フォルクスワーゲンのアルテオンはなぜ「だめ」と言われるのか?評判と乗ってる人の特徴

「アルテオンがだめってホント?」

「アルテオンの評判はどう?乗ってる人の特徴は?」

フォルクスワーゲンのフラッグシップモデル「アルテオン」
高級感と走行性能を両立した、スタイリッシュな人気スポーツセダンです。

そんなアルテオンについて、一部で「アルテオンはだめ」との声も聞かれますが、なぜでしょうか?

本記事では、アルテオンがだめと言われる理由と運転してみての良い評判について詳しく解説していきます!

フォルクスワーゲンのアルテオンとはどんな車?

アルテオンは「だめ」と言われる理由を考察する前に、そもそもフォルクスワーゲンのアルテオンとはどんな車か?特徴をご紹介します。

フォルクスワーゲンアルテオンは、そのスタイリッシュで先進的なデザインが特徴的な高級セダンです。この車は、流れるようなクーペのようなルーフラインと広い車内空間を兼ね備えており、快適性と実用性を両立しています。特に、フロントグリルとシームレスに連なるヘッドライトのデザインは、モダンで洗練された印象を与えます。

アルテオンはパフォーマンスも非常に優れており、ターボチャージャー付きのエンジンが搭載されているため、力強い加速とともに効率的な燃料消費を実現しています。また、最新の運転支援システムが多数装備されているため、安全性にも配慮されています。これには、自動ブレーキシステムや車線維持支援システムなどが含まれます。

インテリアにおいても、アルテオンは高級感あふれる仕上がりとなっています。上質な素材の使用はもちろん、多機能インフォテインメントシステムや最先端のコネクティビティ機能がドライバーと乗客の快適なドライブをサポートします。広々とした室内は、長時間の運転でも疲れにくい設計となっているため、日常の移動から長距離ドライブまで幅広い用途で活躍します。

以上のように、フォルクスワーゲンのアルテオンは洗練されたデザイン、卓越したパフォーマンス、先進の安全性、そして快適なインテリアを兼ね備えた車として、多くの人に選ばれる理由があります。興味がある方は、ぜひ実車を見て、その魅力を実感してみてください。

アルテオンは「だめ」と言われる5つの理由

アルテオンとはどういった車なのか?その特徴をご紹介してきました。

では気になる「アルテオンはだめ」と言われる理由についてです。

ここから早速、アルテオンは「だめ」と言われる5つの理由について独自の視点で考察していきます。

【理由1】価格が高いから

まず1つ目の理由で目に留まるのが「価格が高いから」

アルテオンが「だめ」と言われる理由の一つは、価格が高いと感じる人がいることです。まず、アルテオンの価格設定は競合車種に比べて高めになっています。

ベースグレードに相当する「TSI 4MOTION R-Line」の価格が646万円からで、オプションや上位グレードにするとさらに費用が増加します。競合する他社のプレミアムセダンと比較すると、同クラスでありながら装備や機能が充実していないと指摘される場合があります。例えば、アウディA4BMW 3シリーズなどが競合車種として挙げられますが、アルテオンはこれらと比べて価格面での競争力に欠けるとの見方が強いです。価格が高いため、購入の際に費用対効果を重視する消費者にとって選択肢から外れるケースがあるのが現状です。

以上の結果から、アルテオンは「だめ」との評価を受ける場合があるのです。

【理由2】見た目がダサいから

次に2つ目の理由として「見た目がダサいから」

アルテオンが「だめ」と言われる理由の一つとして、見た目がダサいという評価が存在します。外観のデザインは個々の好みによる部分もありますが、一般的には独特なスタイリングが否定的に見られることがあります。特にフロントグリルの大きなデザインや鋭角なラインは、伝統的なセダンの印象と比べると前衛的であり、一部の消費者にとっては受け入れにくいデザインと評価されています。

