ジープラングラーは後悔する車?維持できないから?評判と買って後悔しないための対策

「ジープラングラーは後悔する車ってホント?」

「ラングラーの評判は?買って後悔しないための対策は何かない?」

オフロード性能を重視した「ラングラー」
安定した走りとアイコニックなデザインは、乗る者の感性に訴える人気の一台です。

そんなラングラーについて、「ジープラングラーは後悔した」との声も聞かれますが、本当でしょうか?

本記事では、ジープラングラーは後悔すると言われる理由と評判や買って後悔しないための対策を詳しく解説していきます!

【結論】ジープラングラーは後悔する車?

ジープラングラーは後悔する車なのかどうか?

気になる結論ですが、ジープラングラーについての購入後の後悔に関しては、購入者の期待と使用目的に大きく左右されるということ。なぜなら、どんなに魅力ある車であっても向き不向きはあるから。

ジープラングラーはその独特のデザインとオフロード性能で知られており、アウトドア活動や冒険を好む人々には非常に魅力的な選択肢となります。特に、堅牢な構造と高い走破性能は、山間部や未舗装の道路を頻繁に走行する場合に真価を発揮します。

一方で、ジープラングラーは燃費の面で不利であり、都市部での日常使いにはあまり適していないかもしれません。また、比較的固い乗り心地や騒音の問題もあり、長距離のドライブや静かで快適な車内を求めるユーザーには向かないかもしれません。これらの特性を理解せずに購入すると、使い勝手が思ったよりも悪かったり、維持費がかかりすぎたりという理由で後悔することになるかもしれません。

したがって、ジープラングラーを購入するかどうかの決断は、購入者自身のライフスタイルや車に対する期待をしっかりと考慮した上で行うべきです。オフロードや冒険を楽しむことが主な目的であれば、ジープラングラーは非常に満足のいく選択となりえますが、日常の通勤や家族での使用を主な目的としている場合には、他の選択肢も検討した方が良いでしょう。

今すぐジープラングラーを買って後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。安心して購入できる方法があります。

ジープラングラーは後悔すると言われる5つの理由

では、ジープラングラーを買って後悔した理由は何なのか?

具体的なジープラングラーは後悔すると言われる5つの理由について深掘りして考察していきます。

【理由1】燃費が悪すぎるから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「燃費が悪すぎるから」

ジープラングラーの燃費が悪いという点は、購入を後悔する原因の一つです。この車はオフロード性能を重視した設計であり、それが燃費の悪化につながっています。例えば、ジープラングラーの燃費は市街地走行でおよそ6.1km/L、高速道路走行でも11.0km/L程度とされており、これは同クラスの他のSUVと比較しても明らかに低い数値です(出典:Jeep Wrangler「諸元表」)。

加えて、ジープラングラーは車両重量が重く、空気抵抗の大きいデザインであるため、燃料効率はさらに悪化します。たとえば、重い車体は加速時や坂道での燃料消費を増加させ、広いフロントグリルは高速走行時の空気抵抗を大きくしてしまいます。

このように、ジープラングラーの燃費の悪さは、その設計と機能に起因しています。日常使用で燃料コストを重視する方には、燃費の悪さが購入後の満足度を下げる要因となるでしょう。

【理由2】乗り心地が硬いから

次に2つ目の理由として挙げられるのは「乗り心地が硬いから」

ジープラングラーの乗り心地が硬いことは、購入後に後悔する原因の一つとされています。この車種はオフロード性能に特化して設計されているため、非常に堅牢なサスペンションを採用しています。このサスペンションは、岩場や不整地での走行を可能にするが、都市部や平坦な道路での運転では、その硬さが顕著に感じられます。

具体的には、ジープラングラーは衝撃吸収のための柔軟性を犠牲にしているため、小さな段差でも車内に強い振動が伝わりやすくなっています。この結果、長時間の運転や高速道路での使用では、乗り心地の悪さがストレスや疲労の原因となります。

