マツダ車が「やめとけ」と言われる理由とは?デメリットや他社比較から考察

「マツダ車はやめとけってホント?」

「なぜやめとけ?デメリットや他社と比較するとどうなの?」

マツダ車の購入を検討しているけれど、「やめとけ」という声を耳にして悩んでいませんか?

燃費が悪い、ハイオクガソリン仕様で維持費が高い、さらには中古市場での評価が低いなど、不安材料が多くて迷ってしまいますよね。この記事では、マツダ車に対するさまざまな懸念点について詳しく解説し、あなたの不安を解消します。

「マツダ車 やめとけ」という声の真相を知り、納得のいく選択をするための情報を提供します。続きを読んで、マツダ車の実態を確認しましょう。

車を「最高値で売却」する方法とは?

乗らなくなった車、できれば高値で売りたいですよね。

でも実際は、
「売るために、車を買取店に持ち込まないといけないから面倒くさい」
「一括査定を利用しても、複数の買取店から電話が来るので対応が大変」
「査定額に納得できず断ると、しつこく交渉してくる店もありそうで不安」

このような悩みや不安があって、売却に踏み切ることを諦める人も少なくありません。

でも実は、ネットで査定額を簡単に一斉表示してくれる新しい一括車買取査定があります。

それが、最大20社が競い合って査定額を比較できる「MOTA」と呼ばれる車買取サービス

✅車買取サービス「MOTA」を利用するメリット

  • ネットで査定額が一斉表示されるから、比較がしやすい!
  • 1日で最大20社の査定が到着するから、すぐに査定額がわかる!
  • 高値の買取店とだけ交渉できるから、効率的に高値売却が可能!

あなたの愛車を複数社がオンライン査定。翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示されます。

まずは査定額を確認したい方、少しでも高値で車を売却したい方に、おすすめのサービスです。

\45秒で入力完了!/
まずは無料の査定依頼をして査定額を確認する
査定結果は申込み翌日18時に無料でお知らせ】

マツダ車が「やめとけ」と言われる理由

マツダ車に対する評価は様々ですが、特に「やめとけ」と言われる理由については多くの声が聞かれます。ここでは、その具体的な理由とそれに対する解説を行います。

燃費が悪いと感じる声

マツダ車に関する一つの大きな懸念は、燃費の問題です。多くのユーザーが燃費が悪いと感じています。例えば、一般的な家庭用車の燃費が15km/L程度であるのに対し、マツダ車はそれに達しないモデルもあります。このため、燃料費がかさみ、家計に負担を感じることが多いです。

まず、マツダ車の燃費性能が他社と比較して劣る理由として、エンジンの効率が挙げられます。他メーカーのハイブリッドシステムに対抗するためにスカイアクティブ技術を導入していますが、実際の走行条件では理論値通りの燃費を達成しにくい場合があります。これにより、燃費が期待ほど良くないという不満が生じています。

例えば、カローラやフィットなどの燃費が良い車と比較すると、年間の燃料費で数万円の差が出ることがあります。この差が積もり積もると、長期的には家計に大きな影響を与えます。このように、燃費性能が悪いと感じる声は、マツダ車の購入を躊躇させる要因となっています。

エンブレムがダサいと不評

次に、マツダ車のエンブレムについての評価です。エンブレムは車のブランドイメージを象徴する重要な要素ですが、マツダのエンブレムは一部のユーザーから「ダサい」と評されています。特に若年層やデザインに敏感な層からは、そのデザインが古臭く見えるという意見があります。

エンブレムがダサいと感じる理由は、そのデザインが時代遅れに感じられることや、他の高級車ブランドと比較して見劣りすることが挙げられます。例えば、メルセデスやBMWのエンブレムが洗練された印象を与えるのに対し、マツダのエンブレムはシンプルすぎて個性がないと感じる人が多いです。

これにより、車自体の評価にも影響を与え、マツダ車を選択肢から外す原因となることがあります。エンブレムのデザインは一見すると小さな要素ですが、実際には消費者の購買意欲に大きな影響を与えることがあるのです。