例えば、ヘッドライトの形状や車全体のシルエットは他のセダンとは異なり、スポーティさと高級感を追求した形状になっています。しかし、保守的なスタイリングを求める顧客にとっては、他のメーカーのモデルよりも派手で奇抜な外観が魅力に欠けると感じられるケースがあるのです。このため、「だめ」との評価が一部で見られるのです。

デザインの評価は主観的であるため、アルテオンのスタイリングは好き嫌いが分かれる傾向にありますが、ユニークなデザインが一部の市場において魅力として認識される反面、独特のデザインだと購入意欲を削ぐ結果になる場合があるのです。

【理由3】燃費はやや悪いから

実用的な面で評価されるのが「燃費はやや悪いから」

アルテオンが「だめ」と言われる理由の一つは、燃費がやや悪いとされることです。特に燃費性能に敏感な消費者にとって、アルテオンの燃費は競合車種と比較して見劣りすると感じられます。アルテオンの燃費はWLTCモードでおおよそ11.6km/Lとされていますが、これは同クラスの他の車と比べると控えめな数字です。例えば、トヨタの「カムリ」やホンダの「アコード」などはハイブリッドエンジンを搭載しているため、20km/L前後の燃費を達成しています。

アルテオンは2.0Lターボエンジンを搭載しており、性能面でのアドバンテージを持ちながらも、そのエンジンの特性上、燃料消費が増える傾向にあります。ターボチャージャーにより高出力を維持しつつ加速性能を重視しているため、他の車種と比較して燃費効率が低くなるのです。

そのため、燃費に重点を置く顧客層からは、アルテオンの燃費性能が競争力に欠けるとの指摘を受ける場合があります。購入時には燃費性能と高い走行性能をトレードオフとして検討することが求められますが、一部では「だめ」と評価されることがあるのです。

【理由4】エンジン音が車内に響いてうるさいから

4つ目にも実用的な面で指摘があるのは「エンジン音が車内に響いてうるさいから」

アルテオンが「だめ」と言われる理由の一つに、エンジン音が車内に響いてうるさいという評価があります。まず、2.0Lターボエンジンは高出力でスポーティな走りを可能にしますが、エンジン音が車内に響きやすい設計になっています。特に、高速走行時や加速時にエンジン回転数が高くなると、車内にエンジン音がこもるため、静粛性を重視する消費者には不快と感じられることがあります。

具体的には、エンジン回転数が3000回転を超えると、エンジン音がさらに強調され、車内の音響環境に影響を及ぼします。特に長距離運転や高速道路での走行時にその傾向が顕著で、疲労感が増すと指摘されています。アルテオンはスポーティな走行性能を追求する一方で、静粛性の面では他の高級セダンに比べて劣るという評価があります。

そのため、静かでリラックスしたドライブ体験を求める顧客層にとって、アルテオンのエンジン音が車内に響くことは不満につながる可能性が高く、結果として「だめ」と評価されることがあるのです。

【理由5】リセールバリューが競合と比較して低いから

そして5つ目の理由として挙げられるのは「リセールバリューが競合と比較して低いから」

アルテオンが「だめ」と言われる理由の一つに、リセールバリューが競合と比較して低いと感じられることがあります。まず、リセールバリューは中古車市場での需要や評価、メーカーのブランド力、モデルの人気度などに影響されますが、アルテオンは日本市場において高級車ブランドとしての知名度が競合に劣るため、再販価格が低い傾向にあります。

具体的に、同クラスの他車と比較すると、トヨタ・カムリやホンダ・アコードなどは国内市場での認知度が高く、信頼性や耐久性の面で優れているという評価から、中古車市場でも人気があり、高いリセールバリューを保っています。しかし、アルテオンはフォルクスワーゲンというブランドの中での位置づけが明確でないため、再販時に高価格での売却が難しいと指摘されています。実際、アルテオンのリセールバリュー情報をみても、同セグメントの競合と比較して低い水準となっています(出典:アルテオン(フォルクスワーゲン)の年落ち別リセールバリュー)。