したがって、日常的な通勤や長距離のドライブを主な用途とする方にとって、ジープラングラーの硬い乗り心地は購入を検討する際の重要なデメリットとなります。

【理由3】収納スペースは限定的だから

3つ目の原因として「収納スペースは限定的だから」

ジープラングラーの収納スペースが限定的であるため、多くのユーザーが購入を後悔する可能性があります。この車はオフロード走行の性能を最優先に設計されており、その結果、内部スペースが犠牲になっています。特に、ジープラングラーのカーゴエリアは他の同クラスSUVと比較して狭く、標準的なモデルで約365リットルの容量しかありません(後席を折りたたむと荷室容量は増えます)。

日常生活での具体例として、大きな荷物を頻繁に運ぶ家族やアウトドア活動が趣味の人々には、この収納容量では不十分であることが多いです。たとえば、大型のスーツケースやキャンプ用品を積む場合、収納スペースが足りず、別の車両を使うか、荷物を選別しなければならない状況が発生します。

そのため、収納スペースの広さを重視するユーザーにとって、ジープラングラーは購入後に不便を感じる原因となり得ます。

【理由4】視界が悪くて運転しにくいから

4つ目の理由として挙げられるのは「視界が悪くて運転しにくいから」

ジープラングラーの視界が悪いことは、運転しにくさを感じさせ、購入後に後悔する要因となります。ジープラングラーはその特徴的なボックス型デザインとオフロード向けの造りから、Aピラーが太く、窓が小さいため、特に交差点での横方向や後方の視界が制限されます。具体的には、都市部での運転時に隣接する車両や歩行者が見えにくく、車線変更や駐車時に不便を感じるケースが報告されています。

さらに、リアウインドウが小さいため、バックミラーでの後方確認が困難になることも多いです。このような視界の問題は、特に狭い道路や混雑した市街地での運転において、安全性に影響を及ぼす可能性があります。

したがって、日常的に都市部で使用する場合、ジープラングラーの視界の悪さは、運転のストレス増加につながる可能性が高く、購入を慎重に考えるべき点です。

【理由5】価格が高くて維持できないから

そして5つ目の理由として「価格が高くて維持できないから」

ジープラングラーの価格が高く、維持が難しいことは購入を後悔する原因となります。ジープラングラーは初期購入価格が他の同クラスのSUVと比較しても高価であり、特に日本市場においては輸入車のため追加の税金や手数料がかかります。例えば、新車の場合、価格は870万円から設定されており、4xeの価格は1,000万円超えと非常に高価な価格帯となっています。

さらに、オフロード用の強化部品や専門的なメンテナンスが必要となるため、維持費も他の車種より高くなります。具体的には、定期的な部品交換や特殊な潤滑油の使用が必要であり、これらのコストは年間で数十万円に上る可能性があります。

このため、ジープラングラーの高い購入価格と維持費は、経済的な負担が大きいと感じるユーザーにとって、購入後に後悔する理由となるでしょう。

今すぐジープラングラーを買って後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。安心して購入できる方法があります。

後悔してない!ジープラングラーの良い評判

ここまで、ジープラングラーは後悔すると言われる理由について考察してきました。

後悔した声があるのは事実です。
とはいえ、すべてのユーザーが後悔しているとも限りません。

ジープラングラーにもメリットや運転する魅力がつまっています。

ここからは、後悔してない!ジープラングラーの良い評判についてもご紹介します!

【評判1】優れたオフロード性能で安定した走りを実現!

まず1つ目の魅力的な点が「優れたオフロード性能で安定した走りを実現!」

ジープラングラーはその優れたオフロード性能によるパフォーマンスの高さで、多くの愛好者から高い評価を受けています。この車は特に、頑丈なフレームと高性能な4WDシステムを備えており、険しい地形でも安定した走行が可能です。例えば、ジープラングラーはアプローチアングル44度、デパーチャーアングル37度の設計により、急な斜面や大きな障害物を乗り越える能力に優れています(出典:Jeep Japan「4×4 Experience」)。

さらに、渡河性能は最新モデルで762mmに達し、深い水たまりや小川も容易に渡ることができます。このような機能は、冒険好きのドライバーにとって、自然の中でのドライブをより楽しむための必須条件です。

このため、オフロードの機能性を重視するドライバーにとって、ジープラングラーは最適な選択肢と言えます。安定した走りと高い地形適応力により、アウトドア活動が格段に楽しめます。

【評判2】アイコニックなデザインが存在感を引き立たせる!

