが、一般的には約10年または走行距離が10万キロメートルを超えた頃に交換を検討するケースが多いとされています。もちろん、定期的な点検によりバッテリーの状態を確認し、必要に応じてメンテナンスを行うことで、さらに長いバッテリー寿命を保つことが可能です。したがって、日産ノートe-POWERのバッテリー劣化は適切な管理下では早くないと言え、交換頻度も適正な範囲内にあると結論付けられます。

【質問5】日産ノートe-powerのエアコンが効かないってホント?

「日産ノートe-powerのエアコンが効かないってホント?」

日産ノートe-POWERのエアコンに関する効きが悪いという報告は、一部のユーザーから寄せられていますが、全体的な問題とは言えません。

エアコンの効きには、外気温や車内の温度、使用状況など多くの要因が影響します。特に高温多湿の日本の夏場では、どの車種でもエアコンの負荷が増大し、冷却効率が低下する傾向にあります。日産ノートe-POWERにおいても、長時間の停車時や連続使用時には、エアコンの冷却性能が落ちることが報告されていますが、これは車種特有の問題ではなく、一般的な現象です。定期的なメンテナンスとフィルターの清掃、冷媒ガスの補充などを適切に行うことで、エアコンの性能を保つことができます。したがって、日産ノートe-POWERのエアコンが効かないという声は、個別のケースに基づくものであり、適切な対策とメンテナンスにより改善が見込めると言えます。

まとめ:日産ノートe-POWERの評判が悪いと言われる理由と注意点

日産ノートe-POWERの評判が悪いと言われる理由と注意点をまとめてきました。

改めて、日産ノートe-POWERの評判が悪いと言われる理由をまとめると、

日産ノートe-POWERの評判が悪いと言われる理由

  • 内装の質感が低いから
  • 高速道路での実燃費が悪いから
  • 足回りが硬めで乗り心地が悪いから
  • 一部でエアコンが効かないとの指摘があるから
  • 過去にリコール情報が報告された経緯があるから

一部、評判について声が挙がっているのは事実。
なんですが、それ以上にノートe-POWERの魅力やメリットを評価する声は多いです。

特に、走行性能や静粛性の高さ、優れた収納能力については評価を得ています。

つまり、車に対する評価はユーザーによって異なるということ。
購入して後悔しないためにも、利用目的と予算を明確にしたうえで、購入を検討するのが良いといえます。

もし、日産ノートe-POWERの中古車を安心して購入したい方は「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスを利用することをおすすめします。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスのこと。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなら、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心して車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
『ズバット車販売』まずは欲しい車の条件を入力する
【公式サイト:https://www.zba.jp