スポーツカーじゃないけど速い車おすすめ10選!車の選び方と速い車の魅力

「スポーツカーじゃないけど速い車でおすすめは?」

「スポーツカーじゃなくても楽しめる速い車の魅力は何?」

「速い車に乗りたいけれど、スポーツカーはちょっと…」そんな悩みをお持ちではありませんか?多くの人がスポーツカーの性能に憧れる一方で、日常の使い勝手や維持費の問題から手が出せないと感じています。

実は、スポーツカーじゃないけど速い車は存在します。コンパクトで扱いやすく、しかも走行性能に優れた車種が数多くあります。

この記事では、そんな魅力的なスポーツカーじゃないけど速い車のおすすめ車種をピックアップしてご紹介します。あなたの日常をもっと楽しく、快適にする一台を見つけてみませんか?

忙しい方に、中古車探しの悩みを解決する方法とは?

「できるだけ新しい中古車が欲しい。」

「でも欲しい車がなかなか見つからないし、時間もかかる。」

「見つかっても、中古車は新車と比べて保証が少なそうで不安。」

「そもそも中古車の状態が、良いのかどうか素人では判断できない。」

中古車が欲しい、でも探すにあたって必ず感じる悩み。

もし、悩みや不安をお持ちなら「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスの利用がおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を無料で提案してくれるサービスのこと。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける!
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる!
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなら、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心して車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
まずは欲しい車の条件を入力して情報をもらう
【公式サイト:https://www.zba.jp

スポーツカーじゃないけど速い車おすすめ10選

スピードを楽しみたいけれど、スポーツカーにこだわりたくない方にぴったりな速い車を紹介します。日常使いもできて、コストパフォーマンスに優れたモデルを選びました。それでは、おすすめの10台をご覧ください。

日産 マーチ NISMO

日産 マーチ NISMOは、スポーツカーではないものの、優れたパフォーマンスを誇るコンパクトカーです。その小さなボディにより、狭い街中でも機動力が高く、駐車も簡単に行えます。エンジンは1.5リットルで、ノーマルモデルに比べてよりスポーティなチューニングが施されており、力強い加速が楽しめます。また、専用サスペンションによりハンドリング性能も向上しています。日常の使い勝手を損なわずにスポーティな走行が楽しめるこのモデルは、スポーツカーを必要とせずにスピードを追求したい方に最適です。

ホンダ S660

ホンダ S660は、軽自動車の枠を超えたスポーティなモデルです。そのミッドシップエンジン配置により、バランスの取れたハンドリングが特徴です(出典:走行性能)。最高出力は64馬力と控えめですが、その軽量ボディと相まって、キビキビとした走りを実現しています。ターボチャージャー付きの660ccエンジンは、特に低回転域でのトルクが豊かで、日常の運転でも快適さを保ちます。S660は、手軽にスポーティなドライビングを楽しみたい方におすすめの一台です。

トヨタ ヴィッツ GR

トヨタ ヴィッツ GRは、日常の使い勝手とスポーティな走行性能を兼ね備えた一台です。1.5リットルエンジンを搭載し、レスポンスの良い加速を提供します。GRの名にふさわしく、専用のチューニングが施されたサスペンションとブレーキシステムが、走行時の安定性とコントロール性を高めています。また、内外装にはスポーティなデザインが施され、ドライバーの気分を高揚させます。家族での利用も考慮しつつ、スポーティな走行を楽しみたい方に最適です。

マツダ ロードスター

マツダ ロードスターは、オープントップの楽しさと軽快な走行性能を兼ね備えたモデルです。軽量化を追求した設計により、1.5リットルまたは2.0リットルのエンジンでも十分なパフォーマンスを発揮します(出典:specification)。その優れたハンドリングと、オープントップならではの爽快感が、ドライビングの楽しさを最大限に引き出します。ロードスターは、スポーツカーにこだわらずにドライビングを楽しみたい方にぴったりの一台です。

スズキ スイフト スポーツ

スズキ スイフト スポーツは、コンパクトカーながらも優れた走行性能を誇るモデルです。1.4リットルのターボエンジンは、軽快な加速を提供し、タイトなコーナリングも得意としています(出典:走行・環境性能)。スポーツ専用のサスペンションとブレーキにより、安定した走行と高いコントロール性が実現されています。また、その軽量なボディは、燃費性能も良好で、経済性とスポーツ性能の両立が図られています。スイフト スポーツは、経済性を重視しつつもスピードを楽しみたい方に最適です。