次に2つ目の魅力が「アイコニックなデザインが存在感を引き立たせる!」

ジープラングラーはそのアイコニックなデザインで注目を集め、所有者にとって誇りの源となっています。この車のデザインは、第二次世界大戦中の軍用車両に由来しており、七枚のフロントグリルと丸いヘッドライトが特徴です。これらのデザイン要素は、時代を超えても変わらず、クラシックな外観と現代的な機能が融合しています。

例えば、最新モデルのジープラングラーでは、これらの伝統的な要素を保ちつつ、LEDライトやモダンなボディカラーが加わり、古典と現代のバランスを見事に示しています。このようなデザインは、街中での存在感だけでなく、オフロードの場でもひときわ目立つことができます。

このため、ジープラングラーのデザインは、多くの愛好家にとってただの車以上の価値を持っています。その独特の外観が、所有者の個性と冒険心を表現しています。

【評判3】多彩なカスタマイズが可能で独自の一台を作れる!

3つ目の外せない魅力が「多彩なカスタマイズが可能で独自の一台を作れる!」

ジープラングラーは多彩なカスタマイズが可能で、オーナーが自分だけの個性的な車を作り上げることができます。この車は、幅広いアフターマーケットパーツが利用可能であり、外装から内装、性能向上のアップグレードまで自由自在です。

例えば、外装には異なるタイプのバンパーやウィンチ、オフロード用の大型タイヤとリフトキットが設置可能です。インテリアでは、高級レザーシートや最新のオーディオシステムへの変更が可能です。さらに、エンジンのパワーアップやサスペンションの強化も行え、より激しいオフロードの冒険に対応します。

このように、ジープラングラーはオーナーのライフスタイルや好みに合わせて、数多くのカスタマイズが楽しめる車です。このカスタマイズの自由度が、ジープラングラーの大きな魅力となっています。

【評判4】強固な耐久性で長期間にわたって高い性能を維持!

4つ目の魅力として「強固な耐久性で長期間にわたって高い性能を維持!」

ジープラングラーは強固な耐久性を持ち、長期間にわたって高い性能を維持することで知られています。この車は、厳しいオフロード条件に耐えうる設計が施されており、高品質な素材と頑丈な構造がその耐久性を支えています(出典:安全性|Wrangler(ラングラー))。

具体的な例として、ジープラングラーのシャーシは厚い鋼板で強化されており、エンジンやトランスミッションも、過酷な環境下での使用を想定した耐久性の高い設計がなされています。また、オフロードでの頻繁な衝撃や振動に耐えるために、サスペンションシステムも特別に強化されています。

このため、ジープラングラーは多くのオフロード愛好者や冒険家に支持されており、長年にわたって信頼性の高いパフォーマンスを提供し続けることができます。その耐久性が、ジープラングラーの魅力の一つとなっています。

【評判5】四季を通じての走る楽しみがプラングラーにはある!

そして何よりメリットに感じるのが「四季を通じての走る楽しみがプラングラーにはある!」

ジープラングラーは四季を通じて様々なドライビングの楽しみを提供します。特に、リムーバブルなルーフとドアの設計は、夏にはオープンエアの走行を楽しむことができ、冬場でも四輪駆動システムが雪道での安定した走行を支えます。

夏季には、ルーフとドアを取り外し、開放的なドライブを楽しむことができる一方、冬季には強力なヒーターシステムと高い車高で深雪をも容易に乗り越えることが可能です。また、春の花見や秋の紅葉狩りの際には、その四輪駆動能力を活かして自然の中へ深く入ることができます。

このように、ジープラングラーは各季節の特徴を最大限に活かす設計がされており、一年中多様なアウトドア活動を楽しむことができます。四季を通じたドライビングの楽しみが、ジープラングラーの大きな魅力となっています。

今すぐジープラングラーを買って後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。安心して購入できる方法があります。

ジープラングラーを買って後悔する人の特徴

ここまで、ラングラーの評判を詳しくご紹介してきました。

では、どういった人がラングラーを買うと後悔してしまうのか?