故障が多いとの報告

マツダ車に対しては、故障が多いという報告も少なくありません。特に長期間使用した場合の耐久性に疑問を持つユーザーが多いです。故障が多いと感じる要因としては、部品の品質や設計上の問題が考えられます。

例えば、エンジンやトランスミッションのトラブルが頻発するという報告があります。これにより、修理費用がかさみ、維持コストが高くなることが懸念されます。また、マツダ車の故障報告は消費者レビューや口コミサイトでも多く見られます。これらの情報は購入を検討している人々にとって大きなマイナスポイントとなります。

故障が多いと感じることは、車の信頼性に対する不安を生み、結果として「やめとけ」という声が増える要因となります。信頼性の向上はマツダにとっての課題であり、消費者の信頼を取り戻すためには、品質改善が求められます。

中古車市場での評価が低い

中古車市場において、マツダ車の評価が低いことも「やめとけ」と言われる理由の一つです。中古車の価値は需要と供給のバランスや車両の状態に左右されますが、マツダ車は他メーカーに比べて値崩れが早い傾向があります。

例えば、同じクラスのトヨタ車やホンダ車と比較すると、マツダ車の下取り価格は低く設定されることが多いです。これにより、売却時の損失が大きくなる可能性があります。中古車市場での評価が低い理由として、信頼性や耐久性に対する懸念が挙げられます。

このように、中古車としての価値が低いことは、初めてマツダ車を購入する際にも重要な判断材料となります。将来的な資産価値を考慮する消費者にとって、リセールバリューの低さは大きなマイナスポイントとなり得ます。

車内空間が狭いと感じる人が多い

最後に、マツダ車の車内空間に関する不満も「やめとけ」と言われる理由の一つです。特にファミリーカーとして使用する場合、車内の広さは重要な要素となりますが、マツダ車は他メーカーと比較して車内空間が狭いと感じる人が多いです。

例えば、日産のセレナやトヨタのアルファードなど、広い車内空間を提供する競合車種と比較すると、マツダ車はその点で劣ることが指摘されています。特に後部座席や荷室のスペースが限られているため、長距離の旅行や多人数での移動には不向きと感じるユーザーが多いです。

車内空間が狭いと感じることは、快適性に直接影響を与え、購買意欲を削ぐ要因となります。特にファミリー層にとっては、広い車内空間は車選びの重要なポイントであるため、この点はマツダ車の弱点として認識されています。

マツダ車のメンテナンスにかかる手間と費用

マツダ車は性能やデザインに魅力がある一方で、メンテナンスにかかる手間と費用が他のメーカーと比べて高いという声が多く聞かれます。ここでは、具体的なメンテナンスに関する課題と、それに伴うコストについて詳しく解説します。

定期的なエンジンチェックが必要

マツダ車は高性能なエンジンを搭載しているため、定期的なエンジンチェックが欠かせません。このチェックは、エンジンの健康状態を維持し、長寿命を保つために必要です。しかし、これがユーザーにとっては手間と感じることが多いです。

例えば、マツダ車のスカイアクティブエンジンは、高い燃費性能を誇りますが、これを維持するためには定期的なオイル交換やエアフィルターの交換が必要です。一般的に、エンジンオイルの交換は5000kmごとに推奨されていますが、マツダ車の場合、3000kmごとに交換することが推奨される場合もあります。この頻度の違いが、他の車と比較してメンテナンスに手間がかかると感じる原因です。

さらに、定期的な点検を怠ると、エンジンのパフォーマンスが低下し、燃費の悪化や故障のリスクが高まります。このため、マツダ車のオーナーは定期的なエンジンチェックを怠らないよう注意する必要があります。

部品の交換頻度が高い

マツダ車の特徴として、部品の交換頻度が高いことが挙げられます。特に消耗品の交換頻度が他メーカーと比較して多いと感じるユーザーが多いです。これにより、メンテナンスの手間とコストが増加します。

例えば、ブレーキパッドやタイミングベルトなど、定期的に交換が必要な部品の交換頻度が高いとされています。マツダ車はスポーティな走行性能を追求しているため、ブレーキの使用頻度が高く、ブレーキパッドの摩耗が早い傾向にあります。このため、他メーカーの車両に比べて交換サイクルが短くなることが多いです。

