ヤリスクロスは後悔?ひどい車ってホント?5つの事例と評判から購入に向いてる人の特徴

「ヤリスクロスは買うと後悔する?」

「ヤリスクロスはどんな人に向いてる車?」

トヨタの人気SUV「ヤリスクロス」
コンパクトながら機能的でスタイリッシュな車として人気です。

なんですが、一部で「ヤリスクロスを買って後悔した」との声も聞かれますが、なぜでしょうか?

今後、ヤリスクロスの購入を検討している方にとっては、気になる情報です。

そこで!本記事では、ヤリスクロスを買って後悔した事例と購入に向いてる人の特徴を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

ヤリスクロスを買って後悔した事例があるのは事実です。
特に、視界の悪さや長距離運転だと疲れるなどの声が目立ちました。

ですが、後悔する以上に運転するメリットを感じる声があるのも事実。

つまり、ヤリスクロスを買って後悔するかは個々人の価値観次第。
購入して後悔しないためにも、利用目的と予算を明確にしたうえで、購入を検討するのが良いといえます。

「でもどうしても、買って後悔したくない。」
リスクを最小限に抑えて車を持ちたい方は「カーリース」という選択肢もあります

車のサブスクとも呼ばれる、定額で新車を持てるサービスのこと。
カーリースなら、車購入にかかる費用もすべてコミコミで「月1万円台から」新車を持つことが可能です。

ですので、気になる車を「お試しで」乗るのにも最適。
車購入のリスクを最大限回避して、新車が持てる後悔しない方法だといえます。

そして、カーリースの中でも特におすすめのサービスが「Cool MINT

Cool MINTは、上場企業で日本7大商社の双日株式会社のグループが運営。
頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検・メンテナンス代など一切不要の完全定額カーリースサービスです。

また、自動車ローンと異なり、自分で税金を払ったり、メンテナンス工場を探す手間がありません。

「車を購入するリスクを最小限に抑えたい!」
「初期費用だけでなく維持費も抑えて、賢くヤリスクロスに乗りたい!」

上記のような、賢く合理的にヤリスクロスを持ちたい方におすすめのサービスとなっています。

\車を購入よりもお得!/
『Cool MINT』まずは気になる車種を問い合わせる
【公式サイト:https://mintsubsc.com

ヤリスクロスを買って後悔した5つの事例

なぜ、ヤリスクロスを買って後悔したと感じるのか?

今後ヤリスクロスに乗りたい方にとっては、非常に気になる情報です。

早速、ヤリスクロスを買って後悔した5つの事例について深堀解説していきます。

【後悔1】Aピラーが太くて視界が悪い

まず後悔した声が多いのは「Aピラーが太くて視界が悪い」

ヤリスクロスを購入し、Aピラーの太さによる視界の悪さを理由に後悔するユーザーがいます。

この問題は、運転時における視野の制限として顕著に現れ、安全性に直接影響を及ぼすことが主な理由です。具体的には、交差点での左右の確認作業時にAピラーによる視界の遮蔽が発生し、他の車両や歩行者を見落とすリスクが高まります。特に狭い道路や混雑した市街地での運転では、この視界の制約が顕著に感じられ、運転のストレス要因となっています。以上のことから、ヤリスクロスのAピラーに起因する視界の問題は、特に運転時の安全確保において重要な検討ポイントです。

【後悔2】内装のプラスチック素材が安っぽい

次に後悔した点で多いのは「内装のプラスチック素材が安っぽい」

ヤリスクロスの内装に使用されているプラスチック素材が安っぽいと感じるユーザーがいることは、購入後の満足度に大きく影響します。

この問題の主な理由は、内装の触感や見た目が価格帯に見合わないと感じられることにあります。具体的には、ダッシュボードやドアトリム、センターコンソールに用いられているプラスチックが硬質で安価な感触を与え、経年変化による摩耗や色褪せが目立ちやすいという点が挙げられます。さらに、これらの部分は日常的に目に触れる部分であり、質感が低いと全体的な車両の印象を損ねることにつながります。したがって、ヤリスクロスの内装に用いられるプラスチック素材は、車両の質感を左右する重要な要素であり、購入前の検討ポイントであるべきです。

