新型ステップワゴンはなぜ「失敗」と不評なのか?6つの理由と買って後悔しないための方法

「新型ステップワゴンは失敗ってホント?」

「新型ステップワゴンを買うと後悔する?」

2022年5月に発売された「新型ステップワゴン」
先進的な安全機能と広々とした室内空間を兼ね備えた、ファミリー向けの人気ミニバンです。

なんですが、一部で「新型ステップワゴンは失敗」との声も聞かれますが、なぜでしょうか?

今後、新型ステップワゴンの購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事では新型ステップワゴンは失敗だと言われる理由と買って後悔しないための方法を解説していきます!

新型ステップワゴンは失敗だと言われる6つの理由

なぜ、新型ステップワゴンは「失敗」と言われるのか?

新型ステップワゴンが欲しい人にとっては、非常に気になる情報です。

ここから早速、新型ステップワゴンは失敗だと言われる6つの理由を深堀解説していきます。

【理由1】内装の質感が低いから

まず1つ目の理由として多いのは「内装の質感が低いから」

新型ステップワゴンの内装の質感が低いと評価される主な理由は、使用されている素材と仕上げのレベルにあります。

特に、ダッシュボードやドアパネルに使用されているプラスチック素材が硬質で安価な感じを与え、触り心地も良くありません。例えば、競合他車種ではソフトタッチ素材や本革を使用した部分が多い中、新型ステップワゴンではこれらの高級感を演出する素材の使用が限られており、特に中央コンソール周りのプラスチックは、見た目にも安っぽさを感じさせます。また、縫い目の粗さや合わせ目の不均一さなど、細部の仕上げにも課題が見られ、全体的な質感を低下させています。結果として、内装の質感が低いという評価に繋がっています。

【理由2】燃費が思った以上に悪いから

次に2つ目の理由として「燃費が思った以上に悪いから」

新型ステップワゴンの燃費が期待に応えられないという評価があります。

その主な理由は、公称燃費と実際の運転状況での燃費の差異にあります。例えば、ホンダが発表した公称燃費(主要諸元)はリッターあたり20kmとされていましたが、実際に都市部で使用する場合や高速道路を利用する場合には、その数値を大幅に下回ることが多いです。実際のユーザーからの報告によると、都市部での運転ではリッターあたり15km程度、高速道路では18km程度となるケースが多く見られます。このような燃費の実数値は、競合する他のミニバンと比較しても劣っていることが指摘されています。したがって、新型ステップワゴンの燃費性能が期待外れであるという結論に至っています。

【理由3】デカすぎて運転しにくいから

次に3つ目の理由が「デカすぎて運転しにくいから」

新型ステップワゴンが大きすぎて運転しにくいという評価があります。

この理由は、車体のサイズが大きく、特に都市部での取り回しが難しいためです。具体的には、全長4,830mm、全幅1,750mm、全高1,840mmとなっており(主要諸元)、これらのサイズは一般的な駐車スペースや狭い道路での運転において、運転者に高い技術を要求します。さらに、視界の問題も指摘されており、車体の大きさにより死角が多く、特に後方や横方向の視界が制限されることがあります。これらの要因により、新型ステップワゴンの運転は特に狭い道や混雑した都市部では困難とされています。結果として、大きすぎる車体が運転のしにくさに直結しているという結論に至っています。

【理由4】デザインがシンプルすぎるから

4つ目の理由として「デザインがシンプルすぎるから」

新型ステップワゴンのデザインがシンプルすぎるという評価があります。

この理由は、市場における他のミニバンと比較した場合、新型ステップワゴンの外観が特徴に欠け、印象に残りにくいためです。例えば、フロントグリルやヘッドライトのデザインは、他の競合車種に見られるような独自性や斬新さが少なく、シンプルな直線的な形状が多用されています。また、車体のサイドビューも同様に、大きな特徴的なラインや形状が控えめであり、全体として洗練された印象よりも、実用性を重視した印象が強いです。このように、デザインにおいて目新しさや個性が不足していることが、一部のユーザーからの評価を下げる原因となっています。結果として、デザインがシンプルすぎるという点が、新型ステップワゴンの受容においてマイナスとなっているという結論に至っています。

