WRX STIは買っても維持できない?3つの原因と維持費を削減するための対処法

「WRX STIは買っても維持できないってホント?」

「WRX STIの維持費を削減するための対処法は何かない?」

WRX STIの購入を検討しているが、維持費の高さが気になる方も多いのではないでしょうか?

高性能なスポーツカーであるWRX STIは、その魅力的な走行性能と引き換えに、ガソリン代や保険料、自動車税などの維持費がかさむことが一般的です。

しかし、適切なメンテナンスや運転技術の向上によって、維持費を抑えながらWRX STIの魅力を存分に楽しむことが可能です。この記事では、WRX STIは買っても維持できないとされる原因と賢く維持するためのポイントや、購入に向いている人の特徴について詳しく解説します。

WRX STIは買っても維持できない?3つの原因

WRX STIは高性能なスポーツカーであるため、購入後の維持費が大きな負担になることがあります。特にガソリン代、自動車税、任意保険の費用が高額になることが多いです。以下で詳しく説明します。

ガソリン代が高い

WRX STIは高性能スポーツカーであるため、ガソリン代が非常に高いです。特にターボエンジンを搭載しているため、燃費が悪く、都市部の走行では10km/L以下になることが多いです(出典:主要装備表・諸元表)。年間走行距離を15,000kmと仮定すると、ガソリン代だけで年間約20万円以上かかる可能性があります。

また、ハイオクガソリンが必要なため、レギュラーガソリンよりもさらに高額になります。このような高いガソリン代がWRX STIの維持費を大きく押し上げる要因となっています。したがって、燃費に敏感な人にとってはWRX STIの維持は難しいかもしれません。

自動車税が高額

WRX STIはスポーツカーとして高い性能を誇りますが、その分、自動車税も高額になります。具体的には、2.5リッターエンジンを搭載しているため、年間の自動車税は約4万5千円から5万円程度に達します。この金額は、一般的なファミリーカーに比べるとかなり高額です。特に、年式や登録地域によっては更に高くなる場合があります。

自動車税が高いことは、WRX STIの維持費に大きな影響を与える要因の一つです。購入を検討している方は、事前にこの税金負担をしっかりと考慮することが重要です。

任意保険の費用が大きい

WRX STIは高性能なスポーツカーであるため、任意保険の費用が高額になります。特に、若いドライバーや運転歴が短い場合、保険料はさらに高くなる傾向があります。

一般的に、年間の任意保険料は10万円から20万円以上になることが多いです(出典:年代別の保険料相場っていくら?)。また、保険の内容やカバー範囲によっても費用は変動します。高額な保険料は、WRX STIの維持費を大きく押し上げる要因となります。そのため、購入前に保険料をしっかりと見積もり、予算に組み込むことが重要です。

WRX STIの年間維持費はいくらかかる?

WRX STIの年間維持費は約60万円から80万円程度かかることが多いです。まず、ガソリン代は年間約20万円から25万円かかります。これは、燃費が約8km/Lで、年間走行距離を15,000kmと仮定した場合の計算です。次に、自動車税は約4万5千円から5万円程度です。WRX STIは2.5リッターエンジンを搭載しているため、自動車税が高額になります。

さらに、任意保険の費用は年間約10万円から20万円です。保険料はドライバーの年齢や運転歴、補償内容によって大きく異なります。これに加えて、車検費用が2年ごとに約10万円かかります。その他にも、定期点検やタイヤ交換、オイル交換などのメンテナンス費用が年間約5万円から10万円必要です。

これらを合計すると、WRX STIの年間維持費は高額になります。そのため、購入を検討している方は、事前に維持費をしっかりと見積もり、予算に組み込むことが重要です。高性能な車を楽しむためには、それ相応の維持費がかかることを理解しておく必要があります。

WRX STIの維持費を削減するための対処法

WRX STIの維持費を削減するためには、いくつかの方法があります。具体的には、燃費の良い運転、自動車保険の見直し、定期点検の徹底などが効果的です。以下で詳しく説明します。