ホンダ フィット RS

ホンダ フィット RSは、コンパクトでありながらもパワフルな走行性能を持つ一台です。1.5リットルのi-VTECエンジンは、高回転域までスムーズに回り、力強い加速を提供します(出典:SPORTS DRIVE WEB)。専用チューニングのサスペンションとシャシーにより、コーナリング時の安定感も抜群です。また、広い室内空間と使い勝手の良いシートアレンジが、日常の利便性を損ないません。フィット RSは、日常の実用性を保ちつつもスポーティな走行を楽しみたい方におすすめです。

ダイハツ コペン

ダイハツ コペンは、軽自動車ながらもオープントップの楽しさを提供するモデルです。その軽量なボディにより、660ccターボエンジンでも十分なパフォーマンスを発揮します。電動開閉式のハードトップは、瞬時にクーペからオープンへと変わり、様々なシーンでのドライビングを楽しめます(出典:快適装備)。また、低い重心と専用チューニングのサスペンションにより、安定したハンドリングが可能です。コペンは、軽自動車の枠を超えた楽しさを求める方に最適です。

スバル インプレッサ WRX

スバル インプレッサ WRXは、ラリーカーの血統を受け継ぐ一台です。その2.0リットルターボエンジンは、300馬力を超えるパワーを誇り、四輪駆動システムが高いトラクション性能を提供します。スポーツ専用のサスペンションとブレーキにより、安定した走行と高いコントロール性が実現されています。インプレッサ WRXは、日常の実用性を持ちながらも、スリリングな走行を楽しみたい方にぴったりです。

日産 ジューク NISMO

日産 ジューク NISMOは、独自のスタイリングとスポーティな性能を兼ね備えたコンパクトSUVです。1.6リットルターボエンジンは、レスポンス良く力強い加速を提供します。NISMO専用のサスペンションとエアロパーツが、走行時の安定性と空力性能を高めています。さらに、インテリアにもスポーティなデザインが施され、ドライビングの楽しさを引き立てます。ジューク NISMOは、個性的なスタイルと走行性能を求める方におすすめです。

ホンダ シビック タイプR

ホンダ シビック タイプRは、スポーツカー顔負けのパフォーマンスを誇るハッチバックです。2.0リットルのVTECターボエンジンは、320馬力を達成し、圧倒的な加速を提供します(出典:性能・安全)。専用のサスペンションとブレーキにより、高速走行時の安定性とコーナリング性能が向上しています。また、アグレッシブな外観デザインとスポーティなインテリアが、ドライバーの情熱を刺激します。シビック タイプRは、スポーツカーに劣らない走行性能を求める方に最適です。

見た目は普通でも速い!意外な高性能車ランキング

外見は普通でも、驚くほどのパフォーマンスを持つ車をランキング形式で紹介します。普段使いにも最適な高性能車をお探しの方におすすめです。

トヨタ プリウス PHV

トヨタ プリウス PHVは、見た目は一般的なハイブリッド車ですが、その走行性能は非常に優れています。プラグインハイブリッドシステムにより、電動モードでの静かな加速が魅力です。0-100km/h加速は6.7秒で、日常の走行では十分なスピードを提供します。さらに、燃費性能も抜群で、一度の充電で50km以上走行可能なため、日常の通勤や買い物にも最適です。プリウス PHVは、エコ性能とパフォーマンスを両立したい方にぴったりの一台です。

ホンダ フリード

ホンダ フリードは、ミニバンでありながら驚くほどの走行性能を持つモデルです。1.5リットルのi-VTECエンジンは、高回転域までスムーズに回り、軽快な加速を提供します。7人乗りの広い室内空間と使い勝手の良いシートアレンジが、ファミリー層に特に人気です。0-100km/h加速は約11秒で、日常のドライブには十分なパフォーマンスです。フリードは、家族全員で快適に移動しながらも、運転の楽しさを追求したい方におすすめです。