このため、購入後の価値減少が相対的に高くなり、リセールバリューが低いと感じる消費者がいるのです。高い初期購入価格に対してリセールバリューが低いことから、長期的なコストパフォーマンスを重視する顧客にとって、アルテオンは「だめ」と評価されることがあるのです。

だめでも魅力あり!アルテオンの良い評判

ここまで、アルテオンは「だめ」と言われる理由を考察してきました。

アルテオンがだめと評価されても、魅力や運転するメリットはもちろんあります。

ここからは、だめでも魅力あり!アルテオンの良い評判についてご紹介します!

【評判1】高級感溢れる内装がテンションあがる!

まず大きな魅力として感じるのが「高級感溢れる内装がテンションあがる!」

アルテオンの内装は高級感にあふれており、オーナーのテンションが上がると評判です。フォルクスワーゲンが重視している洗練されたデザインと素材選びが、まず運転席に座った瞬間からわかります。上質なレザーシートや木目調パネル、アルミニウム装飾が、シックで洗練された雰囲気を作り出しています。特に、レザーシートは前席・後席ともに身体を包み込むような座り心地で、長時間のドライブでも快適です。

デジタルメータークラスターは12.3インチのディスプレイで、ドライバーがカスタマイズ可能な情報を提供します。センターコンソールには大型のタッチスクリーンが配置され、ナビゲーションやオーディオ、車両設定のコントロールが容易に行えます。また、アンビエントライトは多彩なカラーバリエーションから選択可能で、車内のムードを一層高めます。

広い車内スペースも特筆すべき点で、後部座席のレッグルームは同クラスの中でも広く、足元のゆとりが快適な乗車を実現します。このような高級感あふれる内装が、アルテオンの魅力を一段と高め、オーナーのドライビングエクスペリエンスを向上させているのです。

【評判2】快適な乗り心地で長距離運転でも疲れにくい!

さらに魅力的な点として「快適な乗り心地で長距離運転でも疲れにくい!」

アルテオンは快適な乗り心地が魅力で、長距離運転でも疲れにくいと高く評価されています。サスペンションシステムが路面の凹凸をしなやかに吸収し、舗装道路や悪路でも快適な走行が可能です。アダプティブシャシーコントロールにより、ドライバーは走行モードを選択できるため、柔らかい乗り心地からスポーティな感覚まで、状況に応じて最適な乗り心地を楽しめます。

座席は高品質のレザーで覆われ、長時間座っていても腰や背中への負担が軽減されるよう設計されています。運転席にはパワーシートが搭載され、シートポジションを細かく調整することが可能です(出典:Arteon クイックユーザーガイド)。さらに、ヒーターやベンチレーションの機能も備わっており、寒暖の差が大きい状況でも快適な環境が保たれます。

また、車内の静粛性も重要な要素です。エンジン音や風切り音がしっかりと抑えられているため、車内での会話やオーディオを楽しむことができます。これらの要素が組み合わさり、長距離運転においても快適でリラックスしたドライブ体験を提供し、アルテオンの乗り心地が高く評価される理由となっています。

【評判3】広々とした室内空間で快適な乗車環境を確保!

内装の質感の良さだけでなく「広々とした室内空間で快適な乗車環境を確保!」

アルテオンの室内空間は広々としており、快適な乗車環境を提供しています。まず、ホイールベースが2,835㎜と長く、全長が4,870㎜、全幅が1,875㎜と幅広いため、前席・後席ともに余裕のあるスペースが確保されています。特に後部座席のレッグルームは豊富で、足をしっかりと伸ばせるため、長距離ドライブでもリラックスして過ごせます。

荷室容量も大きく、通常状態で563リットル、後部座席を倒すと最大1,557リットルまで拡張できるので、大量の荷物を持ち運ぶ場合でも安心です。スキー板やゴルフバッグなど、大きなアイテムも問題なく積載可能です。また、フラットな荷室設計で使いやすく、ラゲッジルームにはスルーローディング機能も備わっているため、長い荷物を積む際にも便利です。

室内の全体的なデザインは高級感があり、素材の質感やシートの座り心地も優れています。広々としたパノラマサンルーフが開放感を高め、十分なヘッドルームと相まって快適な車内環境を提供します。アルテオンの広々とした室内空間は、ゆったりとした移動を重視する顧客にとって、魅力的なポイントとなっています。

【評判4】高い走行性能でダイナミックな運転も可能!