【後悔3】サスペンションが硬めで長距離は疲れる

3つ目の後悔ポイントとして「サスペンションが硬めで長距離は疲れる」

ヤリスクロスのサスペンションが硬めに設定されているため、長距離運転では疲労が蓄積しやすいというユーザーの声があります。

この硬めのサスペンション設定が原因で、道路の小さな凹凸が直接車内に伝わりやすく、乗り心地が損なわれることが主な理由です。特に長時間の運転では、この振動が継続的にドライバーと乗員に影響を与え、疲労感を増大させます。例えば、高速道路の長距離移動や石畳の道など、振動が顕著に感じられる路面を走行する際にこの問題は特に明確になります。ですので、ヤリスクロスを選ぶ際には、サスペンションの硬さによる乗り心地と長距離運転時の疲労感は重要な検討ポイントとなります。

【後悔4】走行中の風切り音やロードノイズがうるさい

4つ目の後悔した点は「走行中の風切り音やロードノイズがうるさい」

ヤリスクロスの走行中に生じる風切り音やロードノイズの大きさがユーザーに不満を与えている事例があります。

車両の静粛性が不十分であるため、特に高速道路での運転時に音が顕著になり、これが長時間のドライブの快適性を損なう主な理由です。例えば、風切り音は主にサイドミラーやドアの隙間から発生し、速度が上がるほどに増幅されます。また、タイヤからのロードノイズも同様に、路面の状態やタイヤの種類によって差がありますが、断熱材や遮音材の不足がこれを強調させる傾向にあります。したがって、ヤリスクロスを選ぶ際には、走行中の風切り音やロードノイズのレベルを確認し、長時間運転の快適性を損なわないか検討する必要があります。

【後悔5】インフォテインメントシステムの使い勝手が良くない

そして5つ目の後悔した点は「インフォテインメントシステムの使い勝手が良くない」

ヤリスクロスにおいてインフォテインメントシステムの使い勝手が良くないと感じるユーザーがいるのは、その操作性や反応速度に問題があるためです。

具体的には、タッチスクリーンの反応が遅い、ナビゲーションシステムの更新が煩雑である、またはユーザーインターフェースが直感的でないなどの問題が挙げられます。これらの問題は特に、運転中に迅速かつ安全に操作を行いたい場合に顕著になり、運転の快適性や安全性を損なう原因となります。例えば、目的地を設定する際の手間が多かったり、オーディオコンテンツの検索や選曲が煩わしかったりすると、ドライバーのストレスが増加します。結論として、ヤリスクロスを購入する際には、インフォテインメントシステムの使い勝手を十分に試し、日常的な使用で問題がないか確認することが推奨されます。

後悔してない!乗ってわかったヤリスクロスの魅力

ここまで、ヤリスクロスを買って後悔した事例をご紹介してきました。

後悔した点はあっても、当然買って良かった「ヤリスクロスの魅力」もあります。

ヤリスクロスの他にない魅力は何か?
デメリット以上にメリットを知りたいのが本音ですよね。

具体的な、後悔してない!乗ってわかったヤリスクロスの魅力をまとめていきます!

【魅力1】スタイリッシュなデザインがかっこいい!

まず高評価に繋がったのが「スタイリッシュなデザインがかっこいい!」

ヤリスクロスが多くのドライバーに選ばれる理由の一つに、そのスタイリッシュなデザインが挙げられます。

この車は都市的で洗練された外観が特徴で、特にフロント部分のデザインには多くの工夫が見られます。フロントグリルは大胆かつモダンな造形で、シャープなヘッドライトと組み合わせることで、力強さと先進性を感じさせます。また、サイドビューは流線形のボディラインが特徴的で、動きがあるようなデザインが若々しさを演出します。リアビューにおいても、ワイドで安定感のあるスタンスと、洗練されたテールライトがヤリスクロスの魅力をさらに引き立てます。以上の点から、ヤリスクロスのデザインは、そのスタイリッシュさで多くの人々を魅了し、所有する喜びを提供しています。

【魅力2】ハイブリッドシステム搭載で燃費が良い!

次に2つ目の魅力は「ハイブリッドシステム搭載で燃費が良い!」

ヤリスクロスの大きな魅力の一つは、ハイブリッドシステムを搭載していることによる優れた燃費性能です。

このシステムは、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせにより、効率的なエネルギー利用を可能にしています。具体的には、都市部での低速走行時には電気モーターが主に作動し、ガソリンの消費を抑えます。一方、高速道路などでの走行時にはエンジンとモーターが協調して動き、必要なパワーを効率良く供給します。さらに、減速時やブレーキ時にはエネルギー回収を行い、電気エネルギーとして蓄えることができます。これらのメカニズムにより、ヤリスクロスは市街地から高速道路まで、幅広いシーンで燃料効率の良さを発揮します。したがって、ヤリスクロスはハイブリッドシステムの搭載により、燃費性能が優れており、経済的かつ環境に優しい運転が可能です。

【魅力3】先進的な安全装備が充実して快適に運転できる!