燃費の良い運転を心がける

燃費の良い運転を心がけることは、WRX STIの維持費を削減するために非常に効果的です。まず、急加速や急ブレーキを避けることで、燃費を向上させることができます。また、定速走行を心がけると、エンジンの負担が減り、燃料消費を抑えることができます。具体的には、時速80kmで走行することが最も効率的です。

さらに、タイヤの空気圧を適切に保つことも重要です。これにより、燃費が約3%向上することが期待できます。以上の対策を実施することで、年間で約1万円から2万円のガソリン代を節約することができます。WRX STIの維持費を少しでも抑えたい方は、ぜひこれらの方法を試してみてください。

自動車保険の見直し

自動車保険の見直しは、WRX STIの維持費を削減するために効果的です。特に、複数の保険会社から見積もりを取り比較することで、年間で数万円の節約が可能です。保険料は、年齢や運転歴、無事故割引の有無によって大きく変動します。例えば、20代のドライバーの場合、年間の保険料は15万円以上かかることがありますが、保険会社を見直すことで10万円程度に抑えることができます。

また、不要な補償内容を削減し、必要最低限のカバーにすることで、さらにコストを削減することができます。こうした見直しを行うことで、WRX STIの維持費を大幅に減らすことが可能です。

定期点検を欠かさない

定期点検を欠かさないことは、WRX STIの維持費を抑えるために非常に重要です。定期点検を行うことで、車の不具合を早期に発見し、大きな故障を防ぐことができます。具体的には、エンジンオイルやブレーキパッド、タイヤの摩耗状況などを定期的にチェックし、必要に応じて交換や修理を行うことが大切です。例えば、ブレーキパッドを早めに交換することで、ブレーキディスクの摩耗を防ぎ、結果的に修理費用を節約することができます。

また、タイヤの摩耗を均一に保つためにローテーションを定期的に行うことで、タイヤの寿命を延ばし、交換費用を削減することが可能です。これにより、年間で数万円の維持費を節約することができます。定期点検をしっかりと行うことで、WRX STIの性能を維持しながら、維持費を抑えることができます。

タイヤの寿命を延ばす運転

タイヤの寿命を延ばす運転は、WRX STIの維持費を削減するために重要です。まず、急な加速や急ブレーキを避けることで、タイヤの摩耗を抑えることができます。次に、適切なタイヤ圧を維持することが大切です。タイヤの空気圧を定期的にチェックし、適正値を保つことで、燃費も向上し、タイヤの寿命も延びます。

また、タイヤのローテーションを定期的に行うことで、均一な摩耗を促し、寿命を延ばすことができます。具体的には、6,000kmごとにローテーションを行うのが理想です。これにより、タイヤの寿命が約20%延びることが期待できます。以上の方法を実践することで、年間数万円の維持費を節約することができます。適切な運転方法を心がけて、WRX STIの維持費を効果的に抑えましょう。

駐車場を安く借りる方法を探す

駐車場を安く借りる方法を探すことは、WRX STIの維持費を抑えるために重要です。まず、公共の駐車場や月極駐車場を比較することが効果的です。例えば、中心部の駐車場料金は高額になることが多いため、少し離れた場所に駐車場を見つけることで、月額費用を大幅に削減できます。具体的には、中心部の月極駐車場が月額2万円かかる場合、郊外では1万円以下で借りられることがあります。

また、インターネットで駐車場の価格比較サイトを利用することもおすすめです。さらに、長期間の契約を結ぶことで割引を受けられる場合もあります。これらの方法を活用することで、年間で数万円の駐車場費用を節約することが可能です。適切な駐車場を選ぶことで、WRX STIの維持費を効果的に抑えましょう。

維持できないと言われてもWRX STI購入に向いてる人の特徴

WRX STIの維持費が高額だとしても、購入を検討する価値がある人には特定の特徴があります。以下に詳しく説明します。

車好きでメンテナンスが好きな人

WRX STIは高性能スポーツカーのため、定期的なメンテナンスが必要です。車好きで自分でメンテナンスを楽しむ人にとっては、WRX STIは理想的な車です。エンジンオイルの交換やタイヤのローテーションなど、自分で行うことで維持費を削減できます。