【理由5】契約してから納期まで長いから

5つ目の理由が「契約してから納期まで長いから」

新型ステップワゴンを契約してから納車までの期間が長いという問題があります。

この遅延の主な理由は、生産ラインのキャパシティ不足と、特定の部品の供給遅れにあります。具体的には、最新の安全装備や環境に優しいエンジン技術など、新型モデルに採用されている先進技術に必要な部品が、予想を超える需要により供給が追いつかない状況です。例えば、半導体チップや特殊な内装材料など、一部の部品で供給遅れが発生しており、これが全体の生産スケジュールに影響を及ぼしています。ユーザーからは、契約後6ヶ月以上の納車待ちが発生している事例も情報として報告されており、この長期間の待ち時間は、顧客満足度の低下に直結しています。結果として、納期までの長い待ち時間が、新型ステップワゴンの市場での成功を妨げる一因となっているという結論に至っています。

【理由6】わくわくゲートが廃止されたから

そして6つ目の理由として挙げられるのが「わくわくゲートが廃止されたから」

新型ステップワゴンから「わくわくゲート」が廃止されたことが、一部のユーザーからの不評を招いています。このわくわくゲートは、従来モデルにおいて、リアゲートを横にも開くことができるユニークな機能として、特に子供を持つ家族層から高い評価を得ていました。この機能により、狭い駐車スペースでも荷物の積み下ろしや乗り降りが容易になるなど、実用性の高さが評価されていたのです。しかし、新型モデルではこのわくわくゲートが廃止され、通常の上に開くタイプのリアゲートに統一されました。この変更は、特に機能性や使い勝手を重視するユーザーからの不満を招き、新型ステップワゴンの魅力が低下したと感じさせています。結果として、わくわくゲートの廃止は、新型ステップワゴンの受け入れに負の影響を与えているという結論に至っています。

失敗とは思わない?乗ってわかった新型ステップワゴンの魅力

ここまで、新型ステップワゴンは失敗だと言われる理由を詳しく解説してきました。

失敗だと感じる理由があるのは事実。
とはいえ、実際に乗ってみてわかった「新型ステップワゴンの魅力」があるのも事実です。

どういった点に、魅力や運転メリットを感じるのか?

ここからは、失敗とは思わない?乗ってわかった新型ステップワゴンの魅力をご紹介します!

【魅力1】広々とした室内空間

まず他車種と明らかに違うのは「広々とした室内空間」

新型ステップワゴンの室内空間の広さは、家族連れにとって非常に魅力的です。

この車は、最大で8人まで乗車可能な3列シートを備えており、それぞれのシートがゆとりを持って配置されています。具体例として、2列目のシートはスライド機能が付いており、足元の空間を自由に調整できます。また、3列目のシートも快適な座り心地を提供し、長距離移動でも疲れにくい設計になっています。さらに、シートを畳むことで、大きな荷物の積載スペースを確保できます。このような広々とした室内空間は、家族旅行やアウトドア活動に最適であると言えます。

【魅力2】先進的な安全機能と快適な乗り心地

さらにメリットとして大きいのが「先進的な安全機能と快適な乗り心地」

新型ステップワゴンは、先進的な安全機能と快適な乗り心地を兼ね備えています。

安全機能には、衝突軽減ブレーキ(CMBS)路外逸脱抑制機能などの「Honda SENSING」と呼ばれる安全運転支援システムが搭載されており、ドライバーをサポートする技術が豊富に搭載されています。これらのシステムは、特に高速道路や混雑した都市部での運転において、安全性を大きく向上させます。乗り心地の面では、新型ステップワゴンはサスペンションの改良により、路面の衝撃を効果的に吸収し、スムーズな走行を実現しています。また、静音性にも配慮され、エンジン音や風切り音が車内に入りにくく設計されています。これらの特徴は、長距離のドライブでも疲れにくい快適な移動空間を提供します。

【魅力3】スタイリッシュでかっこいいデザイン

そして何より興奮するのが「スタイリッシュでかっこいいデザイン」

新型ステップワゴンのデザインは、スタイリッシュでかっこいいと評価されています。

この魅力の根源は、シャープで現代的なラインが施された外観にあります。特に、フロントフェイスに採用された大胆なグリルデザインや、LEDヘッドライトの採用は、新型ステップワゴンをより先進的に見せています。サイドビューでは、流れるようなルーフラインと、力強いホイールアーチがダイナミックな印象を与えます。これらのデザイン要素は、新型ステップワゴンがただのファミリーカーではなく、デザイン性を重視するドライバーにも魅力的な選択肢であることを示しています。結果として、スタイリッシュでかっこいいデザインは、新型ステップワゴンの大きな魅力の一つと言えます。

