CX-8はでかすぎる車?でかすぎて運転しにくい?結論と評判(メリット・デメリット)を調査

「CX-8はでかすぎて運転しにくい?」

「CX-8の評判は?安心して購入できる方法は何かない?」

マツダの大型SUV「CX-8」
実用性と広々とした室内空間は、ファミリー向けとしての人気の一台です。

そんなCX-8について、「CX-8はでかすぎ」との意見が散見されますが、本当でしょうか?

本記事では、CX-8はでかすぎて運転しにくいのかの結論と評判(メリット・デメリット)について調査していきます!

【結論】CX-8はでかすぎて運転しにくい?

CX-8はでかすぎて運転しにくいのかどうか?

結論からいうと、CX-8は運転しにくい側面はあるものの、運転環境やドライバーのスキル次第です。

CX-8はマツダが製造する大型のSUVで、日本の道路や駐車場においてその大きさが運転のしやすさに影響を与えることがあります。CX-8は全長が約4,900mm、全幅が約1,840mmとなっており、これは日本市場における一般的な車よりもかなり大きいサイズです(出典:CX-8 Specifications)。

日本のように狭い道路や混雑した都市部では、CX-8のような大型車は運転しにくいと感じることがあります。特に狭い駐車場や車線を通る際には、その大きさがハンドリングを難しくすることがあります。それに加えて、車体が大きいため、周囲の状況を正確に把握することがより重要になり、初心者ドライバーには特に悩ましい問題となりえます。

しかし、マツダはCX-8に様々な先進的な運転支援システムを装備しています。これには、360度カメラシステムや駐車支援システムなどが含まれており、これらの技術が運転の負担を軽減し、より安全で快適な運転を可能にします。そのため、技術的なサポートを利用することで、サイズの大きいCX-8も運転しやすくなる可能性があります。

以上のことから、CX-8が「運転しにくい」といった一面は確かにあるものの、運転環境やドライバーの技術、使用する技術的な支援によって異なります。狭い場所での運転には注意が必要ですが、適切な技術の使用により、その大きさを活かしながらも快適に運転することができるといえるでしょう。

今すぐCX-8の中古車をお得に安心して購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。良質できれいな中古車を手間なく探すことができます。

CX-8がでかすぎて運転しにくいと感じる問題点

結論、CX-8はでかすぎて運転しにくい側面はあるものの、運転環境やドライバーのスキル次第です。

ではどういった場面で、CX-8は運転しにくいと感じるのか?

今後、CX-8の購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここからは、CX-8がでかすぎて運転しにくいと感じる問題点について解説します。

【問題1】狭い道での走行が難しい

まず1つ目の問題点として「狭い道での走行が難しい」

CX-8の運転が狭い道で困難であるという問題点は、その大きな車体サイズに原因があります。CX-8は全長が4.9メートル、全幅が1.84メートルと、特に都市部の狭い路地や駐車場では扱いが難しいです。

例えば、一般的な日本の住宅地の道幅は約4メートル程度であり、CX-8の全幅とほぼ同じです。そのため、対向車が来た場合の避けるスペースがほとんどなく、非常に緻密な運転技術が求められます。また、小回りが利きにくいため、Uターンなども一般的な乗用車よりも広い範囲を必要とします。

このようにCX-8のサイズが運転の難しさを増していますが、狭い道での運転には特に注意が必要です。

【問題2】狭い駐車場だと入らない

次に2つ目の問題点として「狭い駐車場だと入らない」

CX-8は駐車が困難であることが多いです。その主な理由は、全長4.9メートル、全幅1.84メートルという大型サイズにあります。

日本の一般的な駐車場のスペースは、長さが約5メートル、幅が約2.5メートルで設計されていることが多いですが、実際には隣の車や壁との間に十分なスペースを確保する必要があるため、実質的に利用可能なスペースはもっと狭くなります。具体的な例として、都市部のビルの地下駐車場やショッピングモールの駐車場では、隣の車との間隔が狭く、CX-8のような大型車は出入りが特に難しいです。

そのため、CX-8は狭い駐車場では駐車しにくいと感じられることが多いです。

【問題3】駐車場からはみ出ることも

3つ目の問題点として「駐車場からはみ出ることも」

CX-8の全長が4.9メートルと大型であるため、標準的な駐車スペースからはみ出ることが問題となることが多いです。

日本の駐車スペースの標準サイズは、長さがおおよそ5メートル程度ですが、これには車両を配置する際の余裕を含んでいるため、実際の利用可能な長さはもう少し短くなります。CX-8を駐車する際、特に前後のスペースが限られている環境では、バンパーがスペースの境界線を超えてしまうことがあります。例として、コンパクトカー向けに設計された狭い駐車場では、CX-8のような大型SUVが前後にはみ出し、通行の妨げになることもあります。このような状況では、他の車両や歩行者の移動を阻害し、場合によっては安全上のリスクを引き起こすことにもなります。