また、自分で整備を行うことで車の状態を常に把握しやすくなり、大きな故障を未然に防ぐことができます。自分でメンテナンスを行うことが好きな人には、WRX STIは非常に魅力的な選択肢です。

高い維持費を負担できる人

WRX STIの維持費は他の車に比べて高額です。そのため、高い維持費を負担できる人には向いています。ガソリン代、保険料、税金、メンテナンス費用などを合計すると、年間で数十万円かかることがあります。

例えば、年間のガソリン代が約20万円、保険料が約15万円、自動車税が約5万円と仮定すると、年間で約40万円以上かかることになります。これらの費用を負担できる経済力がある人にとって、WRX STIは非常に魅力的な選択肢です。

スポーツカーの性能を楽しみたい人

WRX STIはスポーツカーとしての高い性能を誇ります。ターボエンジンや四輪駆動システムを備えており、優れた加速性能とハンドリングを楽しむことができます。

サーキット走行ワインディングロードでのドライブを楽しむ人にとって、WRX STIは理想的な車です。高性能なブレーキやサスペンションも備えており、安心してスポーツ走行を楽しむことができます。スポーツカーの性能を最大限に楽しみたい人には、WRX STIは最適な選択肢です。

【お得】WRX STIの中古購入で初期費用を抑える賢い方法

ここまで、WRX STIの評判についてご紹介してきました。

すでにWRX STIの中古購入を決めている方も多いでしょう。
でも、買って後悔したくないし、中古車を選ぶにしても、どれが良い車なのか?状態もわからないし、そもそも調べ方もわからないですよね。

  • できるだけ新しい中古車が欲しい。
  • 新車と比べると保証が少なそうで不安。
  • 中古車の状態がいいのか判断できない。
  • 欲しい車がなかなか見つからないし、時間もかかる。

しかし実は、上記のような悩みに応えるWRX STIの中古購入で初期費用を抑える賢い方法があります!

その方法というのが、ネットに出ない非公開車両を提案してくれる「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービスを利用すること。

ズバット車販売」とは、車探しのプロがあなたに代わって理想の車を提案してくれるサービスです。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 自分が欲しい車を探す手間が省ける!
  • ネットには出回らない「非公開車両」を紹介してくれる!
  • 充実したアフターサービスにも対応し、安心の最長10年保証!

無料で欲しい車を探してくれるなんて、ありがたいですね。

一人で探すのが不安な方、安心してWRX STIの中古車を買いたい方におすすめのサービスです。

\無料の中古車お探しサービス!/
まずは欲しい車の条件を入力して情報をもらう
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】維持できないと囁かれるWRX STIに関するよくある質問

WRX STIの維持費に関する疑問や不安を持つ方のために、よくある質問に答えます。WRX STIの購入を検討している方は、以下のQ&Aをご参考ください。

WRX STIを維持するのに必要な年収は?

WRX STIを維持するためには、年間で約100万円以上の費用がかかることが多いです。具体的には、ガソリン代、保険料、税金、メンテナンス費用などが含まれます。これらの費用を負担するためには、年収500万円以上が望ましいです。

例えば、年間のガソリン代が20万円、保険料が15万円、自動車税が5万円、メンテナンス費用が10万円と仮定すると、合計で約50万円以上かかります。これに加えて、その他の生活費も考慮する必要があります。安定した収入があることが、WRX STIを安心して維持するための鍵です。

WRX STIは乗りこなせない?

WRX STIは高性能なスポーツカーであり、運転技術が求められます。特に、ターボエンジンと四輪駆動システムを備えているため、一般的な車とは異なる操作が必要です。運転経験が少ない方や、スポーツカーに慣れていない方にとっては、初めて乗る際に戸惑うことがあります。

しかし、運転技術を磨き、車の特性を理解することで、WRX STIの性能を最大限に引き出すことができます。安全運転を心がけ、段階的に運転技術を向上させることが大切です。

20代でWRX STIを持つのは大変?