具体的なジープラングラーを買って後悔する人の特徴についてまとめます。

【特徴1】燃料費や維持費を抑えたい人

まず1つ目の特徴として「燃料費や維持費を抑えたい人」

ジープラングラーを購入して後悔する可能性が高いのは、燃料費や維持費を抑えたい人です。この車はオフロード性能を重視しているため、市街地での燃費は約6.1km/Lと低く、燃料費が高くつきます。また、ジープラングラーの耐久性の高い構造や専用部品は、一般的な車種よりも高価で、定期的なメンテナンスや部品交換が必要になるため、維持費も増大します。

したがって、燃料効率が良く、維持費が低い車を求める人には、ジープラングラーは不向きな選択肢となります。

【特徴2】大家族や多数の人を乗せて運転する予定のある人

次に2つ目の特徴として「大家族や多数の人を乗せて運転する予定のある人」

ジープラングラーを購入して後悔する可能性が高いのは、大家族や多数の人を頻繁に乗せる予定のある人です。ジープラングラーは主に5人乗りであり、他の多くのSUVに比べて室内空間が狭く、特に後部座席の足元のスペースが限られています。例えば、長時間のドライブや家族旅行の際に、後部座席に大人が3人座ると窮屈さを感じることがあります。

したがって、定期的に多人数を快適に運ぶ必要がある人にとって、ジープラングラーは最適な選択ではありません。

今すぐジープラングラーを買って後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。安心して購入できる方法があります。

【特徴3】日常の通勤や市街地での運転に向いてる車を探している人

そして3つ目の特徴として「日常の通勤や市街地での運転に向いてる車を探している人」

ジープラングラーは日常の通勤や市街地での運転には向いていないため、そのような用途を考えている人は購入後に後悔する可能性が高いです。この車はオフロード性能を最優先に設計されており、燃費が非常に悪く、市街地での燃料コストが高くなります。例えば、ジープラングラーの市街地走行での燃費は約6.1km/Lであり、他のコンパクトSUVと比較しても劣っています。

したがって、燃費効率の良い車や小回りが利く車を求める人には、ジープラングラーは適切な選択ではありません。

【安心】ジープラングラーを買って後悔しないための対策

ここまで、ジープラングラーの後悔理由と評判をまとめてきました。

すでに購入を決めている方も多いでしょう。
でも、買って後悔したくないし、新車購入はハードルが高いから躊躇してしまいますよね。

中古車を選ぶにしても、どれが良い車なのか?状態もわからないし、そもそも調べ方がわからない。

  • できるだけ新しい中古車が欲しい。
  • 新車と比べると保証が少なそうで不安。
  • 中古車の状態がいいのか判断できない。
  • 欲しい車がなかなか見つからないし、時間もかかる。

実は、上記のような悩みに応えるジープラングラーを買って後悔しないための対策があります!

その対策というのが、ネットに出ない非公開車両を提案してくれる「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスを利用すること。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスです。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなんて、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心してジープラングラーの中古車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
『ズバット車販売』まずは欲しい車の条件を入力する
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】後悔すると囁かれるジープラングラーのよくある質問

最後に後悔すると囁かれるジープラングラーのよくある質問をまとめます。

【質問1】ジープが人気なのはなぜですか?

「ジープが人気なのはなぜですか?」

ジープラングラーが人気なのは、その独特のデザインと優れたオフロード性能によるものです。

ジープは、1941年に米軍兵士をサポートするために生まれた車両としての歴史があり、アウトドア愛好者や冒険を好む人々に強い魅力を放っています。特に、リムーバブルなルーフやドア、高い走破性を誇る四輪駆動システムなど、他の車種にはない特徴が多く、オフロードやキャンプなどのアクティビティに最適です。

このため、ジープラングラーはデザインと機能の両面で独特の地位を確立し、多くのファンを持っています。

【質問2】ラングラー2000ccの評価は良い?