以上のことから、CX-8はその大きさから、標準的な駐車スペースでははみ出ることが多く、駐車時には特別な注意が必要です。

【問題4】隣の車や壁に接触しないか常に不安

4つ目の問題点として「隣の車や壁に接触しないか常に不安」

CX-8を運転する際、隣の車や壁に接触しないかの不安が常に存在します。この不安は、全幅が約1.8メートルというCX-8の大きな車体が原因です。

日本の道路環境では特に、道幅が狭く設計されている場合が多く、CX-8のような大型車では、隣の車や壁との距離が非常に限られます。具体的な例として、市街地の狭い路地を通る場合、対向車とすれ違う際にサイドミラーが接触する恐れがあります。また、地下駐車場においては、柱や壁に近づきすぎると車体を傷つけるリスクが高まります。これらの状況は、運転手にとって常に高い注意と精密な操作を要求し、ストレスの原因となります。

したがって、CX-8の大きな車体は、狭い場所での運転において隣の車や壁に接触するリスクを増加させ、運転の不安を引き起こすことが多いです。

【問題5】Uターンや急な曲がり角での取り回しが難しい

そして5つ目の問題点として「Uターンや急な曲がり角での取り回しが難しい」

CX-8のUターンや急な曲がり角での取り回しは難しいと感じられることが多いです。この問題は、全長が4.9メートル、ホイールベースが2.93メートルという大きな車体寸法に起因します。これにより、CX-8は比較的大きな回転半径を必要とし、狭い場所での機動性が制限されます。

例えば、狭い住宅街の交差点や商店街の曲がり角でUターンを試みる際、一回の操作で転回することが難しく、何度か切り返す必要が出てきます。これは、他の車や歩行者への注意をより一層高めることを要求し、運転の負担を大きくします。

以上のことから、CX-8はその大きな車体のため、特に狭い場所でのUターンや急な曲がり角の取り回しには注意が必要です。

今すぐCX-8の中古車をお得に安心して購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。良質できれいな中古車を手間なく探すことができます。

でかすぎてもCX-8を運転するメリット3選

ここまで、CX-8がでかすぎて運転しにくいと感じる問題点について解説してきました。

車体がデカすぎるのはデメリットになりえます。
ですが、デメリットばかりでなく、CX-8には運転するメリットや魅力があります。

具体的なでかすぎてもCX-8を運転するメリット3選をここからはご紹介します!

【メリット1】広々とした室内空間

ボディサイズが大きいからこそのメリットが「広々とした室内空間」

CX-8は広々とした室内空間が大きな魅力の一つです。この車は3列シートを有し、最大で7人が快適に乗車できる設計となっています。

具体的には、第2列と第3列のシートにも十分なレッグルームとヘッドルームが確保されており、大人数でも長時間の移動が苦になりません。実際、家族旅行や友人とのアウトドア活動時に、全員がリラックスして座ることができます。また、荷物スペースも広く、折りたたみ式のシートを利用すれば、さらに大きな荷物も運ぶことが可能です。このような広々とした室内空間は、多人数での使用や荷物の多い旅行に非常に便利です。

したがって、CX-8は広々とした室内空間を活かして、家族や多人数での移動に適した車です。

【メリット2】長距離運転でも快適な乗り心地

さらにデカさゆえの魅力が「長距離運転でも快適な乗り心地」

CX-8は長距離運転でも快適な乗り心地を提供します。この理由は、大型の車体と高度なサスペンション技術によるものです。CX-8のサスペンションは道路の凹凸を効果的に吸収し、振動を最小限に抑える設計が施されています。

例えば、長時間の高速道路の旅でも、乗車するすべての乗客は揺れをほとんど感じることなく、リラックスして過ごすことができます。さらに、運転席と助手席には体をしっかりと支える形状のシートが設置されており、運転の疲労を軽減します。これにより、長時間運転しても体への負担が少ないため、快適なドライブが可能です。

以上のことから、CX-8は長距離運転においても乗り心地の良さを保ち、快適な移動を実現します。

【メリット3】強固な車体と先進の安全技術を搭載

そして何よりのメリットが「強固な車体と先進の安全技術を搭載」

CX-8は強固な車体と先進の安全技術を搭載しており、これが大きなメリットとなっています。この車の安全構造には高張力鋼板が多用されており、衝突時のエネルギーを効果的に吸収し分散させる設計が施されています。