そして3つ目の魅力が「先進的な安全装備が充実して快適に運転できる!」

ヤリスクロスに搭載されている先進的な安全装備は、運転の快適性と安全性を大きく向上させています。

これらの装備は、様々な運転環境でドライバーを支援し、危険から守るために設計されています。具体的な例としては、PCS(プリクラッシュセーフティ)が挙げられます。これは、前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険が迫っている場合には警告を出すとともに、必要に応じて自動でブレーキをかける機能です。また、LTA(レーントレーシングアシスト)は、車線逸脱のリスクがある場合にステアリングを微調整し、車線内を安定して走行するのを助けます。さらに、レーダークルーズコントロールを使用すれば、高速道路などで前車との適切な距離を保ちながら走行することが可能です。これらの装備により、ヤリスクロスはあらゆる運転状況においてドライバーの安全をサポートし、ストレスの少ない運転体験を提供します。以上の装備・機能をみても、ヤリスクロスは先進的な安全装備が充実しており、快適かつ安心して運転できる車両です。

ヤリスクロスで後悔した主因は「車内空間の狭さ」

ここまで、ヤリスクロスの評判について詳しく解説してきました。

結局、ヤリスクロスを後悔する原因は何か?
ひとつに、ヤリスクロスで後悔した主因は「車内空間の狭さ」が挙げられます。

なぜなら、ヤリスクロスはコンパクトSUVカテゴリーに位置付けられており、市街地走行や駐車のしやすさを重視するために、全体的な車両サイズを抑える設計がなされているから。その結果、特に後部座席のレッグルームやヘッドルーム、トランクスペースが限られる傾向にあります。

実際、ライバル車種であるホンダの「ヴェゼル」や日産の「キックス」と比較すると、これらの車種は同じコンパクトSUVセグメントに属しながらも、若干広めの車内空間を確保している点が挙げられます。ヴェゼルやキックスは、後部座席の足元スペースがより広く、長時間の移動でも快適に過ごしやすいと評価されています。また、トランク容量もヤリスクロスに比べて大きい傾向にあり、大きな荷物やアウトドア用品を積む際に便利です。

ヤリスクロス単体でみたとき、後部座席のレッグルームが狭いため、大人が長時間座るには窮屈に感じられる場合があります。これは特に、大人数での移動や長距離のドライブで不便を感じるシチュエーションです。また、トランクスペースに関しても、大きな荷物やスーツケースを複数積むには容量が不足していると感じるユーザーがいます。例えば、家族でのキャンプやアウトドアでの使用時に、テントやクーラーボックスなどの大きなアイテムを積む際にスペースが足りず、積載方法を工夫する必要が出てくる場合があります。

このように、ヤリスクロスは他のライバル車種と比較した場合と単体で考えた時、車内空間の狭さが目立つことがあり、特に家族利用や荷物を多く積む機会が多いユーザーにとっては、後悔の原因になり得ると言えます。したがって、購入前には実車での確認や試乗を通じて、自身の用途に合致するか慎重に検討することが重要です。

後悔すると言われてもヤリスクロス購入に向いてる人の特徴

ここまで、ヤリスクロスの評判を詳しく解説してきました。

では、どういった人がヤリスクロスの購入には向いているのか?

具体的な後悔すると言われてもヤリスクロス購入に向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】都市部での使用が多い人

まず1つ目の特徴が「都市部での使用が多い人」

都市部での使用が多い人にヤリスクロスが向いている理由は、そのコンパクトなサイズ感と優れた燃費性能にあります。

都市部では、狭い道路や限られた駐車スペースが多く、小回りが利き、扱いやすい車が求められます。ヤリスクロスはこの条件を満たすコンパクトSUVであり、狭い路地や小さな駐車場でもスムーズに運転できる点が大きな利点です。例えば、ショッピングモールの地下駐車場や繁華街の狭い道路でも、その機動性が活きるでしょう。また、停止と発進が繰り返される都市部の走行では、ハイブリッドシステムの効果により燃料の節約が期待できます。以上のことから、頻繁に都市部で運転する人にとって、ヤリスクロスはその利便性と経済性で大きな魅力を持つ車種です。