また、特定の部品に関してはマツダの純正部品を使用する必要があり、これがコスト面でも不利になる場合があります。純正部品は信頼性が高い反面、価格が高いため、交換費用が嵩むことがあります。

メンテナンスコストが他車より高い

マツダ車のメンテナンスコストは、他のメーカーの車と比較して高い傾向があります。これは、部品の交換頻度や定期的な点検の必要性が影響しています。また、ディーラーでのメンテナンスが推奨されることが多く、これがさらにコストを押し上げる要因となっています。

例えば、一般的なオイル交換の費用が他メーカーでは3000円程度で済むところ、マツダ車の場合、5000円以上かかることがあります。また、特定の修理やメンテナンスにおいて、マツダのディーラーでの作業が推奨されるため、工賃が高くなることがあります。

このように、メンテナンスコストの高さは、長期的に見て家計に負担をかける要因となります。特に、維持費を重視するユーザーにとって、マツダ車のメンテナンスコストの高さは購入をためらう理由の一つとなるでしょう。

マツダ車を購入しようと検討している方にとって、メンテナンスにかかる手間と費用は重要な考慮点です。これらの情報を元に、慎重に判断することが大切です。

マツダ車の安全性と他メーカーとの比較

マツダ車の購入を検討する際に、安全性は非常に重要な要素となります。ここでは、マツダ車の安全性について詳しく解説し、他メーカーとの比較を行います。

衝突安全性の評価

マツダ車の衝突安全性については、多くの消費者が関心を持っています。衝突安全性は、交通事故の際に乗員の命を守るための重要な指標です。マツダ車は、複数のモデルで高い衝突安全評価を受けていますが、一部のモデルについては改良の余地があります。

例えば、マツダのSUVモデルであるCX-5は、米国のIIHS(道路安全保険協会)による評価でトップセーフティピックを受賞しています。この評価は、正面衝突、側面衝突、屋根の強度、そして後部座席の安全性を基準に行われています。これにより、CX-5は高い安全性を持つ車として認識されています。

しかし、一部のコンパクトカーやセダンモデルにおいては、競合他社の同クラス車両と比較してやや評価が低い場合があります。例えば、トヨタやホンダの同クラス車両と比較すると、マツダ車の一部モデルは側面衝突テストでの評価がやや低いことが指摘されています。このため、購入を検討する際にはモデルごとの詳細な安全評価を確認することが重要です。

安全装備の充実度

マツダ車は、安全装備の充実度でも高い評価を受けています。最新のマツダ車には、さまざまな先進的な安全装備が標準装備されています。これにより、事故のリスクを減少させることができます。

例えば、マツダの「i-ACTIVSENSE」技術は、自動ブレーキシステム、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニターなど、多くの安全機能を含んでいます。これらの機能は、高速道路や市街地走行中の安全性を大幅に向上させます。特に、自動ブレーキシステムは、前方の障害物を検知し、必要に応じて自動的にブレーキをかけることで衝突を回避します。

また、最新のマツダ車には、ドライバーの疲労を検知するシステムも搭載されています。このシステムは、長時間の運転や注意力の低下を感知し、休憩を促す警告を出します。このように、マツダ車の安全装備は、運転者と乗員の安全を第一に考えた設計となっています。

他メーカーとの安全性能比較

マツダ車の安全性能を他メーカーと比較すると、総合的に高い評価を受けていますが、各メーカーにはそれぞれ強みがあります。例えば、トヨタやホンダは、全モデルにおいて高い安全評価を受けていることが多く、特にファミリーカーとしての安全性に優れています。

トヨタの「セーフティセンス」やホンダの「ホンダセンシング」は、先進的な安全装備を標準装備しており、多くのモデルが高い安全評価を受けています。これらのシステムは、衝突回避支援や車線維持支援など、ドライバーの負担を軽減し、安全性を向上させる機能を多数備えています。

一方で、マツダ車も独自の技術を駆使して高い安全性を実現していますが、モデルによっては競合他社と比較して評価が分かれることがあります。例えば、スバルの「アイサイト」は、視覚的な安全支援システムとして非常に高い評価を受けており、特に衝突回避能力において他社を凌駕することが多いです。