具体的には、マツダ独自の安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき、自動緊急ブレーキや車線維持支援システムなど、複数の先端安全機能が組み込まれています。これらのシステムは、事故のリスクを低減するためにドライバーの意図しない操作を補助し、また危険を感知した際に自動で反応することができます。実際、CX-8はJNCAP予防安全性能評価において、すべての項目で満点および最高ランク「ASV++」を獲得するほど安全性に優れた一台となっています。

ですので、CX-8はこれらの安全技術により、ドライバーと乗客の安全を高いレベルで保護します。

今すぐCX-8の中古車をお得に安心して購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。良質できれいな中古車を手間なく探すことができます。

でかすぎ以外にCX-8を運転するデメリット3選

CX-8のデメリットは、車体のデカさだけではありません。

でかすぎ以外にCX-8を運転するデメリット3選についてもまとめます。

【デメリット1】維持費が大型車であるため高い

まず1つ目のデメリットが「維持費が大型車であるため高い」

CX-8を所有する場合、維持費が高いというデメリットがあります。この車は大型SUVカテゴリーに属しており、そのサイズとエンジン性能によって、一般的な小型車やハイブリッド車に比べて自動車税が高額になります。

具体的には、自動車税は車の排気量に基づいて計算されるため、CX-8のような2.2リットルまたは2.5リットルのエンジンを搭載した車種は、より多くの税金が課されます。また、車体価格も高価であるため、自動車保険料も上がります。さらに、燃料費も大型車のため比較的高くなる傾向があります。

したがって、CX-8の所有は、その高性能と快適性に見合うコストがかかるため、維持費が高いと感じられることが多いです。

【デメリット2】視界の制限を受けることがある

次に2つ目のデメリットが「視界の制限を受けることがある」

CX-8を運転する際には、視界の制限がデメリットとして挙げられます。この車は大型SUVであり、高い車高と広いフロントガラスが特徴ですが、これが低い位置にある障害物の見落としにつながることがあります。

具体的には、小さな動物や低いブロック、子供などがフロントガラスの下部で見えにくいという事例が報告されています。また、フロントピラーが太いために、左右の視界も部分的に遮られ、特に交差点での横からの接近物の確認が難しくなることがあります。これらの視界の制限は、特に都市部での運転において安全上のリスクを高める要因となります。

ですので、CX-8はそのサイズと設計により、視界の制限を受けることがあり、安全な運転には十分な注意が必要です。

【デメリット3】一部の人にとっては乗り降りが不便

そして3つ目のデメリットが「一部の人にとっては乗り降りが不便」

CX-8の乗り降りが一部の人にとって不便であるという点は、その車高が原因です。この車はSUVであり、地上からの高さがかなりあるため、特に小さな子どもや高齢者にとっては、ステップが高く感じられることがあります。

具体例として、車のシートに座る際に足を高く持ち上げる必要があり、これが特に膝に負担をかける動作となり得ます。さらに、ドアの開口部が広いため、狭い駐車スペースでのドアの開閉が大きく行われると、隣の車に接触するリスクが高まります。このような状況では、乗り降り時の不便さが特に顕著になります。

以上のことから、CX-8は車高の高さから乗り降りの際に不便を感じる人がいるため、特に高齢者や小さな子どもが乗る場合には注意が必要です。

今すぐCX-8の中古車をお得に安心して購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。良質できれいな中古車を手間なく探すことができます。

でかすぎるCX-8に乗ってる人のイメージとは

ここまで、CX-8の評判を詳しく解説してきました。

では、どういった人にCX-8の購入は向いているのか?また、CX-8に乗ってる人のイメージは何か?

購入を検討している人にとって、具体的な購入層は気になる情報です。

でかすぎるCX-8に乗ってる人のイメージについてまとめていきます!

【イメージ1】家族や大人数での移動を重視する人

まず1つ目のイメージが「家族や大人数での移動を重視する人」

CX-8に乗る人は家族や大人数での移動を重視する傾向があります。この車は最大7人まで乗車可能な3列シートを備えており、特に子供が多い家庭や、友人とのアウトドア活動に参加するグループに適しています。

例えば、家族旅行やスポーツイベントへの移動時に、全員が一台の車で快適に過ごせるだけの広さと快適性を提供します。また、長距離のドライブでも疲れにくい設計がされているため、大人数での長時間の移動に最適です。このように、CX-8は家族や多人数での移動を重視する人にとって非常に魅力的な選択肢です。