「ラングラー2000ccの評価は良い?」

ジープラングラー2000ccモデルの評価は一般的に良いとされています。

このモデルは、適度な排気量でありながら十分なパワーと燃料効率を提供します。具体的に、2000ccのターボエンジンは、力強いトルクを発揮し、市街地からオフロードまで幅広い環境での運転に対応しています。また、このエンジンは従来のより大排気量のエンジンに比べて燃費が若干改善されており、燃料経済性に関心があるユーザーからの評価も高いです。

したがって、パフォーマンスと燃料効率のバランスを求めるドライバーにとって、ジープラングラー2000ccは非常に魅力的な選択肢です。

【質問3】ジープラングラーは雨漏りするってホント?

「ジープラングラーは雨漏りするってホント?」

ジープラングラーに雨漏りの問題があるとの報告は一部に存在しますが、これは全てのモデルや個体に当てはまるわけではありません。

ジープラングラーはリムーバブルなルーフやドアが特徴で、その取り付けの精度によっては雨水の侵入を招くことがあります。例として、特にハードトップモデルでは、シールが正しく設置されていない場合や経年劣化により、雨漏りのリスクが増すことが報告されています。

したがって、ジープラングラーを購入する際は、ルーフシステムの状態を確認し、必要に応じてメンテナンスを行うことが重要です。

【質問4】ジープラングラーは何年乗れる車ですか?

「ジープラングラーは何年乗れる車ですか?」

ジープラングラーはその耐久性の高さから、長期間にわたって使用することが可能です。

この車は頑丈な構造と耐久性のある部品で知られており、適切なメンテナンスを行えば10年以上の使用も珍しくありません。実際に多くのオーナーが、15年から20年以上ジープラングラーを愛用している例も多く、適切なケアと定期的な点検を行うことで長く乗り続けることができます。

このため、ジープラングラーは耐久性を重視するドライバーにとって非常に魅力的な選択肢です。適切なメンテナンスを心がければ、長期間にわたる信頼性の高いパフォーマンスを期待できます。

【質問5】ラングラーの維持費はいくらですか?

「ラングラーの維持費はいくらですか?」

ジープラングラーの維持費は、その耐久性とオフロード用の装備を考慮すると、比較的高額になることが一般的です。

年間の維持費は通常、10万円から20万円の範囲内ですが、これには保険、税金、定期的なメンテナンスや部品交換の費用が含まれます。具体的には、オフロードでの使用が多い場合や、カスタマイズを施している場合は、これらのコストがさらに増加する可能性があります。特にタイヤやサスペンションの部品は消耗が激しく、交換頻度が高くなることが考えられます。

したがって、ジープラングラーの維持費には注意が必要です。計画的なメンテナンスと予算管理が求められます。

【質問6】ジープラングラーを維持するのに必要な年収はどれくらい?

「ジープラングラーを維持するのに必要な年収はどれくらい?」

ジープラングラーを維持するために必要な年収は、その維持費を快適に支払うことができる程度になるべきです。

維持費には年間10万円から20万円が必要とされ、これに加えて燃料費や可能な修理費も考慮する必要があります。例えば、月々の燃料費が2万円、年間の保険料が数万円、その他のメンテナンス費用を加えると、年間で合計30万円から50万円の出費が見込まれる場合が多いです。

このため、ジープラングラーを快適に維持するためには、年収にして少なくとも300万円以上が望ましいと考えられます。この金額であれば、車関連の出費が家計に大きな負担となることなく、安心してジープラングラーを楽しむことが可能です。

まとめ:ジープラングラーを買って後悔した理由と良い評判

ジープラングラーを買って後悔した理由と良い評判をまとめてきました。

改めて、ジープラングラーは後悔すると言われる理由をまとめると、

ジープラングラーは後悔すると言われる理由

  • 燃費が悪すぎるから
  • 乗り心地が硬いから
  • 収納スペースは限定的だから
  • 視界が悪くて運転しにくいから
  • 価格が高くて維持できないから