このように、マツダ車の安全性能は他メーカーと比較しても遜色ないものの、各メーカーごとの特徴や強みを理解した上で、最適な選択をすることが重要です。

燃費とコストを考えた場合のマツダ車のデメリット

マツダ車を購入する際には、燃費やコストについてのデメリットを理解しておくことが重要です。ここでは、マツダ車が他社と比較して劣る点や、維持費が高くなる傾向について詳しく解説します。

燃費性能が他社に劣る

マツダ車の燃費性能は、多くのユーザーにとって重要な検討材料です。しかし、他社と比較すると、マツダ車の燃費性能はやや劣ると感じる人が多いです。例えば、トヨタやホンダのハイブリッド車と比べると、マツダのガソリン車は燃費が劣ることがあります。

まず、マツダ車はエンジン性能を重視しており、特にスポーティな走行性能を提供するモデルが多いです。このため、燃費性能が多少犠牲になることがあります。具体的には、スカイアクティブエンジンの技術は高いものの、ハイブリッド技術に匹敵する燃費性能を実現するには至っていません。

例えば、マツダ3のガソリンモデルの燃費は、一般的な走行条件で約15km/Lとされています。一方、トヨタのプリウスは、同様の条件で約30km/Lを達成します。この違いは、年間の燃料費に大きな差を生みます。特に長距離を頻繁に運転するユーザーにとっては、燃費性能の違いが重要な選択基準となります。

燃費性能が他社に劣ることで、総コストの観点からもマツダ車のデメリットとなる可能性があります。このため、購入前に実際の燃費性能を確認し、維持費を計算しておくことが推奨されます。

ハイオクガソリン仕様が多い

マツダ車には、ハイオクガソリンを使用するモデルが多いこともデメリットの一つです。ハイオクガソリンは、レギュラーガソリンよりも価格が高いため、燃料費が増加する原因となります。

例えば、マツダのスポーツモデルや高性能エンジンを搭載したモデルは、ハイオクガソリンの使用を推奨しています。これにより、燃料費が1リットルあたり10円から20円程度高くなることがあります。この差が長期的に見れば、大きなコスト増となります。

また、ハイオクガソリンの使用は、エンジンの性能を最大限に引き出すために必要ですが、日常的な使用ではその恩恵を感じにくいことがあります。このため、燃料コストが気になるユーザーにとっては、マツダ車の選択を見送る理由となることがあります。

例えば、年間1万キロメートルを走行する場合、レギュラーガソリン仕様の車両と比較して、ハイオクガソリン仕様の車両では年間の燃料費が数万円高くなることがあります。これが家計に与える影響を考えると、ハイオクガソリン仕様の多さは無視できないデメリットとなります。

維持費が高くなる傾向

マツダ車は、維持費が高くなる傾向があります。これは、燃料費の他に、部品交換や定期点検のコストが影響しています。特に高性能モデルやスポーツモデルでは、維持費が高額になることが多いです。

例えば、マツダのスポーツモデルであるロードスターは、タイヤやブレーキパッドの交換頻度が高く、これが維持費の増加に繋がります。また、マツダ車の純正部品は高品質ですが、その分価格が高いことがあります。これにより、修理や部品交換の際に高額な費用が発生することがあります。

さらに、ディーラーでのメンテナンスが推奨されることが多く、これも維持費を押し上げる要因となります。例えば、定期点検やオイル交換などの基本的なメンテナンスでも、他の車種と比較して高額になることがあります。

このように、マツダ車の維持費が高くなる傾向は、購入後のランニングコストに大きな影響を与えます。購入を検討する際には、初期費用だけでなく、長期的な維持費も考慮することが重要です。

マツダ車の中古市場での評価と価値

マツダ車の中古市場での評価は、購入を検討する際に重要なポイントです。中古車の値崩れや下取り価格、買い替え時のコストについて詳しく解説します。

中古車の値崩れが早い

マツダ車は、他のメーカーと比べて中古車の値崩れが早いとされています。これは、車両の人気や市場の需要に影響されるため、購入を検討している人にとっては重要な要素です。