【イメージ2】アウトドアや長距離ドライブを楽しむ人

次に2つ目のイメージが「アウトドアや長距離ドライブを楽しむ人」

CX-8に乗る人はアウトドア活動や長距離ドライブを楽しむ傾向があります。この車は広々とした室内と充実した荷物スペースを提供し、長時間の快適な移動を可能にします。

具体的には、キャンプ用品やスポーツ機材などの大きな荷物も容易に積むことができ、また全輪駆動オプションによって悪路でも安定した走行が期待できます。これにより、自然の中での活動や遠方への旅行が頻繁にある人にとって理想的な車となっています。このように、CX-8はアウトドアや長距離ドライブを楽しむ人に最適な特性を持っています。

【イメージ3】大型車ゆえの安全性と安定感を重視する人

そして3つ目のイメージが「大型車ゆえの安全性と安定感を重視する人」

CX-8に乗る人は、大型車ゆえの安全性と安定感を重視します。この車は高張力鋼を多用した頑丈なボディ構造と、先進の安全技術を搭載しています。

例えば、自動緊急ブレーキシステムや車線維持支援システムなどが装備されており、これにより事故のリスクを減少させる助けとなります。また、大きな車体は高速道路での安定性を高め、強風や悪天候時でも優れた運転性能を発揮します。このように、CX-8はその安全性と安定感から、特に家族を持つドライバーや安心して運転を楽しみたい人に選ばれています。

【安い】CX-8の中古車をお得に安心して購入できる方法

ここまで、CX-8のでかすぎる件と評判をご紹介してきました。

すでに購入を決めている方も多いでしょう。
でも、買って後悔したくないし、中古車を選ぶにしても、どれが良い車なのか?状態もわからないし、そもそも調べ方もわからないですよね。

  • できるだけ新しい中古車が欲しい。
  • 新車と比べると保証が少なそうで不安。
  • 中古車の状態がいいのか判断できない。
  • 欲しい車がなかなか見つからないし、時間もかかる。

実は、上記のような悩みに応えるCX-8の中古車をお得に安心して購入できる方法があります!

その方法というのが、ネットに出ない非公開車両を提案してくれる「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスを利用すること。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスです。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける!
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる!
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなんて、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心してCX-8の中古車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
『ズバット車販売』まずは欲しい車の条件を入力する
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】でかすぎて悩ましいCX-8に関するよくある質問

最後にでかすぎて悩ましいCX-8に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】CX-8とCX-5のサイズ比較は?

「CX-8とCX-5のサイズ比較は?」

CX-8はCX-5に比べて大きなサイズです。

具体的には、CX-8の全長は約4.9メートル、全幅は約1.8メートル、全高は約1.7メートルで、CX-5の全長が約4.5メートル、全幅が約1.8メートル、全高が約1.7メートルです。この差は主に全長に表れ、CX-8の方が約40センチメートル長いため、より広い室内空間を提供します。これにより、CX-8は3列シートを持ち、最大7人までの乗車が可能です。したがって、サイズが大きいCX-8は家族やグループでの移動に適していると言えます。

【質問2】世界初公開されたCX-80もでかすぎる車?

「世界初公開されたCX-80もでかすぎる車?」

CX-80は、そのサイズからも大型車と見なされることがあります。

【質問3】CX-8とアルファードを比較するとどっちがでかい?

「CX-8とアルファードを比較するとどっちがでかい?」

CX-8とアルファードをサイズで比較すると、アルファードの方が全体的に大きいです。

アルファードの全長は約4.9メートル、全幅は約1.85メートル、全高は約1.95メートルであり、CX-8の全長約4.9メートル、全幅約1.84メートル、全高約1.73メートルと比べると、特に全高が高く設定されています。これにより、アルファードはより広い室内空間と圧倒的な存在感を提供します。結論として、アルファードはCX-8よりも大きく、特に車高においてその差が顕著です。

まとめ:CX-8がでかすぎて運転しにくい問題点と評判

CX-8がでかすぎて運転しにくい問題点と評判をまとめてきました。

結論、CX-8が「運転しにくい」といった一面は確かにあるものの、運転環境やドライバーのスキル次第です。

どういった場面で問題だと感じるのか?改めて、CX-8がでかすぎて運転しにくいと感じる問題点をまとめると、

CX-8がでかすぎて運転しにくいと感じる問題点

  • 狭い道での走行が難しい
  • 狭い駐車場だと入らない
  • 駐車場からはみ出ることも
  • 隣の車や壁に接触しないか常に不安
  • Uターンや急な曲がり角での取り回しが難しい

狭い場所での運転には注意が必要ですが、適切な技術の使用により、その大きさを活かしながらも快適に運転することができるといえるでしょう。