20代でWRX STIを所有することは、経済的な負担が大きいです。特に、若年層のドライバーは保険料が高くなる傾向があります。また、ガソリン代やメンテナンス費用も考慮すると、毎月の出費が増えることになります。例えば、月々の保険料が1万円以上かかることが多く、ガソリン代も月に1万円以上かかることがあります。これらの費用を負担できる経済力が必要です。

しかし、経済的に余裕があり、スポーツカーの魅力を楽しみたいという強い意志がある方にとっては、WRX STIは魅力的な選択肢となります。

WRX STIに乗っている人はどんな人?

WRX STIに乗っている人は、車好きでドライビングを楽しむことが好きな人が多いです。特に、スポーツカーの性能を楽しむことを目的とする人や、自分でメンテナンスを行うことが好きな人に向いています。

また、日常の通勤や買い物だけでなく、週末にサーキットやワインディングロードを走ることを楽しむ人もいます。WRX STIは高性能な車であり、その性能を最大限に引き出すためには、運転技術やメンテナンスの知識が必要です。そうしたチャレンジを楽しむ人にとって、WRX STIは理想的な車です。

WRX STIの資産価値は?

WRX STIは中古市場でも高い資産価値を持つ車です。特に、人気の高いモデルや限定モデルは、年数が経過しても高い価格で取引されることがあります。

例えば、5年落ちのWRX STIが新車価格の70%程度で取引されることもあります(出典:WRX STI(スバル)の年落ち別リセールバリュー)。これは、WRX STIが高性能であることや、愛好者が多いことが理由です。中古市場での資産価値を維持するためには、定期的なメンテナンスを欠かさず行い、車の状態を良好に保つことが重要です。

WRX STIは壊れやすい?

WRX STIは高性能なスポーツカーであり、適切なメンテナンスを行えば長く乗ることができます。

しかし、ターボエンジンや高性能なパーツを使用しているため、メンテナンスを怠ると故障しやすくなる可能性があります。特に、オイル交換や定期的な点検を欠かさず行うことが重要です。また、サーキット走行やスポーツ走行を頻繁に行う場合は、より一層のメンテナンスが必要です。適切なケアを行うことで、WRX STIを長く楽しむことができます。

WRX STIの値下がりは激しい?

WRX STIは中古市場でも人気が高いため、値下がりが緩やかな傾向があります。特に、限定モデルや人気のカラーリングは、中古市場での需要が高く、値下がりが少ないことがあります。

例えば、新車価格から5年経過した車が、依然として70%程度の価値を保つことがあります。これは、WRX STIの性能やデザインが高く評価されていることが理由です。定期的なメンテナンスを行い、車の状態を良好に保つことで、資産価値を維持することができます。

まとめ:WRX STIは買っても維持できないとされる原因

WRX STIは買っても維持できないとされる原因をまとめてきました。

改めて、WRX STIは買っても維持できないとされる原因と結論をまとめると、

WRX STIは買っても維持できないとされる原因と結論

  • WRX STIの維持費は年間約100万円以上かかるため、年収500万円以上が望ましい。
  • 高性能なスポーツカーであり、運転技術が必要だが、慣れることで性能を最大限に楽しめる。
  • 20代での所有は経済的負担が大きいが、スポーツカー愛好者には魅力的な選択肢。
  • WRX STIは中古市場でも高い資産価値を持つため、適切なメンテナンスが重要。
  • 定期的なメンテナンスを怠らなければ、長期間にわたり高性能を維持できる。

WRX STIを維持するには高い維持費がかかりますが、それを負担できる経済力と運転技術を持つ人には非常に魅力的なスポーツカーです。

特に、定期的なメンテナンスを欠かさず行うことで、中古市場でも高い資産価値を保つことができます。20代での所有は難しいかもしれませんが、スポーツカーの性能を楽しみたい方にとっては理想的な選択肢です。WRX STIの魅力と維持費を理解し、賢く楽しみましょう。