【特徴2】燃費の良さを重視したい人

次に2つ目の特徴として「燃費の良さを重視したい人」

燃費の良さを重視する人にヤリスクロスが適している理由は、その高効率なハイブリッドシステムにあります。

このシステムは、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせによって、無駄なエネルギー消費を抑え、燃料効率を大幅に向上させます。具体的には、市街地での頻繁な停止と発進が要求される状況において、電気モーターのみでの走行が可能となり、ガソリン消費を削減します。また、長距離運転においても、エンジンとモーターの効率的な連携により、理想的な燃費を実現します。したがって、燃料費の節約を重視する人にとって、ヤリスクロスはその経済性に優れた選択肢となり得ます。

【特徴3】四輪駆動車を求めている人

そして3つ目の特徴が「四輪駆動車を求めている人」

四輪駆動車を求めている人にヤリスクロスが適している理由は、そのオールシーズンでの走破性能にあります。

四輪駆動システムは、滑りやすい路面でも各輪に均等にトルクを配分し、車両の安定性とトラクションを向上させます。具体的には、雪道や雨の日の滑りやすい路面、またはオフロードなど、様々な走行環境でその性能を発揮します。四輪駆動モデルは、特に冬場の雪道を頻繁に走行する地域に住む人や、キャンプなどアウトドア活動で悪路を走る機会が多い人に最適です。以上の特徴から、四輪駆動車の安定した走行性能を必要とする人にとって、ヤリスクロスは信頼できる選択肢です。

【お得】ヤリスクロスを買って後悔したくない人向け賢いサービス

ここまで、ヤリスクロスの評判と購入に向いてる人の特徴をまとめてきました。

ヤリスクロスも魅力的なメリットがある反面、デメリットに感じる機能や性能はあります。

ニーズに合致しない車を買ってしまえば、多くは「後悔」することになりかねません。
また、購入するにも「初期費用」と、その後の車の維持管理(車検・メンテナンスや保険など)として「維持費」がかかります。

購入するだけでもリスクなのに、買った後に「なんか違う。。」とニーズに合わない車なら後悔してもしきれませんよね。

でも実は、ヤリスクロスを買って後悔したくない人向け賢いサービスがあることをご存知でしょうか?

そのリスクを最小限に抑えて新車を持てるサービスが「カーリース」

車のサブスクとも呼ばれる、定額で新車を持てるサービスのこと。
カーリースなら、車購入にかかる費用もすべてコミコミで「月1万円台から」新車を持つことが可能です。

ですので、気になる車を「お試しで」乗るのにも最適。
車購入のリスクを最大限回避して、新車が持てる後悔しない方法だといえます。

そして、カーリースの中でも特におすすめのサービスが「Cool MINT

Cool MINTは、上場企業で日本7大商社の双日株式会社のグループが運営。
頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検・メンテナンス代など一切不要の完全定額カーリースサービスです。

また、自動車ローンと異なり、自分で税金を払ったり、メンテナンス工場を探す手間がありません。

「車を購入するリスクを最小限に抑えたい!」
「初期費用だけでなく維持費も抑えて、賢くヤリスクロスに乗りたい!」

上記のような、賢く合理的にヤリスクロスを持ちたい方におすすめのサービスとなっています。

\車を購入よりもお得!/
『Cool MINT』まずは気になる車種を問い合わせる
【公式サイト:https://mintsubsc.com

【安心】ヤリスクロスの中古をお得に購入できるおすすめの方法

ヤリスクロスの中古をお得に購入できるおすすめの方法があります!

【Q&A】後悔すると囁かれるヤリスクロスに関するよくある質問

最後に後悔すると囁かれるヤリスクロスに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ヤリスクロスはどんな年齢層に人気?

「ヤリスクロスはどんな年齢層に人気?」

ヤリスクロスは幅広い年齢層に人気があるが、特に若い世代から中高年層までの広い範囲に支持されています。

その理由は、スタイリッシュなデザインと高い燃費効率、先進の安全機能を兼ね備えている点にあります。例えば、20代から30代の若い世代は、モダンなデザインと環境への配慮を評価しており、また40代から60代の中高年層は、燃費の良さや安全性能の高さを重視して選んでいます。実際に、市場調査ではヤリスクロスの購入者層が20代後半から60代までと非常に幅広いことが示されています。結論として、ヤリスクロスは多様な年齢層からのニーズに応える多機能性を持ち、様々な世代に人気の車種です。

【質問2】ヤリスクロスは運転しやすい車?