まず、マツダ車は新車としての魅力が高い一方で、中古市場では需要が低いため、値崩れが早い傾向にあります。例えば、3年間での平均値下がり率を見ると、マツダ車は他の主要メーカーと比較して高いことが多いです。このため、購入後の資産価値を考えると、マツダ車はリスクが高いと感じる人が多いです。

具体的には、マツダ3の新車価格が約300万円とすると、3年後の中古市場での平均価格は約180万円まで下がることがあります。これは、同クラスのトヨタカローラやホンダシビックと比較しても、大きな値下がり率となります。このような値崩れの早さは、売却時の損失を大きくする要因となります。

したがって、中古車の値崩れの早さは、長期的な視点での資産価値に影響を与えるため、購入を検討する際には注意が必要です。

下取り価格が低い

マツダ車の下取り価格が低いことも、購入を躊躇させる要因の一つです。下取り価格は、次の車を購入する際の重要な資金となるため、高い方が消費者にとって有利です。

例えば、同じクラスのトヨタ車やホンダ車と比較すると、マツダ車の下取り価格は平均して低い傾向にあります。これは、中古市場での需要の低さやブランドイメージが影響しています。具体的には、マツダCX-5の新車価格が約350万円の場合、3年後の下取り価格は約200万円程度になることが多いです。一方、トヨタRAV4やホンダCR-Vは、同様の期間での下取り価格が高く設定されることが一般的です。

このように、下取り価格の低さは、次の車を購入する際の負担を増加させるため、長期的なコスト計算に影響を与えます。

買い替え時のコストが高い

マツダ車の買い替え時には、コストが高くなる傾向があります。これは、値崩れの早さや下取り価格の低さが原因です。買い替え時のコストは、次の車の購入資金に直接関わるため、慎重に考慮する必要があります。

例えば、マツダ車を3年間使用した後に買い替える場合、新車購入時の支出と売却時の下取り価格の差額が大きくなることがあります。この差額が大きいほど、次の車の購入資金が不足するため、追加の出費が必要になります。具体的には、前述の通り、マツダCX-5の下取り価格が低いため、次の車の購入資金が不足することが多いです。

このため、買い替え時のコストを考慮すると、マツダ車の購入はリスクが高いと感じる人が多いです。長期的な車両維持費や資産価値を考慮することが重要です。

これらの要素を総合的に考えると、マツダ車の中古市場での評価や価値は、購入前に十分に検討すべきポイントです。長期的な視点でのコスト計算を行い、最適な選択をすることが求められます。

【Q&A】やめとけと囁かれるマツダ車に関するよくある質問

マツダ車を購入する際には、様々な疑問が浮かぶことがあります。ここでは、マツダ車に関するよくある質問に対して詳しく回答していきます。

なぜマツダを二度と買わないと言われるのか

マツダ車を二度と買わないという意見がある理由として、以下の点が挙げられます。まず、信頼性に対する不安が大きな要因です。多くのユーザーが、長期間使用した場合の故障頻度の高さを指摘しています。これにより、修理費用がかさみ、維持コストが増加することがあります。

具体例として、エンジンやトランスミッションのトラブルが頻発するケースがあります。例えば、マツダのロータリーエンジンは高性能である一方、メンテナンスが難しく、修理費用が高額になることがあります。このため、長期的な信頼性に対する懸念が生じ、再度購入を控える人が多いです。

また、燃費性能が他社に劣ることも、再購入を躊躇させる要因です。トヨタやホンダのハイブリッド車と比べると、マツダ車の燃費はやや劣るため、燃料費がかさむことがあります。これが長期的な維持費に影響し、再度の購入を見送る理由となります。

マツダ車に乗るのが恥ずかしい理由は

マツダ車に乗ることが恥ずかしいと感じる理由の一つは、デザインやブランドイメージに対する個人の感じ方です。特に若年層やファッションに敏感な層にとって、車のデザインやエンブレムが重要なポイントとなります。

例えば、マツダのエンブレムが「ダサい」と感じる人がいることが挙げられます。エンブレムのデザインが他の高級車ブランドと比較して見劣りすると感じる場合、その車に乗ることが恥ずかしいと感じることがあります。また、マツダ車のデザインがシンプルであるため、個性が少ないと感じる人もいます。