日産 ノート e-POWER

日産 ノート e-POWERは、独自のハイブリッドシステムにより、エンジンを発電専用に使い、電動モーターで駆動するという特異な仕組みを持っています。このシステムにより、0-100km/h加速は約8秒と非常に俊敏で、まるで電気自動車のような静かな走りを楽しめます。また、燃費性能も高く、日常の使用での経済性も優れています。ノート e-POWERは、エコ性能と走行性能を両立したい方に最適な一台です。

マツダ CX-30

マツダ CX-30は、クロスオーバーSUVとしての利便性と走行性能を兼ね備えたモデルです。2.0リットルのSkyactiv-Gエンジンは、低回転から高トルクを発揮し、0-100km/h加速は約8秒と力強い加速が魅力です。さらに、マツダ独自のG-ベクタリングコントロールにより、コーナリング時の安定性と快適性が向上しています。CX-30は、SUVの多用途性を活かしながらも、スポーティなドライビングを楽しみたい方にぴったりです。

三菱 アウトランダー PHEV

三菱 アウトランダー PHEVは、プラグインハイブリッドSUVとして、優れたオフロード性能と環境性能を両立しています。電動モードとガソリンエンジンを組み合わせたシステムにより、0-100km/h加速は約7秒と非常に力強い加速を実現しています。また、一度の充電で約45kmの電動走行が可能で、短距離の移動ならほぼ電動モードだけで済ませられます。アウトランダー PHEVは、オフロードの冒険を楽しみながらも、環境に配慮したい方におすすめです。

日常使いもできる!速いコンパクトカーの選び方

速い車を求めつつ、日常使いも重視する方に向けて、コンパクトカーの選び方を紹介します。燃費や加速性能、安全装備などを考慮した選び方を解説します。

燃費の良いコンパクトカーを選ぶ

燃費の良いコンパクトカーを選ぶことは、経済性と環境保護の両方に寄与します。例えば、トヨタ アクアはハイブリッドシステムを搭載し、リッターあたり30キロ以上の走行が可能です。さらに、ホンダ フィット ハイブリッドは、広い室内空間と高い燃費性能を兼ね備え、リッターあたり28キロの燃費を誇ります。

また、日産 ノート e-POWERは、エンジンを発電に使う独自のシステムで、電動モーターの走行を実現し、優れた燃費性能を発揮します。燃費の良いコンパクトカーを選ぶことで、長期的なコスト削減と快適なドライブを両立できます。

加速性能を重視したモデル選び

加速性能を重視したモデルを選ぶことで、日常の運転がさらに楽しくなります。例えば、日産 ジューク NISMOは、1.6リットルターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速が約7.5秒と非常に優れた性能を持っています。ホンダ シビック タイプRも、2.0リットルVTECターボエンジンにより、0-100km/h加速は約5.7秒とスポーツカー並みの加速力を誇ります。

また、スズキ スイフト スポーツも1.4リットルターボエンジンで軽量ボディを生かし、0-100km/h加速が約8秒と俊敏な動きを実現しています。加速性能を重視することで、日常のドライブがさらに刺激的になり、安全な追い越しも可能になります。

安全装備が充実した車を選ぶ

安全装備が充実した車を選ぶことで、家族や自身の安全を確保しながら快適なドライビングを楽しめます。例えば、トヨタ プリウス PHVは、「Toyota Safety Sense」が標準装備されており、自動ブレーキや車線逸脱警報などの先進安全機能が充実しています。ホンダ フリードも、Honda SENSINGが搭載されており、アダプティブ クルーズ コントロールや衝突軽減ブレーキが備わっています。

また、スバル インプレッサ WRXは、アイサイトを標準装備しており、高速道路での運転支援機能が高評価です。安全装備が充実した車を選ぶことで、安心してドライブを楽しむことができます。

維持費が安い車を見つける

維持費が安い車を選ぶことで、長期的な経済負担を軽減できます。例えば、日産 ノート e-POWERは燃費が良く、リッターあたり34kmと経済的です。また、トヨタ アクアも高燃費で、リッターあたり38kmを誇ります。これらの車は燃費が優れているだけでなく、定期的なメンテナンス費用も抑えられます。

さらに、ホンダ フィットもリッターあたり30km以上の燃費を実現し、部品交換費用が安く済むため、維持費が低く抑えられます。これらの車を選ぶことで、走行コストを削減しつつ、快適なドライビングを楽しむことができます。