新型ステップワゴンの主たる失敗原因は「大きすぎるボディ」

ここまで、新型ステップワゴンの評判をまとめてきました。

結局のところ、新型ステップワゴンが失敗とされる原因は何なのか?
新型ステップワゴンの主たる失敗原因は「大きすぎるボディ」にあると考えられます。

なぜなら、新型ステップワゴンのライバル車種と比較しても際立ってボディサイズは大きいから。

新型ステップワゴンは、そのサイズが大きくなったことでライバル車種と比較しても大きい部類に入ります。具体的には、新型ステップワゴンの全長が4,830mm、全幅が1,750mmであり、これはトヨタの新型ノアの全長4,695mm、全幅1,730mmと比較して、ステップワゴンの方が長く、また幅広です。このサイズの違いは、新型ステップワゴンが多人数乗車時の快適性や荷室の広さを重視して設計されていることを示しています。

また、新型ステップワゴンは「AIR」「SPADA」モデルを含む全モデルが3ナンバー化されており、全高は1,840mm~1,845mm、ホイールベースが2,890mmに設定されています。これにより、ミニバンとしての広い室内空間や快適性がさらに向上しています。

新型ステップワゴンのサイズ変更は、「ミニバンを変える、新しい大きさ。」というコンセプトのもと、よりゆとりある室内空間と多様なシートアレンジを可能にしています。しかし、その大きさが日本の道路事情や駐車場のサイズに合わないと感じるユーザーもいるため、購入を検討する際にはこの点を考慮する必要があります。

失敗と言われても新型ステップワゴン購入に向いてる人の特徴

ここまで、新型ステップワゴンの失敗原因について深堀してきました。

ではどういった人に、新型ステップワゴン購入には向いているのか?

失敗と言われても新型ステップワゴン購入に向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】長距離の運転を頻繁に行う人

まず1つ目の特徴として「長距離の運転を頻繁に行う人」

長距離の運転を頻繁に行う人には、新型ステップワゴンが非常に適しています。

その理由は、快適な乗り心地と燃費の良さにあります。例えば、新型ステップワゴンはサスペンションの改良により、長時間の運転でも疲れにくい設計を実現しています。さらに、最新のエンジン技術による燃費効率の向上は、長距離移動のコストを抑える助けとなります。これらの特徴は、頻繁に長距離を運転する人にとって、快適で経済的な移動手段を提供します。したがって、長距離の運転を頻繁に行う人にとって、新型ステップワゴンは理想的な車であると言えます。

【特徴2】大家族や多くの荷物を運ぶ必要がある人

次に2つ目の特徴が「大家族や多くの荷物を運ぶ必要がある人」

大家族や多くの荷物を運ぶ必要がある人に新型ステップワゴンは最適です。

この車は最大8人乗りの広々とした室内空間を提供し、各シートは多彩なアレンジが可能で、大量の荷物も容易に収納できます。例として、3列目のシートを畳むことで、大型のスーツケース数個を楽に積むことができるだけでなく、長尺のアウトドア用品もスムーズに搭載可能です。このような室内の柔軟性と広さは、大家族の日常や旅行はもちろん、趣味で大きな道具を運ぶ必要がある人にとっても、非常に魅力的です。したがって、大家族や多くの荷物を運ぶ必要がある人にとって、新型ステップワゴンは理想的な選択肢であると言えます。

【特徴3】派手さよりも機能性とシンプルな美しさを重視する人

そして3つ目の特徴が「派手さよりも機能性とシンプルな美しさを重視する人」

派手さよりも機能性とシンプルな美しさを重視する人に、新型ステップワゴンは非常に合っています。

この車のデザインは、無駄を省いたシンプルさと機能美を追求しており、洗練された外観が特徴です。例えば、流れるようなラインと抑えられた装飾は、現代的な美しさを表現しています。内装においても、直感的に操作できるインターフェースと、使い勝手の良い収納スペースが配置されています。これらのデザインは、日常の使いやすさと快適性を重視するユーザーのニーズに応えています。したがって、機能性とシンプルな美しさを求める人にとって、新型ステップワゴンは最適な選択肢であると言えます。

【賢い】新型ステップワゴンを買って後悔しないための方法

新型ステップワゴンの失敗については、買う前提での話。
しかし、新型ステップワゴンを買って後悔しないための方法があります!