さらに、周囲の評判や口コミが影響することもあります。友人や家族がマツダ車に対して否定的な意見を持っている場合、その影響を受けて自分自身も恥ずかしいと感じることがあります。このように、個人の感じ方や周囲の影響によって、マツダ車に乗ることが恥ずかしいと感じることがあるのです。

マツダ車は本当に壊れやすいのか

マツダ車が壊れやすいとされる理由として、特定のモデルや部品に対する信頼性の問題が挙げられます。特に、古いモデルや一部の高性能エンジンにおいて、故障が多いとの報告が多いです。

例えば、マツダのロータリーエンジンは、高性能である一方で、複雑な構造を持ち、メンテナンスが難しいため、故障が発生しやすいとされています。このため、定期的なメンテナンスを怠ると、エンジンの寿命が短くなることがあります。また、特定のモデルにおいては、電子制御システムやトランスミッションのトラブルが報告されています。

しかし、近年のマツダ車は技術の進歩により、信頼性が向上しているモデルも多いです。新しいモデルでは、品質管理の強化や耐久性の向上が図られており、故障のリスクは低減されています。このため、最新モデルについては、信頼性に対する不安は過去のものと比べて少なくなっています。

マツダとトヨタ、どちらが良いのか

マツダとトヨタのどちらが良いかは、ユーザーのニーズや優先事項によります。それぞれのメーカーには強みと弱みがありますので、以下にそれを整理します。

まず、トヨタは信頼性と耐久性で定評があります。多くのモデルが高い信頼性を持ち、長期間の使用でも故障が少ないです。さらに、トヨタのハイブリッド技術は非常に優れており、燃費性能が高いです。これにより、長期的な維持費を抑えることができます。

一方、マツダはデザインと走行性能で優れています。スカイアクティブ技術を採用したエンジンは、高い走行性能と燃費性能を両立させています。また、マツダ車のデザインはスポーティで洗練されており、若年層やデザインにこだわるユーザーに人気です。

結論として、信頼性と燃費を重視するならトヨタが適していますが、デザインや走行性能を重視するならマツダが良い選択となるでしょう。購入前にそれぞれのモデルを試乗し、自分のニーズに最適な車を選ぶことが重要です。

マツダ車を買って後悔する点とは

マツダ車を買って後悔する点として、維持費の高さや燃費性能の低さが挙げられます。特に、長期間使用した場合に修理費用がかさむことがあります。

例えば、エンジンやトランスミッションの修理費用が高額になることがあり、これが家計に大きな負担となることがあります。また、燃費性能が他社に劣るため、長期的な燃料費が高くなることがあります。これが家計に与える影響を考えると、マツダ車を選ぶことを後悔するケースがあるのです。

さらに、リセールバリューが低いことも後悔する要因となります。中古市場での評価が低いため、買い替え時に思ったよりも低い価格でしか売却できないことがあります。これが次の車を購入する際の資金に影響し、後悔の原因となることがあります。

以上の点を考慮し、購入前に慎重に検討することが重要です。マツダ車の魅力とデメリットをしっかりと理解し、自分のライフスタイルに合った選択をすることが後悔を避けるためのポイントです。

まとめ:マツダ車が「やめとけ」と言われる理由とデメリット

マツダ車が「やめとけ」と言われる理由とデメリットをまとめてきました。

改めて、マツダ車が「やめとけ」と言われる理由の結論をまとめると、

マツダ車が「やめとけ」と言われる理由の結論

  • マツダ車は燃費が他社に劣ることがある
  • ハイオクガソリン仕様が多く燃料費が高くなる
  • 維持費が高くなる傾向がある
  • 中古車の値崩れが早い
  • 下取り価格が低い
  • 買い替え時のコストが高くなる
  • 信頼性に対する不安がある
  • デザインやブランドイメージが気になることがある

マツダ車は魅力的なデザインと高性能な走行性能が特徴ですが、燃費性能が他社に劣ることやハイオクガソリン仕様が多いため、燃料費が高くなる傾向があります。

また、維持費が高く、中古車市場での値崩れや下取り価格の低さから、買い替え時のコストが増加することもあります。信頼性に対する不安やブランドイメージが気になる場合もあり、購入前に慎重な検討が必要です。