4つ目の良い評判として「高い走行性能でダイナミックな運転も可能!」

アルテオンは高い走行性能により、ダイナミックな運転が可能です。まず、搭載されている2.0Lターボエンジンは最大出力272馬力を誇り、0-100km/h加速は6秒を切るスピードを実現します。高速道路での追い越しや合流、山道でのコーナリングなど、さまざまな状況でパワフルな走りを楽しめます。トルクも豊富で、シフトダウンせずにスムーズな加速を可能としています。

加えて、アダプティブシャシーコントロールにより、ドライバーは「ノーマル」「スポーツ」「コンフォート」など複数のモードを選択できます。スポーツモードに切り替えると、ステアリングの応答性が向上し、サスペンションが引き締まり、ハンドリングがよりシャープに感じられます。これにより、ワインディングロードや峠道での走行も安心して楽しめます。

4MOTIONと呼ばれる四輪駆動システムも、悪天候や滑りやすい路面でのトラクションを確保し、常に安定した走行が可能です。アルテオンはパワフルなエンジンと洗練されたシャシー、俊敏なハンドリングを組み合わせることで、日常の走行からスポーティなドライブまで、さまざまな状況でダイナミックな運転体験を提供します。

【評判5】最新の安全技術が装備されていて安心!

そして5つ目の良い評判として「最新の安全技術が装備されていて安心!」

アルテオンは最新の安全技術を装備しており、安心したドライブを提供します。まず、自動緊急ブレーキを備えた「フロントアシスト」は前方車両や歩行者との衝突リスクを検知し、衝突の危険性が高まった際には自動でブレーキを作動させます。この機能は特に都市部での走行や渋滞時に有効で、安全性の向上に寄与します。

レーンキープアシストは車線逸脱を防ぐためにステアリング操作をサポートします。さらに、アダプティブクルーズコントロール(ACC)は前方車両との適切な車間距離を自動で維持し、高速道路での長距離運転を安全かつ快適にします。また、「トラフィックジャム・アシスト」により、渋滞時でも車両がスムーズに加減速を繰り返しながら走行できるため、ドライバーの負担を軽減します。

パーキングアシストも搭載されており、駐車スペースの確保や車庫入れを自動でサポートします。ブラインドスポットモニターは車線変更時に隣接車線の死角にある車両を検知し、警告を発します。これらの技術が組み合わさることで、アルテオンはドライバーと同乗者に安心したドライブ環境を提供し、安全性を高めています。

だめと言われてもアルテオンに乗ってる人の特徴

ここまで、アルテオンの評判をご紹介してきました。

では、どういった人がアルテオンに乗っているのか?

気になるだめと言われてもアルテオンに乗ってる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】年収目安は1,000万円以上の人

まず1つ目の特徴として「年収目安は1,000万円以上の人」

アルテオンに乗っているオーナーの特徴として、年収目安が1,000万円以上であることが挙げられます。アルテオンの新車価格は6,460,000円からで、この価格帯の車を所有するには一定の経済的余裕が必要です。高額な車両価格や税金、保険料などを含む総合的なコストを負担するためには、年収1,000万円以上であることが目安とされています。

このクラスのオーナーは通常、プロフェッショナルな職業についていることが多く、弁護士や医師、経営者、上級管理職など、高収入のポジションを持つ人々が多い傾向にあります。アルテオンの上質なデザインと高級感を楽しみつつ、快適な乗り心地や高い走行性能に満足するため、価値を重視しつつライフスタイルに合った車を求める人々に選ばれています。