「ヤリスクロスは運転しやすい車?」

ヤリスクロスはそのコンパクトな設計と先進の機能により、運転しやすい車として多くの評価を受けています。

具体的には、全長4,180mm~4,200mm、全幅1,765mmのボディサイズにより、狭い道路や駐車スペースでも取り回しが容易です。また、ドライバーの視界を広げるデザイン、例えば高めに設定された座席ポジションは、周囲の状況を把握しやすくしています。さらに、駐車時に便利なバックカメラなどの機能も、運転のしやすさをサポートしています。これらの特徴は、特に運転経験が少ない人や、日々の運転でストレスを感じやすい人にとって、大きなメリットとなります。結論として、ヤリスクロスはそのユーザーフレンドリーな設計で、多くのドライバーにとって運転しやすい車です。

【質問3】ヤリスクロスのガソリン車を選ぶと後悔する?

「ヤリスクロスのガソリン車を選ぶと後悔する?」

結論、ヤリスクロスのガソリン車を選択するかどうかは、個人の運転スタイルや価値観に大きく依存します。

ハイブリッドモデルと比較すると、ガソリン車は価格が低めに設定されている反面、燃費性能では劣る傾向にあります。具体的には、ヤリスクロスのハイブリッドモデルは市街地走行や頻繁な停止・発進が多い環境での燃費効率が高く、特に環境意識が高いユーザーや燃料費の節約を重視するユーザーに適しています。一方、ガソリン車はハイブリッドモデルよりも燃費が劣るものの、初期投資が低く抑えられるため、短距離の運転が中心のユーザーやコストを重視するユーザーには合理的な選択肢となり得ます。したがって、ガソリン車を選ぶかどうかは、使用目的やコストパフォーマンスを総合的に考慮した上で判断する必要があります。

【質問4】ヤリスクロスのマイナーチェンジ(一部改良)はどう変わった?

「ヤリスクロスのマイナーチェンジ(一部改良)はどう変わった?」

ヤリスクロスのマイナーチェンジでは、デザインの見直し、装備の充実化、走行性能の向上など、複数の点で改良が施されました。

具体的には、エクステリアではフロントグリルのデザインが刷新され、より洗練された印象を与えるようになりました。内装においては、使用される素材の質感が向上し、インフォテインメントシステムのディスプレイが大型化されるなど、快適性が強化されています。また、エンジンやハイブリッドシステムの効率改善により、燃費性能がさらに向上しました。安全装備に関しても、最新の予防安全技術が追加され、ドライバーをサポートする機能が充実しています。結論として、ヤリスクロスのマイナーチェンジは、デザインの鮮度を保ちつつ、ユーザーの快適性と安全性を高める方向で進化を遂げました。

まとめ:ヤリスクロスを買って後悔した事例と購入に向いてる人の特徴

ヤリスクロスを買って後悔した事例と購入に向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて、ヤリスクロスを買って後悔した事例をまとめると、

ヤリスクロスを買って後悔した事例

  • Aピラーが太くて視界が悪い
  • 内装のプラスチック素材が安っぽい
  • サスペンションが硬めで長距離は疲れる
  • 走行中の風切り音やロードノイズがうるさい
  • インフォテインメントシステムの使い勝手が良くない

ヤリスクロスを買って後悔した事例があるのは事実です。
特に、視界の悪さや長距離運転だと疲れるなどの声が目立ちました。

ですが、後悔する以上に運転するメリットを感じる声があるのも事実。

つまり、ヤリスクロスを買って後悔するかは個々人の価値観次第。
購入して後悔しないためにも、利用目的と予算を明確にしたうえで、購入を検討するのが良いといえます。

「でもどうしても、買って後悔したくない。」
リスクを最小限に抑えて車を持ちたい方は「カーリース」という選択肢もあります

車のサブスクとも呼ばれる、定額で新車を持てるサービスのこと。
カーリースなら、車購入にかかる費用もすべてコミコミで「月1万円台から」新車を持つことが可能です。

ですので、気になる車を「お試しで」乗るのにも最適。
車購入のリスクを最大限回避して、新車が持てる後悔しない方法だといえます。

そして、カーリースの中でも特におすすめのサービスが「Cool MINT

Cool MINTは、上場企業で日本7大商社の双日株式会社のグループが運営。
頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検・メンテナンス代など一切不要の完全定額カーリースサービスです。

また、自動車ローンと異なり、自分で税金を払ったり、メンテナンス工場を探す手間がありません。

「車を購入するリスクを最小限に抑えたい!」
「初期費用だけでなく維持費も抑えて、賢くヤリスクロスに乗りたい!」

上記のような、賢く合理的にヤリスクロスを持ちたい方におすすめのサービスとなっています。

\車を購入よりもお得!/
『Cool MINT』まずは気になる車種を問い合わせる
【公式サイト:https://mintsubsc.com