試乗して運転感覚を確かめる

車の購入前に試乗することで、実際の運転感覚や性能を確かめることが重要です。特にスポーツカーじゃないけど速い車を探している場合、加速性能やハンドリングの感覚を直接体験できます。例えば、ホンダ シビック タイプRを試乗すると、その圧倒的な加速力とレスポンスの良さを実感できます。

また、マツダ ロードスターの試乗では、軽快なハンドリングとオープンカーならではの爽快感を味わえます。さらに、日産 ジューク NISMOの試乗では、SUVながらスポーティな走行性能を体感できます。試乗することで、自分に合った車を見つけることができ、満足度の高い選択ができるでしょう。

スポーツカーじゃなくても楽しめる速い車の魅力

スポーツカーにこだわらず、スピードと楽しさを追求したい方に向けて、速い車の魅力を紹介します。加速力や快適なドライビング体験、多用途で実用的な性能を兼ね備えた車を選びましょう。

優れた加速力とスピード感

優れた加速力とスピード感を持つ車は、運転の楽しさを大いに引き立てます。例えば、ホンダ シビック タイプRは、2.0リットルVTECターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速はわずか5.7秒です。その強力なエンジンと精密なシャーシ設計が、圧倒的なスピード感を提供します。

また、スバル WRX STIは、2.5リットルターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約5秒で、四輪駆動システムにより、安定した加速が可能です。これらの車を選ぶことで、日常のドライブに刺激と楽しさを加えることができます。

快適なドライビング体験

快適なドライビング体験を提供する車は、長距離運転や日常の移動を楽しいものにします。例えば、ホンダ フィット RSは、広い室内空間と高いシートポジションにより、快適な乗り心地を提供します。加えて、静粛性に優れたエンジンとスムーズな変速機構が、疲れにくいドライブを実現します。

また、マツダ ロードスターは、オープンエアの爽快感とスポーティなハンドリングで、ドライビングの楽しさを引き立てます。さらに、日産 ジューク NISMOは、サポート性の高いシートと快適な乗り心地が魅力です。これらの車を選ぶことで、毎日のドライブがより快適で楽しいものになります。

多用途で実用的な性能

多用途で実用的な性能を持つ車は、日常生活の様々なシーンで活躍します。例えば、ホンダ フィット RSは、広い室内空間と可変シート配置により、多目的に利用できます。家族の送り迎えから、週末の買い物まで、快適に対応します。

また、スバル インプレッサ WRXは、スポーティな走行性能に加え、四輪駆動システムを搭載しており、悪路や雪道でも安定した走行が可能です。さらに、日産 ジューク NISMOは、コンパクトなボディでありながら高い収納力を持ち、都市部での使用にも適しています。これらの車を選ぶことで、日常生活に便利さと楽しさを加えることができます。

【Q&A】スポーツカーじゃないけど速い車に関するよくある質問

スポーツカーではないけれど速い車を探している方のために、よくある質問に答えます。性能や価格、維持費など、具体的な疑問を解決する情報を提供します。

安くて速い車のセダンは?

安くて速いセダンを探す場合、スバル レガシィ B4は非常に魅力的です。2.5リットルの水平対向エンジンを搭載し、0-100km/h加速は約7秒で、価格も新車で300万円台と比較的手頃です。

また、ホンダ アコードもおすすめです。2.0リットルのターボエンジンは、力強い加速を提供し、価格も同様に300万円台からです。これらのセダンは、スポーティな走行性能と経済性を両立し、快適なドライブを提供します。安くて速いセダンを選ぶことで、コストパフォーマンスを重視した走行が楽しめます。

速い2000ccの車とは?

2000ccクラスで速い車を探すなら、ホンダ シビック タイプRが一押しです。2.0リットルのVTECターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約5.7秒と圧倒的な性能を誇ります。

また、スバル WRX STIも同様に2.0リットルターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約5秒台です。これらの車は、高性能エンジンとスポーティなシャーシ設計により、優れた加速性能を実現しています。速い2000ccの車を選ぶことで、日常のドライブからサーキット走行まで幅広く楽しめます。

意外と速い車とは?