その方法というのが「カーリース」を活用すること。

車のサブスクとも呼ばれる、定額で新車を持てるサービスのこと。
カーリースなら、車購入にかかる以下の費用がすべてコミコミで「月1万円台から」新車を持つことが可能です。

これら費用がぜんぶコミコミで新車を月1万円台から持てる!

  • 車両本体価格
  • 自賠責保険料
  • 自動車税(種別割)
  • 環境性能割
  • 重量税
  • 消費税
  • 車両登録費用
  • 納車費用
  • 車検・メンテ代
  • 各種手数料

気になる車を「お試しで」乗るのにも最適。
車購入のリスクを最大限回避して、新車が持てる後悔しない方法だといえます。

そして、カーリースの中でも特におすすめのサービスが「定額カルモくん

定額カルモくんは、国内No.1カーリース3冠を獲得。
頭金・ボーナス払い0円!車検・税金もコミでずっと定額で新車が持てるカーリースサービスです。

また、万一の故障にも、修理費上限なしで、365日24時間故障受付対応しているので、安心してカーライフを楽しむことができます。

「ステップワゴンを購入するリスクを最小限に抑えたい!」
「初期費用だけでなく維持費も抑えて、賢くステップワゴンの新車に乗りたい!」

上記のような、賢く合理的にステップワゴンを運転したい方におすすめのサービスとなっています。

\最大3万円分のギフトカードが当たる!/
『定額カルモくん』まずはお試しで審査に申込む
【公式サイト:https://carmo-kun.jp

【安心】新型ステップワゴンの中古をお得に購入できるサービス

新型ステップワゴンの中古をお得に購入できるサービスがあります!

それが、ネットに出ない非公開車両を提案してくれる「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービス

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスのこと。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなんて、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心してステップワゴンの中古車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
『ズバット車販売』まずは欲しい車の条件を入力する
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】失敗と囁かれる新型ステップワゴンのよくある質問

最後に失敗と囁かれる新型ステップワゴンのよくある質問をまとめます。

【質問1】新型ステップワゴンの受注状況は?

「新型ステップワゴンの受注状況は?」

新型ステップワゴンの受注状況は、期待以上に好調です。

具体的には、発売後1カ月で累計約27,000台を受注したとの情報が公式サイトより公表されています。主な理由としては、安全性能の高さや室内空間の広さなど、ユーザーが求める機能をしっかりと備えているためです。具体的には、発売後初月に予定されていた受注台数を大幅に上回る注文が入りました。特に、家族を持つ層からの支持が厚く、安全機能を重視する声や、広々とした室内を求めるニーズが反映されています。これらの点から、新型ステップワゴンに対する市場の反応は非常にポジティブであると言えます。したがって、新型ステップワゴンの受注状況は良好であると結論付けられます。

【質問2】新型ステップワゴンの売れ行きは良い?悪い?

「新型ステップワゴンの売れ行きは良い?悪い?」

新型ステップワゴンの売れ行きは、全体的に見て良好です。

この状況は、特に安全性能の充実や広々とした室内空間など、ユーザーのニーズに合致する点が評価されているためです。市場への導入初期段階で、メーカーの予想を上回る受注数を記録し、特にファミリー層からの強い支持を受けています。具体例として、発売後の初月に設定された目標受注数を数倍上回る成績を達成しており、これは新型モデルの魅力が幅広い層に認識されている証拠です。したがって、新型ステップワゴンの売れ行きは良いと結論付けられます。

【質問3】新型ステップワゴンのリコール情報はあがってる?

「新型ステップワゴンのリコール情報はあがってる?」

ステップワゴンに関するリコール情報はこちらで確認できます。

まとめ:新型ステップワゴンの失敗理由と買って後悔しないための方法

新型ステップワゴンの失敗理由と買って後悔しないための方法をまとめてきました。

改めて、新型ステップワゴンは失敗だと言われる理由をまとめると、

新型ステップワゴンは失敗だと言われる理由

  • 内装の質感が低いから
  • 燃費が思った以上に悪いから
  • デカすぎて運転しにくいから
  • デザインがシンプルすぎるから
  • 契約してから納期まで長いから
  • わくわくゲートが廃止されたから