この価格帯の車は、見た目の良さや走行性能、先進技術を備えた車を求める層に人気があり、年収1,000万円以上のオーナーにとっては、個性や上質さを表現する一つのステータスともなっています。結果として、アルテオンはそのような収入層に適した選択肢となり、オーナーのライフスタイルや価値観に合致した車種として選ばれているのです。

【特徴2】高級車の中でも実用性を重視する人

次に2つ目の特徴として「高級車の中でも実用性を重視する人」

アルテオンに乗っているオーナーの特徴として、高級車の中でも実用性を重視する人が多いことが挙げられます。アルテオンは、スタイリッシュなデザインと高い走行性能を持ちながらも、広々とした室内空間と豊富な収納容量を備えています。特に後部座席は広く、家族での旅行や日常の買い物にも十分なスペースがあり、シートを倒せば最大1,557リットルの荷室容量が確保されます。

また、先進的な安全装備を備えた運転支援システムや、アダプティブクルーズコントロール、車線維持アシストなどにより、長距離ドライブや日常の通勤にも安心して利用できる仕様となっています。燃費性能も優れており、2.0Lターボエンジンの効率的な燃費により、経済性も確保されています。

このようなアルテオンの特徴は、高級車における見た目やブランドだけでなく、日々の使い勝手や経済性を重視するオーナーにとって理想的な選択肢となっています。

【特徴3】車にこだわりがあって個性を大切にする人

そして3つ目の特徴として「車にこだわりがあって個性を大切にする人」

アルテオンのオーナーには、車へのこだわりがあり個性を大切にする人が多く見られます。アルテオンは独特のデザインが特徴で、一般的なセダンとは異なるクーペ風の流麗なラインを持ちつつ、ファストバックのスタイルが独特の個性を引き立てています。

その外観は、都市の中で際立ち、他の車とは一線を画した存在感を放っています。アルテオンのオーナーは、洗練されたデザインと高性能の両立を求め、自分のスタイルをしっかりと表現することができる車に価値を見出しています。

具体的には、通常の高級セダンとは異なるデザインのシルエットや、フルLEDライトの美しい照明、上質なインテリアなどに惹かれる傾向が強いです。内外装にこだわるだけでなく、最新の安全技術や走行性能を求めることも特徴です。これらの要素が、車への強いこだわりと個性を大切にするオーナーの嗜好に合致し、アルテオンはその期待を満たす車種として選ばれています。

【注意】アルテオンを買って後悔する人はどんな人?

ここまで、アルテオンをだめと評価する理由や良い評判を詳しくご紹介してきました。

結局のところ、アルテオン購入にも向き不向きがあって、向かない人が買えば「だめ」との評価につながりやすくなってしまいます。なぜなら、アルテオンにも魅力や運転するメリットが多く存在する魅力的な車だからです。

では、アルテオンを買って後悔する人はどんな人なのかどうか?

結論からいうと、アルテオンを購入して後悔する可能性がある人は、以下のような特徴を持つ人です。

アルテオンを買って後悔する人

  • 燃費を最優先に考える人:燃費性能に敏感な方や経済性を重視する方は、アルテオンの燃費が期待に応えられないことがあるため、購入後に不満を感じるかもしれません。
  • コストパフォーマンスを重視する人:初期の購入コストに加えて維持費も高めであり、コスト効率を最も重要視する人には合わない場合があります。
  • 非常に静かな車内環境を求める人:アルテオンはエンジン性能が高い反面、エンジン音が車内に響きやすい設計になっています。

これらの点を事前に理解せずにアルテオンを購入した場合、後悔するリスクが高まるでしょう。

【Q&A】だめと噂されるアルテオンのよくある質問

最後にだめと噂されるアルテオンのよくある質問をまとめます。

【質問1】アルテオンは故障が多いってホント?