見た目は普通でも意外と速い車には、日産 ノート e-POWERが挙げられます。ハイブリッドシステムによる電動モーター駆動で、0-100km/h加速は約8秒と俊敏です。

また、トヨタ プリウスも同様にハイブリッドシステムを搭載し、0-100km/h加速は約10秒で、燃費性能も優れています。これらの車は、エコ性能とスポーティな走行性能を両立しており、意外な高性能を発揮します。意外と速い車を選ぶことで、普段の生活にスピードと楽しさをプラスできます。

国産の速い車ランキングは?

国産の速い車ランキングには、ホンダ NSXがトップに挙げられます。3.5リットルV6ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約3秒です。

次に、日産 GT-Rも同様に3.8リットルV6ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約2.7秒と驚異的な速さを誇ります。また、レクサス LC500も5.0リットルV8エンジンを搭載し、0-100km/h加速は約4.5秒です。これらの車は、圧倒的なパフォーマンスを発揮し、国産車の中でもトップクラスの速さを誇ります。

安くて速い外車は?

安くて速い外車を探す場合、フォード フォーカス STがおすすめです。2.3リットルのエコブーストエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約6秒で、価格は300万円台からです。

また、フォルクスワーゲン ゴルフ GTIも2.0リットルターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約6.2秒で、同様に価格は300万円台です。これらの外車は、スポーティな走行性能と高い品質を兼ね備えています。安くて速い外車を選ぶことで、ヨーロッパ車ならではの走行性能とデザインを楽しめます。

300馬力以上で安い車は?

300馬力以上で手頃な価格の車には、シボレー カマロが挙げられます。3.6リットルV6エンジンを搭載し、335馬力を発揮しながら、価格は600万円台からです。

また、フォード マスタングも同様に2.3リットルエコブーストエンジンで310馬力を提供し、価格は400万円台です。これらの車は、アメリカンマッスルカーの代表格で、パワフルなエンジンと迫力あるデザインが特徴です。300馬力以上で安い車を選ぶことで、高性能なドライブ体験が手軽に楽しめます。

安くて速い中古車は?

安くて速い中古車を探す場合、日産 フェアレディZ Z33が一つの選択肢です。3.5リットルV6エンジンを搭載し、0-100km/h加速は約5.8秒で、中古市場では200万円台から見つけられます。

また、マツダ RX-8も1.3リットルロータリーエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約6.3秒で、中古市場では同様に200万円台からです。これらの中古車は、スポーティな走行性能を手頃な価格で提供します。安くて速い中古車を選ぶことで、高性能車を経済的に手に入れることができます。

4WDで速い車は?

4WDで速い車には、アウディ RS3が挙げられます。2.5リットルターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は約4.1秒です。また、スバル WRX STIも2.5リットルターボエンジンと4WDシステムを組み合わせ、0-100km/h加速は約5秒台です。

さらに、メルセデス AMG A45も2.0リットルターボエンジンと4WDシステムを搭載し、0-100km/h加速は約4秒です。これらの車は、強力なエンジンと優れたトラクション性能を持ち、あらゆる路面での安定した走行を実現しています。4WDで速い車を選ぶことで、安心感と走行性能を両立できます。

まとめ:スポーツカーじゃないけど速い車

スポーツカーじゃないけど速い車に関する情報をまとめてきました。

改めて、スポーツカーじゃないけど速い車の結論をまとめると、

スポーツカーじゃないけど速い車の結論

  • スポーツカーじゃないけど速い車は、日産 マーチ NISMOやホンダ S660など、多種多様なモデルがあります。
  • 見た目は普通でも、トヨタ プリウス PHVや日産 ノート e-POWERなど、意外な高性能車が存在します。
  • 速さだけでなく、燃費や安全装備、維持費の安さなども重要な選択基準です。
  • 試乗を通じて、運転感覚を確かめることが大切です。
  • 快適なドライビング体験と多用途で実用的な性能を兼ね備えたモデルが多くあります。

スポーツカーじゃないけど速い車を探している方には、多様な選択肢があります。

日産 マーチ NISMOやホンダ S660のようなモデルは、速さと実用性を兼ね備えています。また、トヨタ プリウス PHVや日産 ノート e-POWERなど、見た目は普通でも高性能な車もおすすめです。燃費や安全装備も重要な選択基準であり、試乗を通じて運転感覚を確かめることが大切です。快適なドライビング体験を提供する多用途なモデルを選びましょう。