「アルテオンは故障が多いってホント?」

結論からいうと、アルテオンは故障が多いといった事実はありません。

アルテオンはフォルクスワーゲンの高級セダンとして、高い品質管理のもとで製造されています。故障率についての具体的な報告は限られており、多くのオーナーからはその耐久性や信頼性に対して肯定的な評価が寄せられています。例えば、エンジンやトランスミッションなどの主要な部分に関しては、日本市場において特に重大な欠陥報告は見られません。

したがって、アルテオンが故障が多いという噂は確かな根拠に基づいているわけではなく、実際には多くのユーザーから高い信頼性が報告されています。

【質問2】アルテオンの維持費はいくらですか?

「アルテオンの維持費はいくらですか?」

アルテオンの維持費は、新車価格が高級車のカテゴリーに属するため、他の一般的な車種に比べてやや高くなります。具体的には、毎年の自動車税や重量税、燃費に基づくガソリン代、車検やメンテナンス費用、保険料などが考えられます。

例えば、2.0Lエンジンを搭載したモデルの自動車税は年間約45,000円ほどであり、燃費は市街地でリッターあたり約10?13km/L程度が目安となります。これに加え、車検の際のメンテナンス費用や部品交換なども考慮に入れる必要があります。輸入車ゆえに部品代が高くつくこともありますが、定期的なメンテナンスで長期的な信頼性を確保できます。

結果として、アルテオンの維持費は高級車としての特性に基づいて適度に高いものの、その性能と快適さを求める人にとっては、納得できる投資と言えます。

【質問3】アルテオンの販売は終了しますか?

「アルテオンの販売は終了しますか?」

アルテオンの生産終了が発表されました。理由は、新戦略でコアモデルに注力するため。

【質問4】アルテオンのガソリン代はいくらですか?

「アルテオンのガソリン代はいくらですか?」

アルテオンのガソリン代は、エンジン仕様や走行条件によって変動します。一般的にアルテオンの燃費は市街地で10~13km/L程度で、高速道路では15km/L前後となります。仮に年間1万キロを走行し、ガソリン価格が1リットル160円とすると、市街地走行の平均燃費で計算して年間ガソリン代は約123,000円から160,000円ほどかかります。

アルテオンは高性能な2.0Lターボエンジンを搭載しているため、走りにこだわりながらも燃費を維持できるように設計されています。燃費に敏感な方はエコドライブを心がけることで、ガソリン代を抑えられます。

総合的に見て、アルテオンのガソリン代は高性能車としては標準的であり、その走行性能を考慮すれば納得できる範囲といえます。

【質問5】アルテオンのカスタムパーツは豊富にある?

「アルテオンのカスタムパーツは豊富にある?」

アルテオンのカスタムパーツは、特にヨーロッパや北米で人気の高い車種であるため、比較的豊富に入手できます。大手メーカーや専門ブランドからエアロパーツ、ホイール、サスペンション、エキゾーストシステムなど、幅広いカスタムパーツが販売されており、個性や用途に合わせてカスタマイズが可能です。

例えば、スポーツ志向のオーナーには走行性能を高めるサスペンションやマフラーが提供されており、外観のカスタマイズを楽しみたい人にはフロントリップやサイドスカートなどが人気です。また、内装のカスタムも可能で、シートカバーやインパネパーツなどで高級感を強化できます。

結論として、アルテオンのカスタムパーツは豊富にあり、自分のスタイルや目的に応じたカスタムが十分楽しめるといえます。

まとめ:アルテオンがだめと言われる理由と運転してみての良い評判

アルテオンがだめと言われる理由と運転してみての良い評判をまとめてきました。

改めて、アルテオンはだめと言われる理由をまとめると、

アルテオンはだめと言われる理由

  • 価格が高いから
  • 見た目がダサいから
  • 燃費はやや悪いから
  • エンジン音が車内に響いてうるさいから
  • リセールバリューが競合と比較して低いから

アルテオンがだめと評価されても、魅力や運転するメリットはもちろんあります。